FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

タトゥー(刺青)についての一考察

タトゥー
カンボジア人のタトゥー(刺青、入れ墨)


6月30日(日)

私がカンボジアに来て驚いた事の一つに、カンボジア人はパジャマが外出着だと言うのが有ります。
男性は違いますが、カンボジア人の女性は大人も子供も、パジャマを外で普通に着ています。
どうやら上下が揃っていれば外出着になる様です。

パジャマ姿
パジャマ姿の女性

初めて見た時には「オイオイ、寝坊したんかい」と思いました。
我々日本人にとっては随分違和感が有りますが、ここカンボジアでは抵抗無く受け入れられています。
文化の違いって、面白いですよねえ。
さすがにネグリジェの人は見ませんが・・・。

驚いた事のもう一つに、外国人に「タトゥー」(刺青、入れ墨)をしている人が余りに多いと言うのが有りました。
シェムリアップの街でもそうですし、博物館に来られるお客様もそうですが、男性も女性も、国も様々ですが、兎に角「タトゥー」をしている人がやたら目に付きます。
これは本当にカルチャーショックでした。

日本では、「刺青(入れ墨)」と言えばヤクザを想起し、マイナスイメージが強いですよね。
私の故郷・岡山市瀬戸町の隣町・西大寺では日本三大奇祭の一つ「はだか祭り」と言うのが毎年2月に実施されて、全国から大勢の観光客が集まりますが、これには入れ墨者は参加出来ませんし、あと、あちこちの入浴施設などでも大抵「入れ墨者お断り」との断り書きが貼り出されています。
それに江戸時代には、罪を犯して島流しにされる者には入れ墨が施されていました。
ですから、日本では、特に私らの世代では入れ墨を見ると眉をひそめてしまいます。

それで思い出すエピソードが有ります。
うちの長男がまだ4つか5つの頃だったと思いますが、近所の健康ランド(スパ)に連れて行って一緒に風呂に入っていると、もろヤクザが入って来て、背中に登り龍か何かの入れ墨が有ります。
それを見た息子が大きな声で一言・・・「パパ、あのオジちゃん背中に漫画を書いている」。
思わず口を塞ぎました。

それは兎も角、日本では芸能人には結構「タトゥー」をしている人も居る様ですが、一般人ではまだまだそんなには居ないと思います。しかし外国人はそうでも無く、ファッションの一つとしてかなり浸透して来ている様です。

そんな中、先日博物館に来られたドイツ人のお客様から、面白い話をお聞かせ頂きました。
この方は奥様が日本人で、世界中の「タトゥー」を始めとする伝統文化を研究されている写真家兼フリージャーナリストの方でしたが、この方が言われるには世界の「タトゥー」には色々な意味合いが有って、ファッション性の強いものもあれば、願掛け的なものや大人になる為の通過儀礼的なものとか様々な「タトゥー」が存在すると言うのです。
そして、カンボジア人にも体の見えない所に「タトゥー」をしている人が結構居るそうです。
現に、博物館の責任者のヨンさんも、胸に「タトゥー」を入れていました。これは内戦時代に弾除けの願いを込めて入れたとの事でした。

上半身
ヨンさんの胸のタトゥー

他にも、同じ村の出身者である事を識別する為のものとか、愛する人や子供の名前を入れたりとか、目的や思いも様々ですが、世界には広く「タトゥー文化」が行き渡っている様です。

これからは日本でも、若者を中心としてファッション性の強い「タトゥー」が、どんどん広まって行く予感が致します。

入浴施設や「はだか祭り」は今後どうなるかなあ?

あ~あ、最後に何か落ちを付けて終わりたかったんですけど、上手い落ちが付かずに面白くも何とも無い文章になってしまいました。
「タトゥー」を入れる皆さんも、一度入れると中々落ちませんので、くれぐれも後悔しない様にご用心、ご用心。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2013/06/30(日) 02:50:25|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月25日(火)

今日は久し振りに、一日中雨に降られずに済みました。
本日は8、9組と、結構多くの日本人客がお見えでしたが、上手くタイミングが合わなかったりで、ガイド出来たのは6組8名のお客様でした。その内のアメリカ在住のMさんは写真を辞退されたので、写真掲載は5組です。

最初のお客様は
チョルモイツアーズ
「チョルモイ・ツアーズ」企画のスタディ・ツアーに参加の三重の浅野さんと愛知の江口さんでした。
ビデオを見て頂いた後、たっぷり説明をお聞き頂きました。

次にお越し頂いたのは
関西人のFさん
関西人のFさんでした。チョルモイ・ツアーズのお二人と一緒に説明をお聞き頂きました。

その次にお出で頂いたのは
静岡の山下さん
静岡の山下さんでした。この方も前の3人と一緒に説明をお聞き頂きました。

4番目(本当は他にもいらしたのですが、ガイドが出来ませんでした)にお出で頂いたのが
群馬の原口姉妹
群馬の原口姉妹でした。途中から聞いて頂いた後、最初に戻って説明をお聞き頂きました。

その次にお越し頂いたのは
オーストラリア在住の森丘さん
オーストラリア在住の森丘さんでした。この方はカンボジアの農業支援をされている方で、
非常に熱心なお客様でした。

最後にアメリカ在住の女性がお一人いらして、1時間ガイドさせて頂いたのですが、写真は辞退されました。

本日お越し頂きましたお客様、本当に有難うございました。又のお越しをお待ちしております。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/26(水) 02:51:10|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月24日(月)

本日の日本人のお客様は、4組10名様でした。
比較的落ち着いた一日でしたが、午後からやはり激しい雨に見舞われました。

最初にお出で頂いたお客様は
神奈川の浦山さん、鈴木さん、東京の諏訪間さん
神奈川の浦山さん、鈴木さん、東京の諏訪間さんでした。
1時間、説明を聞いて頂きました。

その次にお出で頂いたのは
東京のよーこさん
東京のよーこさんでした。
この方も熱心に、話しを聞いて下さいました。

3番目にお越し頂いたのは
愛知の小川さん御夫妻
愛知の小川さん御夫妻でした。このお二人も熱心なお客様でした。

最後にお出で頂いたのは
ピースインツアーの4人
「ピース・イン・ツアー」企画のスタディー・ツアーに参加の神奈川の野村さん、安部さん、
宮崎の茨木さん、福岡の樋口さんでした。
ビデオも御覧頂いたので、2時間近くを博物館に費やして頂きました。

本日お出で頂きました皆様に、心よりお礼申し上げます。今後とも御支援の程、宜しくお願い致します。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/25(火) 23:46:34|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「悪魔の卵・ポンティアコーン」を遂に征服

ポンティアコーン1
これぞ、「ポン・ティア・コーン」


6月23日(日)

毎週日曜日に書いているこのブログ記事、結構ネタ探しに苦労しています。
在り来りの事を書いてもつまらないので、出来るだけ面白ネタ、カンボジアならではのネタを書こうと思うのですが、そんなネタ、そうそう転がっている訳でもないので、一つ書いた直後から、さあ、来週は何を書こうかと悩まなければなりません。
今週も、次は何を書くかなあと悩んでいると、目の先に飛び込んで来たのが・・・・「ポン・ティア・コーン」。

卵売り  卵売り2
卵売り1                   卵売り2

ポンティアコーン2  ポンティアコーン3
ポン・ティア・コーン1           ポン・ティア・コーン2

そうです、これはカンボジアでは当たり前に売られている「孵化直前のアヒルの卵」です。
只のアヒルの卵ではないですよ。孵化直前なのです。まあ、グロテスクったらありゃしない。
ヨッシャー、今回はこれをネタにしようと、人生で3度目の「ポン・ティア・コーン」にチャレンジする事に致しました。
別に食いたい訳では無く、と言うより寧ろ食いたくは無いですが、あくまでブログネタの為。

この「ポン・ティア・コーン」、初めて買ったのはカンボジアに来たばかりの2年前。
路上で売られているのを見て、普通のゆで卵だと思って買って帰り、殻を割ると・・・何じゃ、こりゃア(松田優作風に)。 思わず目が点になりました。
そこには今にもオギャアと・・じゃないか、ピヨピヨ・・・でも無いですが、兎に角それと分かる形をしたおどろおどろしいそのものが、今にも鳴いて出て来そうな感じで詰まっていたのです。
(ちょっと誇張しています。ホントはもう少し前のステージです。目とか、毛とか血管らしきものはハッキリ判別出来ますが、オエッ
こげなもん食えるかい。
そんな勇気は到底無く、思わず捨ててしまいました。

私もカンボジアに来て、これまで結構色々な物を食べてきました。
既にこのブログでも書きましたが、コウモリから始まり、ヘビ、タランチュラ、カエル、コオロギ、ゲンゴロウ、アリなどなど。

コオモリ  タランチュラ  タランチュラ2
コオモリ                  タランチュラ1                タランチュラ2

スーパーで売っているカエル  カエル  コオロギ2
スーパーで売っているカエル       カエル                   コオロギの佃煮

ゲンゴロウ  アリ入りごはん
ゲンゴロウの佃煮            アリ入りごはん

到底日本では食ったことの無いゲテモノを、結構食って来ました。
でも、この「ポン・ティア・コーン」だけは自分から進んで食べる気にはなれず、その後口にする事はありませんでした。
でも、周りの人達の中にはこの「悪魔の卵」が大好きな人が多く、カンボジア人は勿論の事、日本人の女の子でも一度に3個も4個も食べるとのたまう猛者が居て、あまりに食べろ、食べろとうるさいものですから、遂に2回目の挑戦をする事となりました。1年前位でしょうか。
しかし、やはりまともに食べる勇気は無く、部屋を真っ暗にして、目を瞑って口の中に押し込みました。
とりあえず、食ったと言う実績を得る為に。
確かに美味しいのは美味しいのですが、舌先に骨や毛が当たる感触がして思わずオエッとなりそうで、敢えて食べようと思うには至りませんでした。

そして今回。
今回はブログネタの為ですから、好きとか嫌いとか言ってられないので、じっくり観察しながら2個の「ポン・ティア・コーン」を食べてみました。
すると、思った程気持ち悪く無く、案外あっさり食べれました。
変な食感も無く、美味いし、みんなが言う様に何だか力がみなぎって来る感じがして、意外と行けるかも。
と言う訳で、カンボジアに渡って2年と3ヶ月目で、遂に「ポン・ティア・コーン」を征服した次第です。
やったゾ。
この勢いで、次はネズミを食おうと思っています。赤イヌもいっちゃうかも。
乞う、御期待。

あ~あ、来週は何を書くかなア・・っと。

豚の頭  豚の丸焼き  子牛の丸焼き
豚の頭                   豚の丸焼き                子牛の丸焼き

アヒルの解体  売っているアヒル  さそり酒
アヒルの解体                売っているアヒル             サソリ酒



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村




  1. 2013/06/23(日) 03:08:40|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月20日(木)

ここ数日、毎日断続的に雨が降り、今日もバケツをひっくり返した様な豪雨に何度か見舞われました。
その所為か、本日のお客様はお一人のみ。そのお一人が
シェムリアップ在住の志村さん
シェムリアップ在住の志村さんでした。アキラ氏を支援している「HUGS」メンバーのお一人です。
博物館をPRする為の写真撮影をしてくれました。



6月21日(金)

本日も昼頃から断続的に激しく雨が降り、お客様の少ない一日でしたが、それでも3組のお客様にお出で頂きました。
最初のお客様が
いきいきゲストハウス
「いきいきゲストハウス」に御宿泊の、静岡の鈴木さんと兵庫の曽我さんでした。
「いきいきゲストハウス」には、アキラ氏の事を書いた漫画「密林少年」(集英社刊)が置かれていて、それを読んで来て下さいました。

この後静岡の若い女性の2人組が来られ、熱心に説明を聞いて頂きました。
しかし、写真は辞退されました。

最後にお出で頂いたのが
ベルリン在住のトラベリング・ミックさんと奥さんの五嶋さん
ドイツ・ベルリン在住のトラベリング・ミックさんと奥さんの五嶋さんでした。
ミックさんは世界中のタトゥを研究しているジャーナリストであり、奥さんの五嶋さんから色々と面白いお話しを聞かせて頂きました。

昨日と今日のお客様、雨の中を御来館頂きまして、有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/22(土) 00:41:48|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月19日(水)

今週は特別に、毎日お客様の写真をアップさせて頂きます。
本日最初のお客様は
北海道の後藤さん
北海道の後藤さんです。
聞き上手でいらっしゃるので、こちらもついつい力が入り、かなりの長時間説明をお聞き頂きました。

次にお越し頂いたのは
千葉の箱田さん
千葉の箱田さんです。この方も熱心なお客様でした。

そして、最後にお越し頂いたのが
大阪の中さんと箭木さん
大阪の中さんと箭木さんでした。このお二人もとても感じのいいお客様でした。

本日お越し頂きましたのは以上3組のみでしたが、皆さんとても熱心な方ばかりで、私も気持ち良くガイドを務めさせて頂く事が出来ました。有難うございました。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/20(木) 02:36:13|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日のお客様

6月18日(火)

昨日に引き続き、今日のお客様もアップ致します。
最初のお客様は
神奈川の松田さん
神奈川の松田さんでした。お母さんもご一緒でしたが、お母さんは写真を辞退されました。

松田さんより少し遅れていらっしゃったのが
福岡の山口さんと大阪の神埼さん
福岡の山口さんと大阪の神崎さんでした。松田さん母娘とご一緒に説明を聞いて頂きました。
2組とも非常に熱心な方々でした。

その次にお出で頂きましたのが
茨城の川上さんと長崎の中山さん
茨城の川上さんと長崎の中山さんでした。昔JICAで活動されたお仲間だそうです。
このお二人も、非常に熱心に説明を聞いて頂きました。

最後にお出で頂いたのが
千葉の野平さんと伊藤さん
千葉の野平さんと伊藤さんでした。このお二人もとても熱心に説明をお聞き頂きました。

今日のお客様は全員が非常に熱心な方々であり、こちらもとても遣り甲斐がありました。
皆様、大変有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/18(火) 22:10:02|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月17日(月)

本日お越しの最初のお客様は
熊本の吉田さん
熊本の吉田さんでした。とても熱心に聞いて下さり、こちらも話し甲斐がありました。

次にお越し頂いたのは
福岡の古谷御夫妻
福岡の古谷御夫妻でした。もう何度もカンボジアに来られていて、カンボジアの恵まれない子供たちに対する支援活動をなさっていらっしゃいます。

次が
愛知の木村さん
愛知の木村さんでしたが、実は来られたのに気付かずにガイドが出来ませんでした。
帰りがけに気付き、写真だけ撮らせて頂きました。木村さん、ガイド出来ずにごめんなさい。

その次にお越しになられたのは
いきいきゲストハウスの4人
「いきいきゲストハウス」にお泊りの4名様で、岩手の向井さん、宮崎の黒木さん、千葉の渡辺さん、大阪の上村さんでした。途中雨が降り出したにも拘わらず、熱心に聞いて頂きました。

最後にお出で頂いたのが
東京の竹歳さん
東京の竹歳さんでした。先に来られた4名様と一緒に、話しを聞いて頂きました。

本日お越しの皆様、大変有難うございました。またのお越しをお待ちしております。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/18(火) 01:30:08|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビに取り上げられた日本人達

6月16日(日)

カンボジアで生活していて、殆どこれと言った悩みの無い私ですが、数少ない悩みの一つに体が痒くて堪らないと言うのがありました。こちらに来てから直ぐですから、もう2年近く続いていたでしょうか。
当初はこのブログでも書きました「アリとの闘い」に敗れそのアリに噛まれているのか、或いはダニにでもやられているものと思い込み、日本から持ってきた「軟膏ムヒ」でもってズーッと対症療法を講じていました。
ですから、私にとって「ムヒ」は欠かせないものとなり、去年の4月に帰国した折まとめ買いし、更に友人が日本からやって来た時持参して貰い、今回も7月に来ると言うその友人に5箱頼んでいました。
しかし、ひょっとして他に原因が有るのではないかとの思いが頭をよぎり、掛かり付けのローカル病院に行ったところ飲み薬と塗り薬を処方され、2、3回通う内にあっさり治ってしまいました。ウヒョーッ
どうやら食べ物に対するアレルギーか何かだったようです。
カンボジアの病院も捨てたものでは無いという事に改めて気付かされましたが、こんなんだったら早く行けば良かった。
この苦しんだ2年間は一体何だったんだ。クソッタレ~

マァそんな訳で、悩みが一つ解決した先週でしたが、その先週の日曜日、「テレビ番組鑑賞会」と言うイベントが、「アンコール日本人会」主催でもって開催されました。
これまで、カンボジア在住の日本人で幾人かの人が日本のテレビ番組に取り上げられていますが、今回のイベントは、その番組をみんなで見て楽しもうというものでした。
昨年も同様の企画が有りまして、その時は日本食レストラン「米咲」のオーナーの津野さん、「クル・クメール」経営の篠田さん、それに湖上生活者が多く住むトンレサップ湖を取り上げた番組が上映されましたが、今回は「アンコール日本人会」会長で、私の「アキラ地雷博物館・日本人応援団」の呼び掛け人の一人でもあり、また、「国際日本文化学園」(通称一二三教室)主宰の鬼一二三さん、音楽バンド「MILO」代表で音楽の出前授業をやっている浦田彩さんを取り上げた番組、それに「世界ふしぎ発見!カンボジア編」が上映され、そこにはプノンペン在住で雑誌「ニョニュム」を創刊した山崎幸恵さんが取り上げられていました。
どの番組も、カンボジアで頑張っている日本人が活写され、それもみんなよく知っている身近な人達ですので、見ている我々も大いに勇気付けられました。
これらの人以外にも、テレビで取り上げられたシェムリアップ在住の日本人はまだまだ居ます。
私のブログでも何度も取り上げている「ワットボー小学校」の田中千草さん始め、「アンコール小児病院」の赤尾和美さん、「IKTT伝統織物研究所」の森本喜久男さん、淡水魚研究家の佐藤智之さん、養豚ガールこと山田史織さんとかetc,etc・・・。
私が知っているだけでもこんなに大勢が、シェムリアップと言うホントに小さな日本人村の住人が、日本のテレビに取り上げられているのですから驚きです。
日本ではちょっと考えられない事です。
まあ、私が行った堀越学園からは大勢テレビに出ていましたが・・・ウッソで~す。
これらの番組を通じて、カンボジアと日本がより身近な関係になれば、我々在住者としては嬉しい限りです。
そこで、このブログを御覧になられたテレビ関係者の方に御提案です。
次は是非アキラ氏も取り上げて欲しいです。10年位前にはNHKや民放番組に結構取り上げられているのですが最近は無いので、何卒宜しくお願い致します。
ハッハッハッ、最後はちゃっかり身びいき営業をしてしまいましたが、何はともあれカンボジアで頑張っている皆さん、お互い切磋琢磨しながらこれからも頑張っていきまっしょい。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/16(日) 06:18:15|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月11日(火)

最初のお客様は
大阪の西矢さん
大阪の西矢さんでした。非常に熱心なお客様でした。

次にお越し頂いたのは、
東京の早坂さん
東京の早坂さんでした。折角写真の許可を頂いたのに、ピントがイマイチでごめんなさい。

その次が
タイ在住の熊沢さん
タイ在住の熊沢さんでした。1時間たっぷりガイドを聞いて頂きました。

その次にお越し頂いたのは
神奈川の小原さん
神奈川の小原さんでした。こちらも大変熱心なお客様でした。

最後にお越し頂き、小原さんと一緒に説明を聞いて頂いたのが
神奈川の高橋さん
神奈川の高橋さんでした。4年前に1度来られていて今回が2回目の訪問であり、10月までカンボジアに滞在されるのでこの後も何度か来てくださるとの事でした。

本日お越し頂きました皆様、どうも有難うございました。
今後とも何卒宜しくお願い致します。

後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/13(木) 01:48:10|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感動の出来事

s-グラフィックス2


6月9日(日)

6日の木曜日、親友のソテアレンの友人で魚捕り名人のソ・イエットの家でパーティが有ると言うので、「酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ~・・・・6月は田植えで酒が飲めるぞ~」の『日本全国酒飲み音頭』よろしく、酒が飲めれば何処にでも出掛ける私としては、喜んで招待を受け入れました。
朝8時過ぎにソテアレンが迎えに来て、一緒に1時間位バイクで走り目的の家に着くと、そこではパーティ主催者と数人の仲間が子牛を一頭解体して焼肉の準備中。
そして10時頃から酒盛りが始まりました。パーティとの事でしたが、特に何かのお祝いとかで無く、単なる飲み会。
カンボジア人はホントこう言うのが大好きです。
みんな仕事を休んで参加。私も博物館を休んで朝から飲んだくれ、結局夕方まで11、2人の仲間と一緒に今後のカンボジア情勢と日本との経済交流の行方について熱い議論を戦わせました。ウソつけ。

前置きはこれ位にして、さてここからが本日のテーマです。
今回は真面目な話しを書かせて頂きます。
私のこれまでの人生の中で、「感動した事ベスト10」を挙げるなら、間違いなく「ベスト3」以内に入るであろう出来事が、この度起こりました。

因みに、「恥ずかしかった事ベスト10」には、「まだ30代前半の会社員時代、職場の親睦旅行でとある温泉に行った折、上司と喧嘩して風呂場で裸同士の取っ組み合いの大立ち回りを演じ、入り口のガラスを割った為大きな音にビックリして仲間が大勢押し掛けて、我が祖チンを見られた時」と言うのが上位に入ります。
それから、「頭が真っ白になった時ベスト10」には、「同じく30代後半の支社課長時代、『謝恩の夕べ』と言う催しの為本社から社長や重役が来県していて、私は翌日の朝社長をホテルに迎えに行って駅まで車で送っていく事になっていたのに、酔っ払って寝過ごし、目が醒めた時には到底時間に間に合わない事が分かった瞬間」と言うのが、上位に食い込みます。

まあ、そんな事はどうでもいいのです。
今週、私は本当に感動し、涙が出るほど嬉しい出来事に遭遇致しました。
私は今、ライフワークとして、「アキラ地雷博物館・日本人応援団」の団員獲得に懸命に取り組んでいますが、その団員に、これまで博物館に来られた訳では無く、一度もお目に掛かった事の無い方が登録して下さったのです。
このブログ「川ちゃんのカンボジア生活日記」に先月書きました「孤児院ボランティア・岩田亮子さんの巻」を読まれて共感して下さり、私と岩田さんの両方に対して、支援の浄財をお送り下さったのです。
その方のメールには、「3食の食事を1食抜いて貯めたお金です」とありました。本当に涙が出る思いです。
まだ、一度もお目に掛かった事が無い応援団員の方には、前に私の事が掲載された新聞記事を読んで団員登録して下さった方がお一人いらっしゃいますが、このブログを読んで団員になって下さった方は今回が初めてです。
「ブログを書いていてホントに良かった~」と、つくづく感じ入った今回の出来事でした。

今回のこのブログを読んで下さった貴方も、是非応援団員登録を御検討下さい。
1人でも多くの方が応援団員になって下さる事で、アキラ氏の作りました地雷撤去の為のNGO「CSHD」のメンバーを増やしたり、孤児院である「リリーフセンター」で養育している子供たちの数を増やす事が出来ます。
日本人がアキラ氏を、そしてカンボジアを支援していると言う事を海外に発信出来るチャンスです。
貴方の御協力をお待ちしています。


s-banner_foot[1]
アキラ地雷博物館・日本人応援団HP

私の後継者も募集中で~す。


カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/09(日) 04:44:14|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月4日(火)

今日は、ローシーズンの割には多くの日本人のお客様(9組14名様)にお出で頂きました。

まず最初のお客様が
広島の岡本さん
広島の岡本さんでした。1時間たっぷり話しを聞いて頂きました。

その次にお出で頂きましたのが
静岡の山下夫妻
静岡の山下夫妻とプノンペン在住の白鳥さんでした。時間が余り無い中で、熱心に聞いて頂きました。

本日3番目のお客様は
バンコク在住の柳沢さん他
お祖母さん、娘さん、お孫さん(東京の平形さん、馬戸さん、バンコク在住の柳澤さん)の親子3代の皆さんでした。こちらも熱心なお客様でした。

次にお越し頂いたのは
東京の浜吉さん
東京の浜吉さん。

そしてその途中から
東京の矢作さん
同じく東京の矢作さんでした。浜吉さん、矢作さんともに、真剣なまなざしで話しを聞いて頂きました。

次にお越し頂いたのが
静岡の齋藤さん
静岡の齋藤さん。

途中から
千葉の端山さん
千葉の端山さん。

そして更に途中から
内田さん
内田さんでした。
齋藤さん、端山さん、内田さんは初対面にも拘わらず直ぐに打解けて、3人で真剣に話しを聞いて頂きました。

そして本日最後のお客様が
愛知の板倉さんと中尾さん
愛知の板倉さんと中尾さんでした。こちらも熱心なお客様でした。
写真がピンボケでごめんなさい。

本日お越しの皆様、途中豪雨に見舞われたりとコンディションの悪い中、本当に有難うございました。
今後とも何卒宜しくお願い致します。


カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/05(水) 10:52:39|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

6月3日(月)

本日の最初のお客様は
東京のTさん
東京のTさんとシンガポール在住のTさんでした。お忙しい日程の中、ようこそお出で頂きました。

次にお越し頂いたのは
マレーシア在住の江国さん
マレーシア在住の江國さんでした。鋭い質問を次々頂きました。

その次が
静岡の八木さん
静岡の八木さんでした。こちらも熱心に説明を聞いて頂きました。

その次にお越し頂きましたのは
東京の松野さん親子
東京の松野さん親子でした。静岡の八木さんと一緒に話しを聞いて頂きました。

そしてその話に、途中から参加頂いたのが
中国人の王さん
中国人の王さんでした。日本に3年間留学されたとの事で、日本語ペラペラでした。

そして、最後にお出で頂きましたのが
兵庫の御夫婦
こちらのお二人でしたが、お名前はNGでした。

本日お出で頂きました皆様、有難うございました。
又のお越しをお待ちしております。


カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/05(水) 01:21:56|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクパラダイス・イン・シェムリアップ

バッタンバンサーカス
バッタンバンサーカス


6月2日(日)

暦は早6月を数え、日本では今年は例年より早く既に各地で梅雨入り。
カンボジアでもいつの間にやら雨季に入り、突然のスコールと雷が次第にその頻度を増す様になって参りました。
毎日の様に何処かで行われていた結婚式も今はすっかり影を潜める中、3日前、私の親友のソテアレンの従姉妹の結婚式が彼の実家で行われ、私も招待を受け出席していたところ、突然アキラ氏から電話が入り、娘がトラックの荷台から転落して入院したとの知らせ。
ビックリ仰天して結婚式を中座し、慌てて病院に駆けつけましたが、幸いケガは右腕の骨折程度で命に別状は無し。
道すがら、頭を打っていたらとか色々心配しましたが、思いの他元気な姿を見てホッと安心した次第です。

さて、その話しとは全く関係有りませんが、今回のブログテーマは私の住む街シェムリアップの御紹介です。
シェムリアップは言わずと知れた観光都市で、毎年、世界各地から大勢の観光客が、世界遺産であるアンコール遺跡群を目指してやって来ます。
その数は年々うなぎ上りで、今や100万人を超えています。
遺跡もアンコール・ワットやアンコール・トムだけで無く、有名無名、大小合わせると1000以上のアンコール王朝時代の遺跡がここシェムリアップにはひしめいているのです。
そして、その観光客を受け入れる為の超高級五つ星ホテルや、或いは反対に節約型の旅行者を受け入れる為のリーズナブルなゲストハウスなどが軒を連ねています。
また、おみやげ店、レストラン、ショッピングセンターと言った観光客にとって欠かせないお店も充実していますし、その他の観光スポットや遊技場も色々有ります。
国立博物館、シハヌークイオン博物館、バイヨンインフォメーションセンター、文化村テーマパーク、アンコールバルーン、わに園、ゴルフ場、映画館、遊園地etc,etc。

文化村1  文化村2
カンボジア文化村1                         カンボジア文化村2
文化村3 文化村4
カンボジア文化村3                      カンボジア文化村4

また、内戦時代の悲惨な歴史を後世に伝える施設も多々有ります。
私が関わっている「アキラ地雷博物館」は勿論の事、戦争博物館だとかキリングフィールド、一之瀬泰造の墓などなど。
戦争博物館2  戦争博物館
戦争博物館1                           戦争博物館2
キリングフィールド  一之瀬の墓
キリングフィールド                        一之瀬泰造の墓 
泰造の墓  泰造の墓2
泰造の墓2                            泰造の墓3

でもまあ、そんな有名な場所の紹介はガイドブックに譲るとして、私が皆様にお伝えしたいのはもっと身近なスポットです。
シェムリアップにはビヤ・ガーデン、カラオケ、ボクシング試合場、サーカス、おかまショー、北朝鮮レストランなど、私の様な酒好き、遊び好き、○○○好きな男には天国の様なスポットがこれでもかと言う位目白押しなのです。
正にピンク・パラダイス(これは私がよく行く、実在するカラオケ店の名前ですが)。
それも、これらの大半は私の住んでいるホテルの半径1キロ圏内、つまり歩いていける距離に有るのですから、岡山の様な田舎育ちの私にとっては、正に別天地、天国そのものです。
正にフォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」(オラは死んじまっただ~天国に来ただ~酒は旨いしネエちゃんはキレイだ、ワッワッワッワ~)の世界。 知らんわな~
ビヤ・ガーデンやカラオケはしょっちゅう行っていますし、サーカスはファー・カンボジアサーカスと言って、本場は先日行ったバッタンバンですが、ここシェムリアップにも常設会場を設けて毎晩公演していまして、バッタンバンでは残念ながら見逃してしまいましたが、ここシェムリアップでは3月に見に行きました。
またボクシングの試合場も3月にオープンし、週1回試合をしていまして、こちらも3月に見に行きました。
おかまショーは、「ロザナ・ブロードウェイ」と言う専用シアターで毎日ミュージカルを上演しています。ここだけはまだ行けてないのですが、近い内に行こうと思っています。
北朝鮮レストランは前にブログで紹介しました通りです。
ここまで書くと、何と言う遊び人かと思われそうですが、本当は・・・遊び人です。

サーカス1  サーカス2
サーカス1                             サーカス2
サーカス3  サーカス4
サーカス3                             サーカス4

まあこんな具合で、私の住むシェムリアップは本当に住み易い天国の様な所です。
日本に住んでいる男性の皆様(女性にとっても楽しい所は一杯有りますが)、是非シェムリアップにお引っ越し下さい。
そして、私の後を継いで「アキラ地雷博物館」でのボランティアガイドをやって下さい。

後継者募集中!

でも、交通事故にはお互い、くれぐれも気を付けましょう。
最近急増中で、私の周りでもはねられたり転倒したりと言った話をよく聞きます。
メタ(アキラ氏の長女)、もう2度と事故には遭うなよ。

貴賓席  客席
ボクシング会場1                         ボクシング会場2
選手入場  試合直前
選手登場1                             選手登場2
試合シーン  試合シーン2
試合シーン1                            試合シーン2



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/06/02(日) 08:14:40|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2