FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

グフッ、のろけ話ですねん。

2019年3月17日(日) 

カンボジアでは、毎日うだる様な暑さが続いています。本来なら4月、5月が一番暑いのですが、今年は2月の終わりからもうかなり暑くなっていまして、来月が思いやられます。
しかし、そんな中、一昨日には激しい雷雨がありました、まだまだ乾季なのに。
先月にも、朝方短時間ですが降りました。一体どうなっているんでしょう。
天変地変の前触れ?

さて、さて、今回のブログテーマは、何と極プライベートな「おのろけ話」です。
もっと良い話題があるんでないのとお怒りの方も多くいらっしゃるかと思いますが、その様な御意見に一切耳を貸さず、勝手に推し進めて参りたいと思いますです、ハイ。

私が昨年10月4日にカンボジアのタケオという所で結婚式を挙げました事は、既に記者会見を開いて発表済みですが(ウソつけ)、明後日19日からそのタケオに4日間程、ソテアレン家族、嫁の兄家族、姉家族と一緒に行って参ります。嫁の従兄弟の結婚式に出席する為に。
嫁とは結婚したもののまだ別居状態でして、会うのは2ヶ月振りです。
1月に1週間だけ一人でシェムリアップに出て来ましたが、それ以来です。
そして、22日にタケオからシェムリアップに戻って来る時、嫁と娘のリャサーも一緒に連れて来まして、約1ヶ月間の予定で私の部屋に住まわせます。
そんな事を今年7月と11月にも行おうと思っています。
そして、来年2月か3月に家が完成すれば、その時から同居を始めます。

家を建てる計画は前回のブログでも書きましたが、今、塀が完成して、次は来月辺り盛り土をします。そこから半年放っといて、11月、次の乾季に入ってからいよいよ家を建て始める予定です。
何故直ぐに建てないのかと申しますと、一つは前回書きました通り、今暫く自由を謳歌したいと言うのも有りますが、もう一つはカンボジアは金利が高いので、カツカツの資金を銀行に定期預金する事で、少しでも利息を稼ぎたいと言うケチな理由からです。
もっとも、今払っている家賃を考えたら、大して得にもならないのですが。
まあ何れにしても、この1年はワクワクドキドキです。



20190316_173519.jpg

20190316_173602.jpg

20190316_173536.jpg



嫁のチェンダーとは、2016年6月10日、親友のソテアレンとチェンダーの妹であるチャントリアの結婚式に出席する為にタケオに行った時初めて出会いました。
でも、その時は挨拶をした程度で話しなどしていません、言葉も分かりませんし。

私は、私が死んだ後の遺族年金を配偶者に渡す為に、65歳迄に結婚する計画をかねてより立てていまして、その結婚相手は夫と死別か離婚して、小さい子を女手一つで育てているカンボジア人女性と決めていました。
所謂「足長おじさん」になってやろう、一番手っ取り早い国際貢献だと、謂わば上から目線の傲慢な考えです。
その結婚相手にチェンダーが正に該当したので、その後ソテアレンとチャントリアからチェンダーを口説いて貰ったと言う訳です。

ですから、そこに愛などと言うロマンチックな感情は全く介在していませんでした。
たった1回しか会って無くて、2回目に会ったのが結婚した2018年10月4日なのですから。

しかし、何と驚くなかれ、今は、しっかり愛情に溢れています、ガチョーン。
結婚した翌日からチェンダーが、フェイスブックのメッセンジャーと電話を使って愛の告白をして来るのです。
今勉強中のカタコトの日本語と、同じくカタコトの英語、そして簡単なクメール語を使って毎日毎日飽きもせず。
1月に出て来た時には更に関係性が深まり、今や本当の夫婦として、お互い欠く事の出来ない存在となっています。(アチャー、こんなのろけ話を聞かされる方は、堪ったもんじゃないだろうなあと分かっていながら書いています、ゴメンナサイ)

明後日には直接会えると思うと、嬉しくて、夜も眠れず昼寝しています、ガハハハ。
この歳になって、まさかのときめきラッシュアワーに見舞われるなんて。
これも天変地変の前触れでしょうかねえ。

これを書いている最中に、家の外では日本の昔の歌である「ここに幸あり」がクメール語バージョンで流れています。
今は結婚式シーズンなので、家の近所で結婚式を挙げているのでしょう。
普段なら喧しくてウンザリなのですが、今は私自身が祝われている様でホンワカした気分です、ナンチャッテ。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




スポンサーサイト
  1. 2019/03/17(日) 18:49:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年度の目標2つ

2019年3月3日(日) 

早いですねえ、もう3月です。
ついこないだ新年を迎え、今年の目標をあれこれ立てたと思ったのに、はや残りあと10ヶ月のカウントダウンですよ、皆さん。
ウカウカしていられませんねえ。

 さて、私は年の初めに大きな計画を立てました。
それは、カンボジアに家を建てる事です。

昨年10月に、子持ちの若いカンボジア人女性と結婚しましたが、彼女と娘はシェムリアップから300キロ以上離れたタケオという地に住んでいまして、まだ別居状態です。
家が完成したら、その妻と娘を呼び寄せて一緒に住むつもりです。
昨年末に土地を確保し、先月井戸を掘り、塀作りも1週間前から着工し、今日辺り完成予定です。
家本体は、今年の乾季明けの11月から建設工事に入り、年明けの完成を目指します。
家の完成を待たずに今直ぐにでも同居する事は可能なのですが、楽しみは先に取っておいた方が、それまでの間、気分が高揚して幸せ感が倍増しますので。

ナンチャッテ。

本当は、妻や子が出て来ると、これまでの飲んだくれ生活からオサラバしなければならなくなるので、少しでも先送りしたいだけかも知れませんが・・・アチャ。


20190212_093701 (1)

52819998_2336893989967342_3602735481189564416_n.jpg


まあ、何れにしても今年はそう言う楽しみが有るのですが、もう一つの計画は楽しみと言うよりも責任重大なミッションです。
それは、アキラ氏からもたらされたものです。

アキラ氏が、地雷撤去のNGO「CSHD」の中に、10人編成の新チームを作ろうとしていて、その創設費用約1000万円を日本人に支援して欲しいと考えているのです。

これまで「CSHD」は4チーム37人で構成されていて、その4チームはそれぞれアメリカ、オーストラリア、韓国、スイスの民間団体の支援を受けて運営していますが、次に作る新チームは日本の団体・個人の協力を得たいと言うのです。
新チームを作りたいと言うのは、私が初めてアキラ氏に出会った2011年から聞かされていました。
それが、資金難で中々実現しなかったのですが、ここに来て喫緊の課題となったのです。
と言いますのは、カンボジア政府が地雷撤去は2025年迄に終了し、その後10年間は不発弾の撤去作業に移行するとの方針を打ち出したからです。
カンボジアにはまだ300万個とも400万個とも言われている地雷が残ったままであり、2025年迄に全部の撤去を終える事は限りなく不可能です。
でも、アキラ氏と言えども政府方針には従わざるを得ません。
ですから、その2025年迄に少しでも多くの地雷を撤去する為に、新チームを作りたいのです。

創設費用の内訳は次の通りです。

ピックアップトラック1台         1万ドル
トラック1台               15000ドル 
救急車1台                1万ドル
金属探知機10機       3000ドル×10=3万ドル
ヘルメット、プロテクター10セット
              500ドル×10=5000ドル
ユニフォーム(替えも含め)20着 50ドル×20=1000ドル
2ヶ月分の運転資金            1万ドル

                 合計81000ドル


(運転資金以外の)御協力頂いた備品には、御協力者のお名前を入れさせて頂きます。


今年に入ってから、幾つかの個人、団体に協力要請をしていますが、私の知っている先など僅かしか有りません。
また、日本政府からの支援を要請する為に、アキラ氏、アメリカ人ボランティアのビル氏、私の3人で、日本大使館にトップの大使をお訪ねする計画を立て、有力な知人を介してアポを取っているのですが、3月、4月は年度末、年度初めで超多忙との理由で5月迄お会い出来そうにありません。
そもそも日本政府は、カンボジアに対する地雷撤去支援としては政府系の地雷撤去団体である「CMAC」(Cambodian Mine Action Center)に一本化していて、他団体への支援は今の所考えていないと、2017年6月に私とビル氏とスタッフの3人で担当書記官に面談した時、一度断られています。
ですから今回は、大使にアキラ氏本人が直接お会いしてお願いしてみようと考えているのですが、今の所面談すら目処が立っていない状況です。

そんな訳で、ここは一つ皆様方のお力添えをお願いしたく、この様なブログを書いた訳です。
皆様方のお知り合いの企業、団体等、或いはこんな所に要請してみたらと思い当たる所が有りましたら、是非御紹介頂きたく思います。
何卒、宜しくお願い致します。



そんな訳で今年1年は、楽しみ(家族3人で一緒に暮らす事)と緊張(金集めのプレッシャー)の中で過ぎて行きそうです。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>



  1. 2019/03/03(日) 17:43:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今年を振り返って

2018年12月23日(日) 

時の経つのは何と早いことか・・・・もう10日後には新年を迎え、私も満65歳(元旦生まれなので満年齢65歳ですが、カンボジア式に数え年で言うと66歳です)。
遂に、高齢者の仲間入りと言ったところです。
もっとも、カンボジアは年中夏なので、正月が近付いていると言う実感は湧きませんが。

今年は何やかや有って、何度も日本に帰りました。
2月と5月と6月と9月と、そして最後が11月21日から今月16日までの計5回も。

何やかやと申しますのは、一つには93歳の父親が5月6日に他界しましたので、それに関連してですが、もう一つは何と言いましても私にとって人生最大のイベントであった日本全国での「アキラ氏平和学習講演会」開催の為でした。
残念ながらその肝心のアキラ氏は、8月27日に博物館で起きました爆発事故により警察に逮捕されると言う信じ難い大事件の為、9月2日から10月1日までの1ヶ月間はアキラ氏は日本に行けずに終わり、私や他のメンバーだけで日本行きを果たすと言う事になってしまいましたが。
でもまあ、既にブログにも書きましたが、アキラ氏不在の中でもそれなりの成果が上がった講演会だったと満足しています。

そのアキラ氏も、9月20日には釈放され、今は通常の生活に戻っています。
只、悲しい哉、「アキラ地雷博物館」がまだ閉じたままであり、「リリーフセンター」の子供達も戻って来ていません。

裁判所の許可が中々下りないのです。
何故下りないのか、詳しい事は書けませんが、アキラ氏が悪い訳では決して有りません。どうか皆さん、お察し下さい。

博物館への警察や裁判所の立ち入り検査もとっくに終わり、既に許可は下りた筈なのですが・・・。
裁判所とアキラ氏側との全ての交渉手続きが終わり、最初は11月初めには開館出来ると聞いていましたが延びて11月中旬となり、次に12月1日となり、更に延びて今度は12月20日、これは絶対間違い無いと思っていたのに、これもダメ。
今は、何日開館と聞いても私自身ちょっと信じられない心理状態に陥っています。
皆さんにも、「開く、開く」と言っておきながら一向に開かずで本当に申し訳なく思っています。
もう私の事を「狼少年」、いやいや「狼老人」、或いは「あくあく詐欺加害者」と言って頂いても結構です。
もう、こうなったら仕方が無い。
「開かぬなら、開くまで待とう博物館」
徳川家康の心境です。
しかし、それにしてももう4ヶ月も閉じたまま。
これ以上となると、私の精神が保ちません。
それで無くとも年を取り、肉体的衰退は勿論の事、気力もどんどん衰える一方でして、日本人応援団の活動も何処まで出来るか分かりません。
ああ、切ない、もう保たない、ああ、イヤだ、イヤだ。
と言いながらも実は、来年、東京中心に5箇所位で講演会をやろうかと密かに企んでいます。
今年、予定していた東京での講演が中止になってしまい、どうしてもアキラ氏に会いたいと仰っていた複数の方々とアキラ氏を会わせる事が出来ていません。
その方々も実は御高齢でして、そんなに先延ばしは出来ないのです。
ですから、何とか来年、アキラ氏を東京に連れて行きたいと思っています。

そして近い内、必ずや博物館も再開出来る・・筈・・ですので、皆さん、どうか今暫くお待ち下さい。



博物館の再開とは全く関係有りませんが、最後に一つ付け加えますと、今月の帰国時に、10月に結婚しましたカンボジア人の妻との入籍手続きを、私の本籍地の市役所にて無事終える事が出来ました。
65歳前に結婚すると、配偶者加給年金が加算されると言うので、今年末迄の入籍を4、5年前から計画していまして、その計画が無事果たせた事に大変安堵致しました。
これも既に発表済みですが、結婚の大きな目的は、カンボジア人妻に私の死んだ後の遺族年金を渡す事でした。
しか~し、つい先頃の新聞記事で、何と日本政府が「外国人労働者の受け入れ拡大に備え、厚生年金の加入者が扶養する配偶者について、年金の受給資格を得るには国内の居住を要件とする方向で検討に入った。2019年度中にも、国民年金法を改正する方針だ」との情報に接しました。
そうなったら、私の結婚の根本目的が覆ってしまいます。
大変なショックです。
折角、当初の計画通り、65歳前の入籍を果たせたと言うのに・・・・。

博物館の事と言い、結婚の事と言い、幸と不幸の波に翻弄され続けていますが、まあ、これが人生でしょう。
負けずに頑張りますです、ハイ。

その妻が、私の誕生日にシェムリアップに出て参ります。
一緒に住む様になるのは1年ちょっと先の予定ですが、10日後に出て来た時にはあんな事もしよう、こんな事もしようと色々計画しているところです。ウフフ。(ああ、気持ち悪い、オマエは変態か・・・。イヤイヤ、遺跡に連れて行くか、気球に乗せるかと考えています)
その時に、博物館が開館していれば是非連れて行こうと思っていますが、さあ、どうなります事やら・・・・。



20181119_161938 (1)

20181119_161904 (2)

20181119_161842 (1)




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




  1. 2018/12/23(日) 19:32:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

講演会の開催迫る

8月26日(日) 

1年半前から準備して来た、もっと言えば前回の講演会が終わりました5年前から計画して来た日本全国での「アキラ氏平和学習講演会」が、いよいよ来週スタートします。
ちょうど1週間後の9月2日(日)の夜、シェムリアップ国際空港から関西国際空港に向けて飛び立ち、そこから更に新千歳空港へ向かいます。
日本へ渡航しますのは、アキラ氏、奥さん、子供3人(アマタ、ミン、メタ)、ポーイ(アキラ氏に育てられ、現在地雷撤去活動をしている青年)、通訳のオル君、そして私・川広の8名です。
出発を前にして、心踊る思いです。
日程は、次の通りです。
皆様、是非会場でお会い致しましょう。



恵庭 (2)

9/4(火)恵庭市「えにあす」   恵庭市緑町2丁目1番1号
     時間19:00開演(18:00開場)~21:00
     集客人員 100名
     入場無料     
(問い合わせ先)
      ボランティア団体kurikindy  代表・大崎裕稀氏(北海道文教大学4年)
      yuki_osaki@icloud.com
      携帯番号 080-4501-7909


札幌・山崎さん

9/5(水)札幌市教育文化会館小ホール   札幌市中央区北1条西13丁目
     時間18:00開演(17:40開場)~20:30
     集客人員 300名
     チケット金額 前売り1000円 当日1200円     
(問い合わせ先)
     山崎千尋さん(札幌国際大学事務職員)
     akirakouen0905@gmail.com
     携帯番号 050-3692-2291


鳥光氏 (1)

9/8(土)東京・清泉女子大学   東京都品川区東五反田3丁目16-21
     時間14:00開演~16:00
     集客人員 300名
     チケット金額 2000円
(問い合わせ先)
     チームTorimitsu  代表・鳥光宏氏(駿台予備校古文科講師)
    heikuu0726@yahoo.co.jp
     携帯番号 090-2321-6691

9/10(月)静岡・浜松 浜松日体中・高等学校
     8:25~生徒を対象にした講演会
(問い合わせ先)
     鳥居公実子さん(日本体育大学浜松日体中・高等学校養護教諭)
    kealoha1229@yahoo.co.jp 
     携帯番号 090-8555-9354 

浜松チラシ

9/11(火)浜松・万年橋パークビル8階多目的スペースhachikai
     静岡県浜松市中区田町327-24
     時間18:30開演(18:00開場)~20:30
     集客人員 80名
     チケット金額 1000円     
(問い合わせ先)
     鳥居公実子さん(日本体育大学浜松日体中・高等学校養護教諭)
    kealoha1229@yahoo.co.jp
    携帯番号 090-8555-9354


甲府 (1)

9/12(水)山梨県立文学館研修室   甲府市貢川1-5-35
     時間18:30 開演(18:00開場)~20:00
     山本税理士事務所内研究会“福祉と税金研究会”特別例会として、  
     顧問先の方々に参加して頂く為、 参加費無料
     全額事務所経費で負担
     講演会終了後、韓国家庭料理「おかめ」で懇親会
(問い合わせ先)
     山本大志氏(税理士事務所所長)
    daijikun133@gmail.com
     携帯番号 090-8018-5378


9/13(木)13:00~14:30 一宮市立北方中学校
9/14(金)10:00~12:00 岐阜市立柳津小学校
      13:30~15:00 一宮市立木船中学校



一宮市

9/⑯(日)一宮市民会館 大ホール    一宮市朝日2丁目5-1
      10:00~12:00
      集客人員 800名 
      入場無料
(問い合わせ先)
     NPO法人「ふれあいサロン・さんさんガーデン」理事長・井浪典子さん
    sansangarden@gmail.com
     事務局・速水氏 0586-84-3305


京都外大1

9/17(月)京都外国語大学4号館432号室
     時間14:00~16:00
     収容人員50名
     入場無料
     原則として、学内関係者のみの参加
(問い合わせ先)
     國安俊彦教授 t_kuniya@kufs.ac.jp
     薄井唯さん 16un0009@kufs.ac.jp


広島

9/18(火)広島市文化交流会館会議室   広島市中区加古町3-3
      時間18:30開演~20:30
   集客人員 120名 
      入場無料
(問い合わせ先) 
      NPO法人「ふれあいサロン・さんさんガーデン」理事長・井浪典子さん
    sansangarden@gmail.com
    事務局・速水氏 0586-84-3305

   
長崎

9/21(金)長崎・長崎市ブリックホール国際会議場   長崎市茂里町2-38
      時間18:00開演~21:00
      集客人員 450名
      入場無料
(問い合わせ先)
      NPO法人「ふれあいサロン・さんさんガーデン」理事長・井浪典子さん
   sansangarden@gmail.com
    事務局・速水氏 0586-84-3305


鳥光氏 (1)

9/23(日)沖縄・沖縄大学   那覇市国場555番地
      時間14:00開演~16:00
      集客人員 200名
      チケット金額 2000円 
(問い合わせ先)      
      チームTorimitsu  代表・鳥光宏氏(駿台予備校古文科講師)
     heikuu0726@yahoo.co.jp
       携帯番号 090-2321-6691


鳥光氏 (1)

9/25(火)座間味小中学校  沖縄・座間味島
      時間10:00~12:00
      集客人員 50名
      チケット金額 2000円
(問い合わせ先)      
      チームTorimitsu  代表・鳥光宏氏(駿台予備校古文科講師)
     heikuu0726@yahoo.co.jp
       携帯番号 090-2321-6691


9/27(木)岡山市立石井中学校
     12:00~16:00 生徒を対象にした講演
(問い合わせ先)
     柏木信恵先生
    nobue52@gmail.com
     携帯番号 080-6311-3089


岡山

9/27(木)おかやま西川原プラザ大会議室B(本館2階)
     岡山市中区西川原255
     時間18:30~20:30
収容人員 216名
     チケット料金 一般1000円、高校生以下500円(未就学児無料)
(問い合わせ先)
     アキラ氏講演岡山実行委員会
     実行委員長 菅木智子さん(NPO法人「岡山人権研究センター」事務長」)
jinken-21@bbplus.jp
携帯番号 090-9739-6423
    実行委員  居郷毅氏(高校教諭)
igoigo@mx91.tiki.ne.jp
携帯番号 090-9411-6999


9/28(金)岡山市立操南中学校
     12:00~17:30 生徒を対象にした講演
(問い合わせ先)
     中川尚子先生
    sho129908@yahoo.co.jp
     携帯番号 090-2297-5741


 一連の講演会とは別枠で

ICOI (2) (1)

環境学習センターアスエコ 岡山市北区下石井2-2-10
にて、18:30~20:00 ESD人権講演会
     入場無料
(問い合わせ先) 
     中川尚子さん(NPO法人ICOI)
     sho129908@yahoo.co.jp
     携帯番号 090-2297-5741



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>







  1. 2018/08/27(月) 03:41:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラウドファンディング開始宣言

4月29日(日) 

いきなりですが、昨日は最悪でした。
いつもなら、大抵土曜日は博物館を休むのですが、昨日は予約が入っていたので出勤。
しかし、何と乾季の4月のこの時期に、大雨に見舞われるという運の無さ。
博物館に、愛車「ブラックパンサー」に跨って向かう道中、合羽を着てはいましたが、まさかこの時期にそんなに激しい降りになるとは思ってもいず、カンボジアで買ったポンチョ型の1枚を着ただけだった為、博物館に辿り着いた時には全身グショグショ。
日本から持参しているもう1枚の合羽を重ね着していればと、どんなに悔やんだ事か。
これを書いている今、外では又雨が降って来ました。
雨季に入るのは、5月末から6月初めに掛けての筈ですが、もう雨季に入ってしまったかの様な昨今です。

さて、明後日からは早もう5月。
5月からは私の超多忙な日々がスタートします。
まず、我が人生最大のイベントである、9月の日本での「アキラ氏平和学習講演会」の開催が近付いて来て、その準備が本格化します。
引き受け団体の皆様の方も、いよいよ忙しくなりますが、私の方も「クラウドファンディング」を始めなければなりません。
5年前と違って今回の講演会では、日本での宿泊代と食事代は「クラウドファンディング」で集めます。
前回日本に渡ったのはアキラ氏とアラ(リリーフセンターで育った隻腕の青年)と私の3人だけだったので、宿泊代、食事代は他の渡航費、講演会実施費用と共に引き受け団体に負担して頂きました。
しかし、今回は期間も前回の倍の1ヶ月であり、アキラ氏の家族を含めて8人で渡航する為、宿泊代、食事代だけで300万円以上掛かり、それを引き受け団体に負担して頂くとなると金額が大幅にアップしてしまう事から、「クラウドファンディング」で集める事にした次第です。
5月からホームページに追加ページを掲載し、3000人の御協力を目標に「クラウドファンディング」を始めますので、どうか皆様も御協力の程宜しくお願い致します。
これが成功しませんと、講演会そのものの成功が覚束無くなってしまいますので、何としても300万円の確保に全力で当たらねばなりません。

4月は博物館にいらっしゃる日本人のお客様も少なくて、精々一日に1、2組、時にはゼロの日もありましたが、昨日は午後だけで4組のお客様が来られ、もうゴールデンウィークが始まった様です。
5月に入ると恐らく、毎日10組位のお客様が押し寄せ、てんてこ舞いとなる事でしょう。
しかし、そんな中、5月2日と3日は私のカンボジア人の若い友人の結婚式があり、それに出席しなければなりません。
そして、その後5月10日から2週間、また日本に帰ります。
実は5月12日(土)に福岡で、NPO法人「CMC・カンボジア地雷撤去キャンペーン」(大谷賢二理事長)の創立20周年記念セレモニーがあり、アキラ氏がそれに招待されたので、私も同行致します。
「CMC・カンボジア地雷撤去キャンペーン」は設立当初からアキラ氏を応援して下さっている団体で、5年前の講演会も引き受けて頂きました。
博物館にも年に1、2度スタディツアーを企画して、大谷理事長自ら来館して下さいます。
そんな団体ですので、いかに忙しいとは言え、お断りする訳には行きません。
セレモニーに出席した後、アキラ氏は5月16日にカンボジアに戻りますが、私は一人で岡山に立ち寄ってから5月24日にカンボジアに戻って参ります。
93歳の父親が10月以来未だ入院中ですので、ちょっと見舞いに帰ります。

そんなこんなで、5月からは多忙を極めます。
よって、次回ブログは又してもお休みとさせて頂きとうございます。
どうぞ、平に御容赦下さいませ。

何やかや理由を付けて、ブログをさぼる横着な私ですが、皆様お見捨てになりません様に。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




  1. 2018/04/29(日) 15:51:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ