FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

本日のお客様

7月30日(火)

雨季のこの時期らしく、ここ数日は毎日雨が降っていますが、今日も午前中は晴れていたのに、午後からスコールに見舞われました。
そんな中、本日最初のお客様は
愛媛の白川さんと星川さん
愛媛の白川さんと星川さんでした。

そして、ほぼ同時にお出でになり、一緒にガイドを受けて頂いたのが
福島の二宮さん
福島の二宮さんでした。
3人共にたっぷり1時間、説明をお聞き頂きました。

その後、「HUGS」の北浦健伍さんが、東京の3人のお客様をお連れ下さったのですが、写真は有りません。
そして、その次にお出で頂いたのが
銚子青年会議所スタディツアー
千葉の銚子青年会議所が企画された、高校生対象のスタディツアーに参加された皆様でした。

そして、最後にお出で頂いたのが
神奈川の石川夫妻
神奈川の石山夫妻でした。
1時間以上に渡って、熱心に説明をお聞き頂きました。

本日お越し頂きました皆様、有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

スポンサーサイト



  1. 2013/07/31(水) 09:00:12|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

元気を貰った「スロラニュ小学校」運動会

綱引き
綱引き


7月28日(日)

本日28日は、「カンボジア国民議会議員選挙」投票日です。
8つの政党が選挙戦を戦ったようで、シェムリアップでは中でも現与党の「人民党」、「フンシンペック党」と野党の「救国党」、「民主主義のための同盟党」の大応援団が一昨日の選挙運動最終日まで、連日バイクによるパレードを繰り広げていて、大変な盛り上がりを見せていました。
選挙戦結果は如何になりますか?

さて本日の話題は、今月14日に行われたコムルー村・「スロラニュ小学校」での運動会の模様です。
「スロラニュ小学校」については前にこのブログで取り上げましたが、神戸の団体「スロラニュ・プロジェクト」と、当時カンボジアに滞在していた多くの若者達の協力の下、昨年7月から9月に掛けて建設工事が進められ、9月30日に完成式、そして今年2月11日に来賓を招いての正式な開校式が行われ、私はそのどちらも見学させて貰いました。
カンボジアでは体育、音楽、美術といった情操教育は、まだまだ正式な授業科目として取り上げられていませんので、子供たちは運動会など全く経験が有りません。
ですから、この日行われた玉入れや二人三脚、スプーンリレーなどは恐らく生れて初めての体験だった事でしょう。(綱引きは、以前カンボジア正月の時、お寺の境内で余興として行われていたのを見た事がありますが・・・)

「スロラニュ・プロジェクト」メンバーの飯塚代表や服部氏、くららベーカリー・石倉さん(寅さん映画のモデルになった人)、それに学校建設の設計に関わった安原さん、あとは建設に協力しその後も関わりを続けている若者メンバーらの手によって、2時間余りの運動会が大歓声の中で繰り広げられました。
天候にも恵まれて、子供たちはどの子も目を輝かせて真剣に取り組んでいて、大いに盛り上がっていました。
二人三脚(六人七脚も有りました)では足が合わずにいきなり転倒したり、歩くのが面倒でジャンプで進んだり、或いは転倒した仲間を引きずり回したりと、見ているこちらとしては大笑いの連続でした。
綱引きでは、超ロングサイズの綱に子供たちが纏わりつき、男の子と女の子に別れてしのぎを削り、圧倒的な強さの女の子達の前に男の子達は為す術も無く、地団駄を踏んで悔しがります。女の子達は破顔一笑で、心の底から勝利を祝います。
何処の国も、女の子が強いのは一緒ですねえ。

今回は、たまたまこの時期にカンボジアに見えていた三重県の後藤夫妻(「アキラ地雷博物館・日本人応援団」に参加して頂いています)とご一緒させて頂いたのですが、同じく応援団の一人で、大阪の救急救命士・高橋さんが「スロラニュ・プロジェクト」から救急の講習会依頼を受け、前日に子供たちや保護者を対象にこの学校で講習会を開いていて、この日も招待されていたので一緒に見学しました。
子供たちの笑顔が本当に素敵で、私も含めて見ている全員が心から癒されました。
日本の子供も勿論可愛いですが、カンボジアの子供の笑顔は飛び切りです。
本当に楽しい半日を、過ごさせて貰いました。感謝で一杯です。

選挙戦、運動会ともに大変な盛り上がりを見せたカンボジア。
この選挙の結果、カンボジアの民主主義がより良い発展を遂げ、子供たちの笑顔が保証される国となる事を願わずにはいられません。




校門
「スロラニュ小学校」校門

玉いれ
玉入れ

仲間集め
集まれ集まれ

6人7脚
二人三脚

6人7脚2
六人七脚

客席
声援を送る子供たち

こども
ピースサイン

すべり台
滑り台からの声援



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村



  1. 2013/07/28(日) 05:30:56|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

7月25日(木)

本日最初のお客様は
オーストラリア在住の星野さん夫妻
オーストラリア・シドニー在住のkeiko&Ivailoさん御夫妻でした。何と1週間前に結婚されたばかりの新婚さんで、新婚旅行としてカンボジアに、しかも博物館をお訪ね下さいました。
どうぞ、末永くお幸せに・・・。

次にお越し下さいましたのは
兵庫の和田さん一家
兵庫の和田さん御一家でした。
夏休みを利用して、中学生と小学生の息子さんを連れてお越し下さいました。御両親とも非常に熱心に説明を聞いて下さいました。御両親の思いが、必ず2人の息子さんにも伝わるでしょう。


7月26日(金)

本日の最初のお客様は
東京の栗田さんと上木田さん
東京の栗田さんと上木田さんのカップルでした。
時間が余り無い中、熱心に耳を傾けて頂きました。

次にお越し頂いたのは
沖縄の大城さんと根布谷さん
沖縄の中学で同級生だった、千葉の根布谷さんと沖縄の大城さんでした。
1時間たっぷりガイドさせて頂きました。

今週は比較的お客様は少なかったですが、お出で下さった皆様はどなたも熱心な方ばかりでした。
今後とも何卒宜しくお願い致します。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/27(土) 01:11:42|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シェムリアップの孤児院訪問

s-P1040395.jpg
「ACODO」の子供たちによるクメール伝統の踊り



7月21日(日)

本日は参院選投票日。
日本の皆さん、是非投票に行って自らの1票の権利を行使して下さいね。

さて今日の話題は、先日見学に行きましたシェムリアップの孤児院「ACODO」についてです。
今月の10日に、前にこのブログにご登場頂いたバッタンバン在住の岩田亮子さんがシェムリアップに来られていたので、この孤児院での子供たちの踊りを見学に、ご一緒させて頂きました。
この「ACODO」について最初に私が知ったのは、博物館に来られたお客様からの情報でしたが、その後あちこちにパンフレットが置かれているのを目にしました。
この孤児院は2008年にカンボジア人によって設立されたもので、両親が居ないか或いは片親だけの子、親による虐待や性的被害者、薬物中毒、HIV陽性の子、家が貧しい子その他総勢76人の子供たちが現在収容されていて、色々の国のボランティアスタッフが運営を手伝っています。
場所は、街の中心部からトンレサップ湖に向かう「ワニ園」の少し先に有り、夕方6時に行くと、スタッフが館内を案内してくれ、6時半から1時間に渡って子供たちによるクメール伝統の踊りが無料で披露されます。
子供たちは日頃からしっかり練習を積んでいて、中々に見応えのあるショーでした。
ここの子供たちも、博物館のリリーフセンターの子供たち同様、何らかのハンディを背負った子供たちばかりですが、みんな表情豊かで活き活きしていて、どの子も大変人懐っこくいい子ばかりであり、この孤児院での教育プログラムの充実ぶりが伺えます。

カンボジアには、ここを含めて多くの孤児院が有ります。
日本人が設立したものを始め、他の国のNGOや個人、カンボジア人の手によるもの様々です。
それだけ恵まれない子供たちが多いという事でしょうが、中には金儲け主義に走っている施設も有る様ですので、注意が必要です。
大抵の施設がドネーションに頼って運営されていますので、寄付する方もそのお金が子供たちの為に有効に使われているのか、そうでないのか見極める必要が有りますが、ここの施設はその点問題有りません。

この「ACODO」のもう少し先には、日本人が設立した孤児院「だるま愛育園」が有ります。
ここも以前訪問した事がありますが、設立者は奈良・東大寺の元住職で75歳になる内田弘滋氏です。しかし脳梗塞の為現在車椅子生活であり、代わって奥さんのソリカさんが運営されています。
ここにも約60人の子供たちが居て、予約していくとやはりその子供たちによるアプサラダンスショーを見せてくれます。


s-P1030180.jpg    s-P1030173.jpg
子供たちのよるアプサラダンス

s-P1030167.jpg    s-P1030181.jpg
                       内田弘滋さん、奥さんのソリカさんと子供たち

その他にもシェムリアップには、日本人・メアス博子さんが設立された「スナーダイ・クマエ孤児院」が有りまして、「だるま愛育園」と共に「地球の歩き方」やHISの企画したスタディツアーに組み込まれているので、大勢の日本人客が訪問している施設です。
「スナーダイ・クマエ孤児院」はまだ訪問した事がありませんので、近い内に一度訪問させて頂きたいと思っています。

カンボジアのこの様な施設が、あまり必要で無い日が早く来るといいですねえ。



s-P1040364.jpg

s-P1040413.jpg

s-P1040424.jpg

s-P1040434.jpg
「ACODO」での記念撮影(岩田亮子さん、赤澤靖生さん、川広と子供たち)


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村



  1. 2013/07/21(日) 10:34:04|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

本日のお客様

7月16日(火)

本日来館頂いたお客様のトップバッターは
APEXツアー
APEXツアーに御参加の兵庫の森山御夫妻、長野の野澤さん、千葉の鶴見さん、東京の北浦さん、神奈川の木村さん、草地さんでした。
この時御一緒に、一組の御夫婦が説明を聞いて下さったのですが、写真は有りません。

次にお出で頂きましたのが
東京の西田さん
東京の西田さんでした。非常に熱心に説明を聞いて頂きました。

そして、その次にお越し頂いたのは
愛知の足立さんと石原さん
愛知の足立さんと石原さんでした。

次が
匿名2
匿名希望のお二人。

更に次にお出で頂いた方も
匿名1
匿名希望のこの方でした。

本日お越し頂きました皆様、有難うございました。今後とも宜しくお願い致します。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/17(水) 11:59:26|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

憲法9条について

7月14日(日)

先週はカンボジアの選挙について書きましたが、今週は日本の選挙について書きます。
今日本でも、来週の投票日に向けて激しく選挙戦が戦われている事でしょう。
アベノミクスの評価とか、原発問題、近隣諸国との外交問題とか争点は様々ですが、
とりわけ今回の参院選においては憲法改定が主要な争点となっています。
安倍首相はかねてより所謂タカ派で、保守色を強く打ち出しています。
前回の首相時代も教育基本法を改悪し、「愛国心」や「伝統の尊重」と言った復古調を盛り込み、ナショナリズムの高揚を図る内容のものとしましたが、今度はいよいよ「憲法9条」の改悪に踏み切ろうとしています。
私は大学時代法学部で、憲法ゼミを取得しました。ですから憲法には殊更関心が有ります。
私は今の憲法、特に9条は世界に誇るべき宝だと思っています。
憲法は前文で恒久平和を、そして9条1項、2項で戦争放棄と戦力の不保持を謳っています。
これは先の大戦で多くの犠牲を払った日本人が、唯一手に入れた珠玉の宝石です。
改憲派は、今の憲法はアメリカに押し付けられたものであるから、独立国として自前の憲法を持たなければならないとよく主張しますが、そのアメリカは今、憲法9条の改悪を強く望んでいます。同盟国として日本にも軍事力による相応の負担をさせたいと願っています。ですから、今憲法を変えると言う事は、それこそアメリカの押し付けに屈する事になります。

国際紛争を武力で解決しようとして解決出来ないのは、今のアフガニスタンやイラクを見れば明らかです。軍拡に明け暮れれば、やがて世界は滅亡します。
人類はこれまでずっと紛争を続けて来ましたし、これから先も世界から紛争は無くならないでしょうが、それを武力で解決しようとするのか、それとも他の方法で解決を図るのか、
ここが大きな分かれ目です。
人類が滅亡しない為には、今の朝鮮半島情勢だとか中国問題だとかの現実の世界を近視眼的に見るので無く、ずっと先に目を据えて、どちらに進んで行くのか考えなければなりません。
そしてこの点において日本は、世界をリード出来る立場にあるのです。
唯一の被爆国であり、戦争放棄を謳った憲法を有する国として・・・。
一国平和主義だとかの批判に屈する必要は有りません。日本は自国の平和のみを追求するのでは無く、それを世界に広めて行こうと努力すればいい訳です。
世界の中の一国に埋没して、普通に戦争の出来る国を目指すのか、それとも理想を掲げて他国をリードし世界平和に尽くすのか、どちらの道に進むのか我々日本人が今試されています。


国際紛争を武力でなく、他の方法で解決する手段として非常に興味深い提案がされていますので、紹介します。
これは、国連PKO職員として東チモールやアフガニスタンで武装解除を指揮し、現東京外国語大学教授である伊勢崎賢治氏による著書です。
     『アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる』
     『自衛隊の国際貢献は憲法9条で』
            何れも2010年「かもがわ出版」より発刊


今回は随分硬い話しになりまして、申し訳有りませんです。
次回からは又いつもの如く砕けて参りますので、引き続き宜しくお願い致します。




後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/14(日) 07:37:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日のお客様

7月8日(月)

本日お越し頂いた日本人のお客様は、4組のみでした。
トップバッターは
CMCカンボジア地雷撤去キャンペーン
一般財団法人「カンボジア地雷撤去キャンペーン」(CMC)の大谷理事長とスタディツアーに参加された皆様でした。
CMCは福岡に拠点を置き、今年が設立15年目であり、アキラ氏に対して長年に渡って支援を続けて下さっています。
何人かの方は買い物中で、写真には写っていませんが、皆さんには最初ビデオを御覧頂き、その後1時間に渡ってたっぷり説明をお聞き頂きました。

同時にお越し頂いて、一緒に説明をお聞き頂きましたのは
佐賀の3人
佐賀のNPO法人「カンボジア教育支援フロム佐賀」の石井理事とスタディツアーに参加された佐賀の横尾さん、
小山さんでした。この3人のお客様も大変熱心に説明をお聞き頂き、後からビデオも御覧頂きました。

もう一組男女カップルに説明をお聞き頂いたのですが、写真は辞退されました。

その後神奈川の若い女性にガイド致しましたが、写真は辞退されましたので、本日掲載の写真は2枚だけです。
悪しからず。

本日お越し頂きました皆様、有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。




後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/10(水) 12:46:28|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンボジアの選挙

選挙応援団
車とバイクによる大応援団のパレード


7月7日(日)

先日遂に、犬の肉を食べちゃいました。
カンボジア人の友達に、それとは知らずに連れて行かれた店が犬肉店。
出された肉を見て「これ何の肉?」と尋ねると、すかさずイ・ヌ。
オ・ヨ・ヨ(桂三枝改め文枝風に)。
何ら心の準備が出来ていないままに、いともあっさりワンチャンを食べる事になってしまいました。
緊張の為か、美味いとも不味いとも感じませんでしたが、カンボジア人が言うには、この犬肉は胃の病気に効果が有るのと同時に、強壮剤的効果が有り、男性が元気になるとの事でした。道理で店の中は、男性客で一杯でした。

犬肉   犬肉を食らう
犬肉                     犬肉を食らうカンボジア人の友達


さて、今回のテーマは、その犬では無く人間です。人間が行う選挙です。
日本でも今、参議院選挙の真っ最中ですが、ここカンボジアでも今が正に5年に1度の総選挙「国民議会議員選挙」の真っ只中で、先月27日から今月26日までの選挙戦を経て、28日に投票が行われます。
それぞれの陣営では大応援団が結成され、街中を始め田舎でも、連日スピーカーから流れる音楽や演説の音が響き渡っています。
時には大勢の応援団が、車、バイクで祭りの神輿行列の如く大パレードを繰り広げています。文字通りお祭り騒ぎです。

前回2008年7月の第4回総選挙では、フンセン首相率いる「人民党」(CAMBODIAN・PEAPLES・PARTY)が90議席と圧勝し、シハモニ国王の異母兄弟・ラナリット氏が率いた「フンシンペック党」が2議席、元蔵相率いる「サム・ランシー党」が26議席だったそうですが、今回はどうなりますか?
王党派の「フンシンペック党」は、党首がラナリット氏から妹さんに替わり、「サム・ランシー党」は「人権党」と合体して「救国党」(CAMBODIA・NATIONAL・RESCUE・PARTY)となり今回の選挙戦を戦っています。その他にも幾つかの政党が有るようですが、他の党は殆ど目にしません。
この国の選挙がどれ位民主的なのかはよく分かりません。買収、供応も恐らく普通に行われているでしょうし、公務員は政権党の締め付けを受けているでしょう。

人民党   フンシンペック党   知らない政党
人民党                     フンシンペック党                      ?

カンボジアレスキューパーティ   救国党
救国党(カンボジア・レスキュー・パーティ)    左に同じ

しかし、それでも投票する事は大事です。
選挙と言うのは国民主権の基本原則であり、人類が築き上げた叡智です。
社会を変革する手段として、暴力を用いるので無く、多数決原理に従って投票によって自分達の代表を選び、その代表に国の舵取りを託す。これが議会制民主主義であり、国民が主人公として国を動かす方法です。
普通選挙権は、富める人も貧しい人も、男も女も、共に公平に1票を行使する権利で、これは先人達が長い間の戦いで勝ち取ったものです。
勿論まだまだ欠陥も一杯有ります。
カンボジアよりは民主主義が発達しているであろう日本だって、小選挙区制などと言う民意を全く反映しない選挙制度が取り入れられていたり、議員職を家業として引き継ぐ世襲議員、或いは特定の利益集団を代表する族議員が多くのさばって居たりと、これが本当に民主主義?と首を傾げたくなるところも一杯有ります。
ましてや、カンボジアはまだまだ発展途上の国ですから、選挙の欠陥も多いと思います。
しかし繰り返しますが、それでも投票は大事です。自分達の権利を行使して欲しいと思います。

カンボジアの方が日本より優れた点も多々有ります。
まず日本より、投票率が遥かに高いです。
去年の6 月に地方選挙が有りましたが、投票を終えて帰って来た人の指には黒いインクが。
このインクは1週間位消えないそうで、主目的は二重投票を防ぐ為だそうですが、これだと棄権すると一発で分かりますから投票率も上がるでしょう。
賛否両論有るでしょうが、私は投票率を上げる為の有効な手段だと思います。

黒いインク
二重投票を防ぐ為の黒いインク

それから、この国では18歳から選挙権が与えられていますが、これにも私は賛成です。
より多くの人が国政に関わって、国を良い方向に持って行く手段としての投票権を行使して欲しいと思います。

しかし、そうは言うものの、それにしても喧しいなあ。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/07(日) 09:23:54|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

7月5日(金)

今日は午後から断続的な雨に見舞われ、雨季の今時分らしい天候でしたが、そんな中5組のお客様にお出で頂きました。
最初のお客様は
長野の堀地さん他
長野の堀地さん、平野さん、井出さん、加藤さん、百瀬さんの女性5人組でした。
余り時間が無い中で、熱心に説明を聞いて頂きました。

その長野の女性5人組と一緒に話しを聞いて頂いたのが
京都の木村さん
京都の木村さんでした。難民を助ける会」(AAR JAPAN)の活動を支援されていらっしゃるそうです。

その次にお出で頂いたのは
劇団「バッコスの祭」
東京の劇団「バッコスの祭」の愛梨さん、丹羽さん、辻さん、金子さんの4人組でした。
こちらも熱心に、私の話しに耳を傾けて下さいました。

その次は
大阪の丸山さんと橋爪さん
大阪の丸山さんと橋爪さんのお二人でした。
非常に長時間、お付き合い頂きました。

大阪のお二人にガイドしている間に、前に博物館に来て下さった神奈川の高橋さん(カンボジア長期滞在中)が、男性4人を連れてやって来てくれ、彼女自身がガイドをしてくれました。
残念ながら、写真は撮れませんでしたが。

本日お越し頂いた皆様、本当に有難うございました。今後とも博物館への応援宜しくお願い致します。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/06(土) 08:08:45|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日のお客様

7月1日(月)

本日は天気は良かったのですが、残念ながらお客様はお二人のみでした。
最初にお越し下さったのは
東京の内田さん
東京の内田さんでした。

続いてお越しになられたのは
アメリカ在住の室さん
アメリカ在住の室さんでした。お二人一緒に説明をお聞き頂きました。

後は暇な一日でした。ハンモックに揺られながら、のんびり読書に耽っていました。



7月2日(火)

今日も一日快晴でした。
最初のお客様は
大阪の野口さんとお仲間
大阪の野口さんとお仲間の女性でした。

次にお出で頂いたのは
リラ・リゾゲストハウス
「リラックス・リゾートゲストハウス」にお泊りのお仲間で、神奈川の浅井さん母子、東京の吉野さん、プノンペン在住の萩原さんの4名様でした。

最後にお出で頂いたのは
写真専門学校
東京・渋谷の「日本写真芸術専門学校」の先生と生徒さんのグループでした。
もう何年も前から、研修で博物館に来て下さっていて、三省堂から出版されている本「アキラの地雷博物館とこどもたち」の運び屋ボランティアもして下さった事があるそうです。


昨日と今日お越し下さった皆様、大変有難うございました。又のお越しをお待ちしております。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村
  1. 2013/07/03(水) 03:23:16|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0