FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

待望の10月になりました。

2019年10月6日(日) 

遂に、待ちに待った10月がやって来ました。
今月4日は私と妻の結婚1周年記念日・・・・いやいや、その事はどうでもいいのです。
今月26日には東京でアキラ氏による平和講演会を開催し、その後27日も東京、31日は宮城県蔵王町、11月2日は千葉県松戸市、3日は愛知県小牧市で講演会を実施致します。
私は今月23日の夜にカンボジアを発ち、24日の朝名古屋入りする予定ですが、実はアキラ氏は、妻のソカさんと一緒に既に今月2日に愛知県一宮市に行っていて、そこで現在カフェ経営やパン作りの修行を行っています。

72548177_712701209243215_128763518966038528_n.jpg

博物館内にカフェがオープンする話、アキラ氏がパン作りの修行をする話は、8月25日のブログ「地雷博物館内カフェ建築プロジェクト」で既に御紹介済みですが、それが現在進行中です。

20191004_152017 (1)

アキラ氏は23日までソカさんと一緒に修行した後、24日朝名古屋駅で私と合流し、そこから2人で奈良に向かいます。奈良で古くからの支援者宅を訪問した後、夜は大阪で別の支援者と会食します。
その日は大阪に泊まり、翌25日の午前中に別の支援者と会った後、新幹線で東京に向かい千葉県柏市のホテルに宿泊します。
そして、翌26日から講演会がスタートします。
28日は今の所フリーですが、恐らく今後の支援協力を求めての企業・団体訪問、そして知人との面談が入ると思います。
29日は、前回のブログ「アキラ氏平和講演会のお知らせ」で発表しました通り、今回の日本行きの最大の目的とも言うべき綿貫様姉妹、そしてその息子さんとの会食があります。
そして、30日に宮城県蔵王町に向かい、31日の夜にそこで講演、そして翌11月1日に東京に戻り千葉で宿泊、2日に千葉県松戸市で昼夜2回の講演、そして3日の朝、新幹線で名古屋に向かい、午後に愛知県小牧市で講演、4日は愛知県一宮市の「さんさんガーデン」さんの所で最後の夜を過ごし、5日にアキラ氏、ソカさん、私の3人で中部セントレア空港からシェムリアップに戻って参ります。
そして、翌々日の7日には、カフェのオープンセレモニーを行いまして、カフェが本格的に起動します。

忙しいですが、本当にワクワク楽しみな10月がやって来ました。
私が日本に行っている間にカンボジアの雨季も明け、カフェオープンのセレモニーは、晴れ渡った空の下で行われる事になるでしょう。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




スポンサーサイト



  1. 2019/10/06(日) 19:23:48|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキラ氏平和講演会のお知らせ

2019年9月22日(日)

ちょうど1年前の今頃は、アキラ氏の妻・ソカさん、子供のアマタ、ミン、メタ、そして地雷被害者で現在アキラ氏の作った地雷撤去NGO「CSHD」で活動しているポーイ君、通訳のオル君、私の7人で、日本全国を講演して廻っている最中でした。
22日は、前日に長崎市ブリックホール国際会議場での講演会を終えて沖縄に移動した日です。(沖縄では講演会は中止になっていたので、観光をしただけですが)

本当は、アキラ氏が主役の講演会の筈だったのですが、日本に渡る(9月2日)直前の8月27日に博物館内で起こった爆発事故により、博物館責任者のアキラ氏本人が日本に行けなくなった為に、主役を欠いた講演会となってしまいました。
主役をポーイに切り替え、脇をアキラ氏の家族とオル君と私で固める変則的な講演会となり、又、当初19の会場で予定していた講演会ですが、アキラ氏が行けなくなった事により5会場がキャンセルとなった為、東京や沖縄を除いた14の会場での実施となりました。
しかし、それでもその14会場では、各講演会主催者の方々の強力な支えにより、何とか無事に日本の皆様に戦争の悲惨さ、平和の尊さを伝える役割を果たす事が出来、100%とは言えないまでも、ほぼ満足した形で講演会を終了する事が出来ました。

あれから1年・・・。

アキラ氏との面会を心待ちにされながらも、去年それが果たせず非常に残念な思いをされた御高齢の姉妹が千葉におられまして、その方々の御希望を何とか叶えて差し上げたいと、今年異例ではありますが、何と東京近郊での講演会を企画致しました。
異例と申しますのは、講演会を企画するのも何かと骨が折れるので、私の中では5年に1度と決めていて、最初が2013年、そして去年の2018年、次は2023年の予定でした。
しかし、先程申しました様に、アキラ氏との再会を夢見ながらもそれが果たせなかった姉妹の為に、又、アキラ氏の方も、お二人にお会いしたのはもう20年以上も前の事なのに、お二人の事をよく覚えていて、是非もう一度お会いしたいと言うものですから、だったら私がひと肌脱ごう、今年アキラ氏を東京に連れて行こうと決め、それなら良い機会だからと講演会を企画した訳です。
最初は東京だけで考えていましたが、千葉、宮城、愛知の方からも講演会御協力のお返事を頂き、最終的に下記会場での講演会を実施するところとなりました。

御高齢の姉妹とは、お名前を綿貫さんと言われて、1997年、アキラ氏が最初の地雷博物館を建てるべく、その資金稼ぎの為に日本語の遺跡ガイドの仕事をしていた時、アキラ氏から直接ガイドを受けられた方々でして、その息子さんが2017年9月に来館され、その時お母様から託された、1997年当時のアキラ氏がガイドをしている写真をスライドにしたものをDVDに収めて、届けて下さったのです。その事は、2017年9月24日のブログ「アキラ氏の日本語ガイド時代の写真」で御紹介しています。
それから又アキラ氏との交流が復活し、昨年再会する約束をしていたのですが、それが果たせなかったので今年こそ両者の約束を果たさせて差し上げたい、言ってみれば、それにかこつけての講演会と言う訳ですが、まあ、動機はどうあれ、元少年兵で今や地雷撤去のスペシャリストとして世界的に有名なアキラ氏が日本で講演会をするのですから、御用とお急ぎの無い方は是非お立ち寄り下さい。お待ちしています。

日程は下記の通りです。


① 日時    10月26日(土)13時~15時
  会場    清泉女子大学
     東京都品川区東五反田3-16-21
  集客人員  100人
  対象    大学関係者以外の方もOKです
  チケット金額  任意の募金

主催「チームTorimitsu」
   担当;鳥光宏氏(駿台予備校古文科講師)
   090-2321-6691
   Torimitsu726@gmail.com

② 日時    10月27日(日)14時開場 14時半開演
  会場    大手町スペースパートナー
        東京都千代田区神田錦町2丁目11番地7小川ビル4階
  集客人員  100人
  対象    一般
  チケット金額 1500円

主催「株式会社KMT」
   担当;大房明良氏(行政書士)
   070-4200-4733
   a.ofusa@k-m-t.jp

③ 日時     10月31日(木)18時~20時    
  会場     蔵王町ふるさと文化会館(ございんホール)
         宮城県刈田郡蔵王町大字円田字西浦5
  講演会タイトル  「不撓不屈の勇者たち」-生涯をかけて地雷除去に挑む-
  集客人員   200名~300名
  対象     一般
  チケット金額 2000円

主催「白石蔵王倫理法人会」
   担当;羽田千賀子さん
   090-6223-4791
zaochikako@gmail.com
            
④ 日時     11月2日(土)     
  会場     14時~16時  萬福寺
                 千葉県松戸市小金原3-1-6
         集客人数 120人
        
  19時~21時 森のホール21(松戸市民会館)
             千葉県松戸市千駄堀646番地の4
         集客人数 200人
対象     小学生からお年寄りまで、世界の平和、地雷について0から一緒に
       学びましょう!先着30名様にはプレゼントもあります!
 チケット金額 無料  

主催「なかよし学園」
   担当;中村雄一氏
   047-704-9844
nakayoshigakuen.office@gmail.com

⑤ 日時     11月3日(日)14時~    
  会場     小牧市役所 2F多目的ホール
         愛知県小牧市堀の内3丁目1番地
  集客人員   100人
  対象     一般の方
  チケット金額 無料

主催「NPO法人//ふれあいサロンさん・さんガーデン」
   担当;速水洋義氏
0586-84-3305
sansangarden@gmail.com




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




  1. 2019/09/23(月) 11:57:21|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地雷博物館内カフェ建築プロジェクト

2019年8月25日(日)

ここ3、4日、やっと雨季らしい様相を呈していますが、それまで本当に雨が降りませんでした。
雨季にしてここまで降らないのは、正に異常としか言えません。
(もっとも、最近はこうした異常気象が頻発してはいますが)

それが影響しているのかどうかは知りませんが、今年は例年以上にデング熱が流行していて、私の周りでも大勢が罹患しています。
アキラ氏の長女のメタもそうですし、バッタンバンの岩田亮子さんもカンボジア在住11年目にして、遂にその洗礼を受けたそうです。
しかも、岩田さんだけで無く、孤児院の子供たちやボランティアのほぼ全員が罹ったと言いますから、ああ、恐ろしやです。
幸い私の家では、妻も子もまだ生まれてから1度も罹った事が無いそうですが、私は既に2回罹っていますし、この先どうなるか分かりませんので、戦々恐々としています。


さて、今日の枕も含めて、これまで暗い話題が多かったのですが、今回のテーマはやっと明るい話題になりました。
「アキラ地雷博物館」の中に出来るカフェのお話です。
そうなんです、2年前に博物館に新しいモダンなトイレを作って下さった愛知県一宮市のNPO法人「ふれあいサロンさん・さんガーデン」の井浪理事長と坂井田理事のお二人が、この度個人的にお金を出し合って、館内にカフェを作って下さるのです。
昨年8月の爆発事故の後、4ヶ月間に渡る閉鎖で客足の減った博物館に、お客を呼び戻そうと企画して下さり、アキラ氏も大喜びのプロジェクトです。
売上は勿論全額寄付で博物館の収益になり、アキラ氏が強く望んでいる地雷撤去の新チーム結成に大きく寄与するものと期待しています。

その工事が一昨日の23日着工となり、9月、10月の工事を経て、11月7日にオープンする予定です。
そのカフェの責任者はアキラ氏夫人のソカさんであり、カフェでは手作りのパンも提供する予定なので、10月から1ヶ月間アキラ氏とソカさんが日本に渡り、「さんさんガーデン」さん運営のカフェにて経営、接客、パン作りの修行を行います。
地雷撤去のスペシャリストであり、日本の英語教科書にも載っている世界的有名人のアキラ氏が、何と日本でパン作りの修行をするのですから、これはひょっとしたら日本のマスコミが放って置かないかも知れませんね。

このプロジェクトは今年の1月に井浪理事長がカンボジアに来られた時からスタートし、建築業者の選定やら設計、着工時期についてその後何度かの協議を重ねた後、遂に8月23日着工となり、いよいよ本格始動となりました。
これから11月のオープンに向けて、工事の進行と並行して従業員を選定したり、調理道具、食器類、イスやテーブルなどの什器備品を揃えたりと仕事が目白押しですが、みんなで楽しみながらプロジェクトを進めて行き、オープンの日を待ちたいと思います。

さあ皆さん、カフェがオープンした暁には是非とも来館して下さり、アキラ氏の悲惨な戦争体験を聞かれた後で癒やしの一時をお過ごし下さい。


20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-13.jpg
 これまで、紳助の「世界バリバリバリュー」のDVDを見て頂いていたこの場所が、カフェになります

20190825_122149 (1)
    このブルーシートの奥がカフェとなります

20190825_115351 (1)
        ここに、カフェが建設されます



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




  1. 2019/08/26(月) 21:46:51|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本行きビザ申請のお話

2019年7月28日(日) 

前にこのブログで、博物館からの帰りに通らなければならない通称韓国道路が工事中で、土煙が舞い上がるので今は通りたくないと書きましたら、そのブログ「博物館への道程part2」を読んだ渡辺新太氏が抜け道の情報を送って来てくれました。
その道は、砂利道ではありますが土煙も舞い上がらず、雨が降っても水溜まりが出来る事も無く、ホントに地獄に仏の脇道です。
渡辺新太さん、貴重な情報を有難うございました。


さて、今回のブログは、アキラ氏の日本渡航の為に必要なビザのお話です。

今年の10月下旬から11月初めに掛けて、東京、千葉、宮城、愛知でアキラ氏の講演会を実施致します。
詳細については、9月にこのブログやHPで改めて発表致しますが、その日本行きの為のビザの発給申請を今月行い、25日に無事に取得完了致しました。
今回のアキラ氏の日本行きについては、昨年の博物館内爆発事故によるアキラ氏逮捕の一件が有りますので、ビザが発給されるかどうかについては一抹の不安を抱いていましたが、何とか無事に発給されましたので、これで安心して一緒に日本に行く事が出来ます。

ビザの発給申請に際しては、これまでは必ずプノンペンの日本大使館まで行かなければなりませんでしたが、昨年1月にシェムリアップに領事事務所が開設された為、今回はわざわざプノンペンまで行かなくても、シェムリアップで手続きが完結出来、非常に助かりました。
プノンペンまで行くとなると時間も掛かるし、それもビザ申請については午前中のみの受付でしたから前泊しなければなりませんでした。
金も掛かるし時間も掛かるで本当に大変だったのですが、それが今回は大幅に負担が軽減された訳です。

しか~し・・・。
もう済んだ事ですから、わざわざ思い出さなくてもいいのですが、まあブログネタとしてちょっと書いておきます。
去年の9月に、アキラ氏だけでなく家族も同伴し、更に地雷被害者のポーイと通訳のオル君、そして私の総勢8人て、1ヶ月間掛けて日本全国を廻ると言う、私一世一代の「日本全国大講演会」を企画し、ビザ申請をしたのが7月でした。
去年の1月にはシェムリアップに領事事務所が開設されたので、てっきりシェムリアップでビザ申請が出来るものと喜んでいたところ、何と領事事務所で他の業務は1月からスタートしていたのですが、ことビザ業務に関しては準備が整っていないので、7月時点ではまだ出来ないとの事で、結局8人でプノンペンまで行かなければなりませんでした。
(皮肉にもこの後、我々が日本に行った9月2日から業務が開始されました)
折角1月に領事事務所が開設されたのに、とんだぬか喜びに終わった訳です。

これがケチの付き始めで、この後8月27日の博物館の爆発事故、それを受けての主役のアキラ氏の日本渡航中止、9月2日のアキラ氏を除いた7人での日本渡航、日本に着いて早々の9月6日に北海道大地震に遭遇し、初めての経験にカンボジア人6人が恐怖に震え、北海道に2日足止めを食い、日本最終日の9月30日には台風21号の接近で飛行機が飛ばず帰国が1日遅れると言う踏んだり蹴ったりの悲惨極まりない日本行きとなってしまいました。
(まあ、そんな中にあっても、講演会そのものはやり遂げたと言う達成感を味合う事が出来、満足してはいますが・・・。)


ビザ申請にまつわる、ほろ苦い思い出話でした。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




  1. 2019/07/28(日) 21:03:48|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

博物館への道程 part2

2019年6月30日(日) 

9日から日本に一時帰国し、20日にカンボジアに戻って参りました。
帰国時の計画はほぼ達成出来て、満足して関空から機上の人となり、ハノイ経由でシェムリアップに戻って来たのですが、最後の最後でとんでもないアクシデントに見舞われました。
前にも一度、飛行機に積み込んだ荷物の中から中身を取り出した時、大事な物が一つ紛失している(結局後から見つかりましたが)と言うトラブル(2017.4.30「不幸の連続の日々を振り返る」)がありましたが、今回は飛行機に積み込んだ荷物(トランクとリュックサックの2つ)そのものが届かないと言う大トラブルでした。
そもそもシェムリアップ空港への到着が予定の時間より30分以上遅れて、それで無くとも首を長くして外で待っている妻と子の事が気になっているのに、荷物受け取りの為にターンテーブルで待つ事30分、待てど暮せど一向に私の荷物が出て来ない。
他の同乗者は一人去り二人去り、最後に残ったのは私だけ。
非常に惨めな思いで空港内の紛失届け窓口に行き、紛失届を書いて外に出たのは到着してから1時間以上経っていたでしょう。
もう、10回以上カンボジアと日本を行き来していますが、こんな事は初めてであり、このまま荷物が手元に届かなかったらどうしようと絶望的な気持ちになり、気が気ではありませんでした。
結局、荷物はトランジットのハノイで積み忘れられた様で、翌日の夜には私の手元に戻って来たので事無きを得ましたが、本当に肝を冷やしました。
何せ、トランクは家で金庫代わりに使っているので、荷物の中には日本からのおみやげやパソコン以外に、預金通帳やら現金やらその他貴重品が満載だったのですから。
もうこれに懲りて、これからはこうした貴重品は持って帰らない事にします。

閑話休題

日本に居る間も、殆ど雨は降りませんでした。
何でも、私の地元岡山が梅雨入りしたのは例年よりも大分遅く、6月26日だった様です。
ここカンボジアも、雨季に入ったのは5月6日頃でその頃は結構降ったのですが、中旬以降たまにしか降らず、私がカンボジアに戻った6月20以降今日まで殆ど降りません。
今日も、少しパラついた程度です。
ですから、普段は水を満々と蓄えている観光名所の「スラスラン」(王様の沐浴場の意味)が、今は干上がっています。
そんな訳で、博物館からの帰りに利用する韓国道路が、悲惨な状況です。

行きは遺跡の中を通って行くので問題無いのですが、帰りは遺跡チケットを持っていないと遺跡の中を通してくれませんので、韓国道路を使わざるを得ません。
乾季だったら利用出来る脇道もあるのですが、そこも雨季に入ってからは危なくて通れませんので、一人の時には韓国道路を利用するしか今は手が有りません。(2019.1.20「博物館への道程」)
(妻子と一緒の時は、妻にバイクを運転させて私は後ろでヘルメットを深々と被っていればチケットポイントを無事通過出来ますので、韓国道路を通らなくても大丈夫です)

その韓国道路、何が悲惨かと言うと、今年1月から補修工事が始まったのですが工事は遅々として進まず、土を入れて凸凹はある程度解消されたのですが、雨が降らない為土が乾いて砂埃が半端ありません。
車に追い抜かれたり、すれ違った時にはモウモウと白煙が舞い上がり前が見えなくなります。
家に着いた時には服やズボンが真っ白になり、まつ毛や顔をティッシュで拭くと拭いたティッシュが赤茶色になります。
これには、ホント身が萎えます。
博物館に行くのが億劫になります。

雨が降った時には、カッパを二重重ねに着て雨の浸透を防ぐので、対策はバッチリですが、降らなければ、対策の仕様が無く砂埃だらけ。
雨季が明ける11月まで、と言うか工事が終了するまで苦悩の日々が続きます。
ああ、神様・・・・イヤイヤここはカンボジアだから仏様か。
どうか一刻も早く、この韓国道路の補修工事を終了させて下さい。
お頼み申します。

何とも切ない今日この頃です。




20190119_164134 (1)
           水を蓄えた普段の「スラスラン」


20190627_131828 (1)
           干上がった現在の「スラスラン」



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>





  1. 2019/07/01(月) 23:56:19|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ