FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「プサー・ルー」での買い物

2019年5月19日(日) 

妻と子との同居生活が始まった3月23日以降、それまでの生活パターンが一変しました。

いい様な悪い様な・・・。

俺の自由を返してくれ~い。
飲みにも自由に行けないよ~。


正直窮屈ではありますが、でも、良い事も一杯あります。
日本では家事分担が当たり前になっていますので、余り大きな声では言えませんが、妻が家事から私の世話から全部やってくれます。
掃除、洗濯、料理、マッサージ、爪切り、耳掃除、頭掻き、尻掻き、背中掻き etc etc

特に料理が得意で、朝からちゃんと作ってくれます。
7時には子供を幼稚園に連れて行かなければならないので、5時半には起きて御飯を炊いてササッとおかずを用意して、3人で一緒に食べ、それから2人はバイクで出掛けます。
私は暫く残って部屋でパソコン作業をして、8時か9時頃博物館に向けて出発します。
勿論、昼食も夕食も作ります。
非常に手際が良く、クメール料理なら大抵のものを作れます。
味も抜群です。

ハハハハ、いいトシをしたオッサンが・・・・
自分で書いていて恥ずかしくなりますが、でもホントなんです、皆さん。

そして、その料理を作る為の材料を買いに、近所の「プサー・ルー」に3人でよく出掛けます。
「プサー・ルー」の正式名称は「プサー・ルー・トム・トメイ」で、大きな新しい市場と言う意味ですが、シェムリアップに数あるプサー(市場)の中で最も大きな市場です。
一番有名で、観光コースの一つにもなっているのは「プサー・チャハ」(オールドマーケット)ですが、そちらが観光客向けなのに対してこちらは庶民向けであり、規模も勝っています。
庶民の台所と言った趣ですが、カンボジアのプサー(市場)と言うのは食料品だけでなく、日用雑貨品から衣類、宝飾品に至るまで何でも売っています。

私の住んでいるゲストハウスからこの「プサー・ルー」までは歩いて5分の距離なので、これまで何度も来た事はありますが、食事は大抵外食か出来合いのもので済ませていたので、食材を買いに来る事は殆ど有りませんでした。
しかし今は頻繁に、肉や野菜を求めてやって来ています。

家から近いのですが、暑いので歩くのは億劫ですし、交通量の多い国道6号線を渡らなければならないので、大抵バイクに3人乗りでやって来ます。
最初の頃は普通にバイクを駐車場に止めて、店の中で買い物をしていたのですが、今は違います。
店の外の路地にもズラッと露店が並んで商いをしているので、そこにバイクを乗り付けて、私と子供がバイクに残り、妻が歩いて露店や店の中を廻って買い物をして来ます。
この通路が狭くて人でゴッタ返している上に、そこをバイクだけで無く車やリヤカーも通るのですから、私一人だったら決して乗り入れない場所ですが、妻はカンボジア人ですからそんなの平気で、私にゴー・ゴーと言います。

ホント、カンボジア人恐るべし。
まあ、今は私も慣れましたが。


カンボジアのプサー(市場)は、決して衛生的とは言えません。
肉でも何でも、陳列ケースに入れられているのでなく、裸の状態で店頭に並べられて売られています。
店の外は中以上に不衛生でして、通路ですからホコリが舞い上がり、太陽光をまともに受ける中で生肉が売られているのです。ハエもわんさかたかっています。
でも、この国ではそんな事を気にしていては生きて行けません。
まあ、病気にならなければ良いとしなければなりません。


20190519_102646 (1)

20190519_102111 (1)

20190519_101647 (1)

20190519_101918 (1)

20190519_101224 (1)


結婚して、益々精神的に強くなった私です。
ホンマに病気にならんかノオ。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>



スポンサーサイト



  1. 2019/05/19(日) 23:10:56|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキラ家の墓参りに同席

2019年4月9日(火) 

今年のクメール正月は4月14日から16日ですが、カンボジアでは正月前に必ず家族中でお墓参りに行く習わしの様です。
アキラ氏の家でも、10年前に亡くなった最初の奥さんのワットさんのお墓参りを4日に行なうという事で、私も妻と子供と一緒に参加しました。

アキラ氏の運転する車に、アキラ氏の家族5人とスタッフ1人、うちの家族3人が乗り、8時前に家を出発し、更に途中でワットさんのお母さんを乗せてお墓のあるお寺に到着したのが8時半頃。
お墓には既にワットさんの身内の人が数人来ていて、その後、ビルさん夫妻、博物館のスタッフ、更には今はまだ他所の孤児院に預かって貰っているリリーフセンターの子供たち数人も来て、賑やかに且つ厳かに故人を偲びました。
お寺で僧侶より拝んで貰った後、お墓で独特のお祭りをします。

墓標の前にゴザを敷いて、そこに様々なお供えをします。
果物や飲み物に加えて、家とか車の模型やら偽のお札を並べて行きます。
中でも、とりわけ目を引くのが豚一頭の丸焼き。
これらを整然と墓標前に配置した後、今度は土盛りに水を掛け、そこに色とりどりの短冊を埋め込みます。
そして最後に、家とか車の模型やら偽のお札を燃やします。

私は以前、ソテアレンのお母さんのお墓参りに参加しているので、今回の一連の流れは経験済みですが、それにしても面白い独特のお墓参りの風習です。

お墓参りの後アキラ氏の自宅に戻って、今度はお供えした豚一頭を切り分けて皆んなで楽しい食事会です。
男連中は、豚をつまみに缶ビールで大いに盛り上がりました。

カンボジアは、こう言った類の催し、家族や親しい人達が集まって行なう催しを、本当に大切にしている国だとつくづく思います。
こうした所が、私は大好きです。
兎に角、酒が飲めるから。



20190404_081422.jpg

20190404_090557.jpg

20190404_090918.jpg

20190404_091257.jpg

20190404_091418.jpg



話は変わりますが、うちの妻と子供が先月22日から1ヶ月の予定でシェムリアップに出て来ている事は、前回のブログで御報告済みですが、結局、来年の家の完成を待たずに、これよりずっと一緒に生活する事になりました。
女房、子供に押し切られ、私の描いていた計画がズタズタで、生活リズムは狂いっぱなしです。
でも、嬉しくて、親バカ、女房バカにどっぷり浸かって目尻は下がりっ放しの今日この頃です。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>









  1. 2019/04/09(火) 16:34:16|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンボジア・ゲテモノ総覧図

8月6日(日) 

私は、ブログのテーマとしてはなるべく「面白ネタ」をと考えているのですが、ここのところ中々思うものが書けていません。
そこで今回は、純粋な「面白ネタ」ではありませんが、ぐっと砕けた内容のものに致します。
題して「カンボジア・ゲテモノ総覧図」

まあ、ホントの所は最近になって昔のデジカメ写真を見る機会が何度かあって、その写真の中にこれまで私の口に入った日本ではまず食べる事の無い珍しい食材が数多く有り、中には未公表の写真も結構有るので、この機会に皆様方に是非とも公開しようと思った訳です。

私は2011年3月からカンボジアに住み着き、2014年2月から2年間は日本に帰国していましたが、2016年1月に再度カンボジアにやって来ましたので、通算在住歴5年目です。
この間に、兎に角色々な物を口にして来ました。
中には、話しの種にとイヤイヤ食べた物もありますが、形はグロテスクでも結構旨い物もありました。
そんな写真を、これより皆様方にお目に掛けたいと思いますが、これから見て頂く30枚の写真を探すのに、これまで撮り貯めた4枚のメモリーカード13105枚の写真の中から探し出しました。
この作業が結構大変でした。



ポンティアコーン ポンティアコーン2 ポンティアコーン3

まずはポンティア・コーン3連発。
ポンティア・コーンと言うのは、孵化直前のアヒルの玉子です。
血管の筋が浮き出ていますし、食べると骨や毛が歯に当たって気持ち悪いですが、結構美味でして、カンボジア人に人気の食べ物です。



ヘビ コブラ1 コブラのスープ

次はヘビ&コブラ。
主にスープにしますが、これも肉厚があり弾力があって割と美味しかったです。



亀1 亀2 亀3 (1)

次なるは亀。
カンボジア人仲間と旅行に行った時、持参した亀を捌いて貰って食べたのですが、酔っ払っていて、味は全然覚えていません。て言うか、食べた筈ですがそれすら覚えていません。


ワニの養殖 ワニの調理 ワニの玉子


次はワニですが、これも日本では食べませんし、まず動物園以外で見る事はありませんわな。
カンボジア人の友達の親戚が養殖しているワニを、その友達が捌いてみんなに振舞ってくれました。
味は特に印象に残っていませんが、不味くは無かったかな。
玉子は、鶏の玉子よりちょっと大き目で、中身をすすりましたが鶏よりは淡白だった様に思います。



さそり1 さそり2

次はサソリです。
前はシェムリアップでは売ってなかったけど、1年程前からオールドマーケット周辺で売ってます。
ハッキリ言って、美味くも何とも無い。



カエルの解体 (3) カエル2

次は、日本でも食べる事のあるカエル。鶏肉をちょっと淡白にした味かな。

コオロギ (1) カイコ

これはコオロギとカイコの佃煮です。
酒のつまみにいいですし、大人も子供もみんなボリボリ食べてます。



コオモリ タランチュラ

次はコオモリとタランチュラです。
これは、さすがにカンボジア人でも、そんなには食べないかな。



子牛の丸焼き アヒルの解体

今は当局の規制で見掛けなくなりましたが、昔はBBQ店の店頭で子牛の丸焼きをよくやってました。
アヒルもよく食べます。



鶏の運搬 鶏

鶏やアヒルの運搬は、バイクの荷台に生きたままのそれらの足を括りつけ、いっぺんに10匹位を運びます。
2枚目の写真は、店頭に並ぶ鶏です。頭はありませんが、足は付いています。



豚の運搬 豚解体 (1)

豚の運搬も、多くはこうしてバイクの荷台に仰向けに括りつけて運びます。ブヒブヒ言っていて、ちょっと可哀想。
豚の解体も、業者でなく普通の人達が、家でよくやります。



犬の肉 鳥

犬肉と鳥ですかね。
最初、犬肉とは知らずに食べてしまいました。犬好きな方は、ここはパスして下さい。



ジャンボたにし コオロギ (2)

ジャンボたにしと蟻ご飯です。
ジャンボたにしはバイ貝の様な味ですし、蟻の入った御飯もふりかけを掛けてる感じです。



どうしても写真が見つからなかったのですが、この他にネズミ、鹿も食べました。
どちらも、とても美味しかったです。

カンボジアに来られた時には皆さんも、是非これらの物を口にされ、異国の食文化を楽しんで下さい。
知らない世界が広がりますよ。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>


  1. 2017/08/06(日) 13:19:52|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソテアレンちでの「飲めや歌えのドンチャン騒ぎ」

4月3日(日)

今日のブログでは、先日生まれて初めて鑑賞しました「一夜限りのスバエク・トム」について書くつもりでしたが、それは又の機会に廻し、本日行われたソテアレンちでの「飲めや歌えのドンチャン騒ぎ」について書きます。



P1080586.jpg
ソテアレンの親友のワン君と何処かのオッサン。


前々から親友のソテアレンに、2日と3日に実家で開催されるパーティに招待されていたのですが、2日は都合が悪くて行けず、3日だけ参加しました。
パーティと言っても何のパーティかも知らず、13日から始まるクメール正月の前哨戦位に考えていました。
只いつもの如く、「酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ」と言う訳で、ホイホイ参加したのですが、これが何と日本で言うところのお彼岸行事だったのです。

中国系カンボジア人の家では、4月と10月に先祖供養としてこのお彼岸行事をするそうです。ソテアレンの家が中国系だと言う事を、この時初めて知りました。



朝の10時頃、最初に案内された所は、ソテアレンのお母さんのお墓がある菩提寺でした。
何年か前のクメール正月の時、ソテアレン、チャントリアと一緒に行って、顔に白い粉を塗りたくり、水を掛け合ったあのお寺です。
そのお寺の中には、火葬されて弔われた屋外のお墓とは別に、建物の中に小部屋の様な形で土葬されたお墓がありました。
ソテアレンのお母さんは13年前に亡くなり、ここに土葬されたそうです。


P1080557.jpg
土葬墓は小部屋の様になっていました。

P1080560.jpg
火葬墓


日本でも、私の子供の頃にはまだ土葬が行われていて、私も父方の祖母が土葬されるのに立ち会ったかすかな記憶があります。もうかれこれ59年前、3歳の時の記憶です。

お墓に着くと、ソテアレンの親戚が大勢集まりお墓にお供え物をしている最中でした。
メインは豚の丸焼き。



P1080554 (1)
ソテアレンと姪っこと、豚の丸焼きのお供え物。


後からフェイスブックで見ると、カンボジア人の知り合いが多数、お墓に豚の丸焼きをお供えしている写真をアップしていました。
2月の中国正月の時にも豚の丸焼きを食べる習慣があるので、中国系の人々にとっては、豚は特別の意味があるのでしょうね。
お供え物をした後、線香を立て、みんなでお墓にお水をあげ、そして土饅頭を短冊で飾ります。そして先祖を迎える為でしょうか、送る為でしょうか、模造のドル紙幣やら色々な紙の飾り物を燃やします。
そして最後にお墓の前で、みんなで軽い食事を摂ります。
沖縄でもお墓の前に親戚中が集まり、食事をしているのをテレビで見た事がありますので、似た様な風習なのでしょう。


P1080567.jpg
お墓を短冊で装飾します。

P1080565.jpg
模造紙幣や紙の飾り物を燃やします。


そしてその後は、家に帰っていつもの如く、飲めや歌えのドンチャン騒ぎ。
途中からはソテアレンの仲間も参加して、飲めや歌えに拍車が掛かりました。
自宅でプロジェクターを使って、歌詞入りのカラオケ映像を映しながら歌いまくるのですから、カンボジア人恐るべしです。
私も結局、朝10時から夜の8時頃までソテアレン一家の先祖供養、そして大宴会にお付き合い致し、ソテアレンのお母さんを供養する為に、ホントは好きでも無いビールを浴びる程飲ませて頂いた次第です。
ああ、もうビールは飲みたくない・・・・今夜は。



P1080573.jpg
まだ明るい内から飲むわ、飲むわ。

P1080577.jpg
ソテアレンのお父さんとソテアレンの親友のヤー君

P1080606.jpg
飲み過ぎてダウンしてしまったソテアレンの親友のヤー君、ワン君とソテアレン


ところで、今日お墓で線香を供えている時、足の裏を火傷してしまいました。
直前に、地面を這っていたスズメバチらしき蜂を踏み潰したのがいけなかったのです。
私はカンボジアでこれまで2度蜂に刺されているので、蜂を見ると恐怖心と共に敵愾心が沸き、刺される前に戦いに勝利しようという気になります。
まあ、とは言え、スズメバチとなると下手をすると逆襲されてとんでも無い事になりかねないので、あまり戦おうとは思いませんが。
しかし、この日のスズメバチ(らしき蜂)は地べたを這っていたので、これなら勝てるとばかりにサンダルで思い切り叩き、踏みつけてやりました。
お寺の中で殺生をするなんてとお思いかも知れませんが、当方にそんな心の余裕はありません。
そして戦いに勝利した直後、足の裏に激痛を感じ飛び上がりました。
さっきの蜂の弔い合戦に他の蜂が現れて、足の裏を刺したのかと思いましたが、そうではありませんでした。
お供えをしようとした線香の火が、ポリ塩化ビニール製の敷物に落ちてそれを溶かしながら燃え、知らずにその上を踏んだものですから、蜂の一刺しを喰らった様な感じの痛みが走り、火傷を負ったと言う訳です。
でも、これも蜂の祟りですかねえ。クワバラ、クワバラ。



P1080592.jpg P1080587.jpg
ソテアレンの姉の家族              ソテアレンの兄の家族

P1080594.jpg P1080589.jpg
ソテアレンの兄の家族             ソテアレンの妹の家族

P1080590.jpg P1080607.jpg
ソテアレンの弟                  ソテアレンの恋人のチャントリア




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで








  1. 2016/04/04(月) 17:40:59|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

その後の「カンボジア交通事情」

3月20日(日)

「ごっつあんです、わしゃあ日本に出稼ぎに行っとる関取ですタイ、カンボジア」


P1080398.jpg

って、こんな顔のお方日本の角界には居ませんが、シェムリアップには確かに前にもワットボー通りにお一人いらっしゃいました。
しかし、私が留守にしていた2年間の間にエラい増殖していて、今ではあちこちにいらっしゃいます。
どうやら、クリーニング屋さんが店の看板に使っている様です。


こちらに来て直ぐの2月21日のブログでも書きましたが、2年間の間に色々と街の様子や制度が変わっていました。
車が増え、しかも高級車のレクサスがやたら走っています。大型バイクも、前は殆どが乗っていたのは外国人だったのが、今ではカンボジア人も結構乗っています。


P1080387.jpg P1080400.jpg


レンタルバイクもあちこちの店に置いてあります。レンタサイクルは前から有りましたが、レンタルバイクなんて聞いた事がありませんでした。
一日大体10ドル位で借りられる様です。


P1080391.jpg

スマホの普及も凄いです。
2年前にもちらほら使っている人は居ましたが、今は携帯と言えばスマホと言う位、皆が使っています。私のアパートの掃除のオバさんなど、仕事中には4、5歳の娘にスマホを持たせて、一人で遊ばせています。


P1080395.jpg

又、あちこちで工事をしています。シェムリアップは遺跡の街なので、景観保護の観点から高層建築には規制が有りますが、3、4階建て(もう少し高くてもいいのかな?)ならOKなので、韓国資本や中国資本の高級アパートの建設ラッシュが続いています。

カンボジアは、まだ世界の最貧国の一つなのに、一日の食事も満足に摂れない人々、病気になっても医者にも掛かれない人達がまだまだ沢山居る一方で、これらの状況は一体何を意味するのでしょうか。
格差がどんどん開いて行っているのでしょうか。

しかし、昔とちっとも変わってないものも有ります。

それは、ルールなど有って無い様な滅茶苦茶な交通状況です。

この2年間、車が増えた分交通事故も増えていて、警察の取り締まりもかなり強化されて来ています。至る所で検問をしています。
交通違反の罰金も、前は5000リエル(約150円)だったのが、今は一気に5倍になったそうです。
バイクのヘルメット着用も、前は運転者だけだったのが、今は後部座席の人も被らなければならなくなったそうです。
しかし、それ位の取り締まり強化では誰も堪えません。
信号無視、逆走、ノーヘルも相変わらずで、後部座席どころか運転者すらも被っていない人が大勢居ます。
違反かどうか知りませんが荷物の可能な限りの積み込み、バイクの3人、4人乗り、そうそう、125cc迄のバイクは免許が要らないとかで、子供でも堂々乗っています。状況は昔書いたブログ「カンボジア交通事情」そのままで、ちっとも変わっていません。

昔は、カンボジア人はよっぽどモラルが低いのだろうと考えていました。
しかし、よくよく考えてみると、これはカンボジア人が日本人に比べて順法精神に乏しいのでは無く、単に日本での取締りが厳しくて、捕まったら高い罰金を支払わされ、おまけに免許停止とか取り消し処分を受ける為、仕方無く法律を守っているのであって、もし罰金や罰則がカンボジア並みなら、日本だって恐らくカンボジアと同じだろうと思います。

まあ、それは兎も角、私にとってはこのカンボジアの緩い法規制が性に合っています。
昔と同じ型のホンダwabe100cc(通称ブラック・パンサー)に跨り、博物館までの30数キロの道を爆走しています。
じっとしていると暑くて堪りませんが、バイクに乗って風を切っている間は爽快で、私にとってこの瞬間が最高のひと時です。前に乗っていたバイクは、悪路での激走に耐えられず、乗って数ヶ月で前カゴは吹っ飛び、メーター類は故障してしまって、時速何キロ出ているのかも分からなくなっていましたが、今のはまだ故障していません。メーターはハッキリ80キロを指しています。
2年前、帰国直前に一度事故を起こしているので、前よりはよっぽど慎重に走っていますが、それでも80キロの快感に抗し切れず、ブラック・パンサーに跨るとついつい血が騒ぎます。

P1080315.jpg

この私のブラック・パンサーカラスちゃんと名付けた人が居ますが、誰がカラスやねん、失礼な。何処からどう見てもカラスでは無く黒ヒョウでしょう。

この「ブラックパンサー」に跨り、「日本の赤い稲妻」は、今日もカンボジアの地を走っています。
ハ・ハ・ハ。  






後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで








  1. 2016/03/20(日) 14:27:32|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ