FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

本日のお客様

8月28日(水)

今日も、大変大勢の日本人のお客様にお出で頂きました。
団体客が多くてもう収拾がつかなくなり、何組かの団体客、また個人客をスルーしてしまいました。
その内で、何とか対応させて頂きましたお客様を御紹介致します。

まず最初のお客様が
東京の小島さん親子
東京の小島さん親子です。
お出で頂いた直後に団体が押し寄せた為、途切れ途切れの説明になってしまい、申し訳無く思っています。

次が
近畿大学経営学部の皆様
予約頂いていた近畿大学経営学部の皆様でした。
学生の皆様を引率頂いた金准教授には、5月に下見にお出で頂いていました。

次は、近畿大学の皆様と重なりましたが
国際協力NGO「ボランティアプラットフォーム」企画のステディツアー参加の皆様
国際協力NGO「ボランティア・プラットフォーム」企画のステディツアー参加の皆様でした。
同団体は、この後にももう1組、別のグループが来館されましたが、対応出来ませんでした。
同団体は月曜日から連日来館下さっています。

次にお出で頂いたのも、事前に予約頂いていました
福岡の一般財団法人CMC「カンボジア地雷撤去キャンペーン」企画のステディツアー参加の皆様
福岡の(財)CMC「カンボジア地雷撤去キャンペーン」企画のスタディツアー参加の皆様でした。
ここまでが午前中のお客様でしたが、この他にも何組かのお客様がお出ででした。

この後午後から
三重の川井さんと荒川さん
三重の川井さんと荒川さんのお二人でした。

そのお二人と重なってお出で頂いたのが
(財)日本アジア交流財団(JAEF)企画のスタディツアーに参加の皆様
(財)日本アジア交流財団(JAEF)企画のスタディツアーに参加の皆様でした。
こちらも事前に予約頂いていました。

対応出来なかったお客様には申し訳無く思っています。
本日お越し頂きました全てのお客様に、心よりお礼申し上げます。今後とも何卒宜しくお願い致します。




後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 22:22:11|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「日本ユネスコ協会連盟」の皆様が来館

全員の記念撮影
ユネスコ協会の皆様と子供たちとの記念撮影


8月25日(日)

先週の日曜日に、「厚木ユネスコ協会連盟」と「杉並ユネスコ協会連盟」の合同チーム10名の皆様が博物館に来て下さり、「リリーフセンター」の子供たちと一緒に料理を作ったりゲームをしたりして、子供たちにとっても楽しいひと時をプレゼントしてくれました。
今日のブログは、その時の様子を記そうと思います。

「日本ユネスコ協会連盟」は、UNESCO憲章の理念に共鳴し二度と戦争を起さないために、戦争をしない人間を作る教育、お互いを理解するための文化を守る活動を行っています。
なお、日本ユネスコ協会連盟はUNESCOや日本ユネスコ国内委員会(文部科学省内)と連携・協力して活動も行っていますが、これらの下部組織ではなく、財政を含めて独立した民間の組織(NGO)で、歴代会長は全て民間人です。
現在は全国約270のユネスコ協会の連合体として活動を展開しています。
主な活動は、途上国での教育支援「世界寺子屋運動」、国内外の身近な文化・自然を守り伝える「世界遺産・地域遺産活動」、日本の文化を未来につなぐ「未来遺産運動」、青少年に対する国際理解教育を推進する「青少年活動」です。

以上は、「公益社団法人・日本ユネスコ協会連盟」のホームページからの引用です。
当団体には今年の3月にも、JTBが主催する大学生のスタディツアーに協力する形で大勢の大学生を博物館に連れて来て頂きましたが、今回は協会会員の皆様御本人達の訪問でした。

当日の9時半に来館され、まず持って来た材料を使って「リリーフセンター」の子供たちと一緒にカレー作りに励まれました。
お出で頂いた10名の皆様は大半が大学生でしたが、包丁捌きも手際良くジャガイモの皮を剥いたり、玉葱を刻んだり。子供たちもお姉さん達の指導を受けながら手伝います。
そして、料理が出来上がるのを待つ間、杉並ユネスコ協会副会長の板倉さんが、得意のウクレレ伴奏で子供たちに日本の歌を教えます。「ふるさと」や「涙そうそう」などなど。お姉さんが、フラダンスも披露してくれました。
そしてやがて料理が出来上がり、みんなで楽しい食事会。
カンボジアでは、みんな揃ってさあ食事開始・・と言う事はまず有りませんが、今日は全員の料理がテーブルに揃うのを待ってから、一斉に「いただきます」。そして終わりは「ごちそうさま」。
子供たちも、今日でこの2つの言葉をしっかり覚えました。
食事の後は、広場に移動してゲームを楽しみました。
「人間知恵の輪」「じゃんけんゲーム」「集団新聞紙乗り」など。
チームに分かれて勝敗を競うので、どのチームも負けてなるものかと必死です。勝ったチームは大喜びですが、負けたチームは見る影も有りません。子供たちよりもむしろお兄さん、お姉さんが落ち込んでいました。
そんなこんなで子供たちとの楽しい触れ合いの時を過ごして頂いた後、博物館内を見学して頂き、結局全て終了したのは15時頃。ほぼ一日中博物館で過ごして頂きました。
本当に楽しい時間を有難うございました。
子供たちに成り代わって、厚くお礼申し上げます。


カレー準備
料理作り

準備中
調理指導

ウクレレ演奏
食事前の歌唱指導

食事開始
いざ食事開始

記念撮影
着ぐるみお兄さんとの記念撮影

人間知恵の輪
ゲーム「人間知恵の輪」

じゃんけんゲーム
「じゃんけんゲーム」

新聞紙乗り
「集団新聞紙乗りゲーム」

歌の披露
歌の披露


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/25(日) 11:20:46|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日のお客様

8月22日(木)

本日も、大変多くのお客様にお出で頂きました。
写真を撮らせて頂きましたお客様だけでも11組60人ですが、この他にも写真を辞退されたり、忙し過ぎて対応出来なかったお客様もいらっしゃいますので、実際は、今日一日だけで15組以上のお客様にお出で頂きました。

秋田の三井さん
秋田の三井さん

久留米大学御一行
久留米大学の皆さん

神奈川の岩井さんと千葉の庄司さん
神奈川の岩井さんと千葉の庄司さん

三重の道藤さん御一家
三重の道藤さん御一家

岡山の枝本さんと河瀬さん
岡山の枝本さんと河瀬さん

兵庫の鳥井さん
兵庫の鳥井さん

大阪の加藤さんと納所さん
大阪の加藤さんと納所さん

明星大学BUKAS
明星大学BUKASの皆さん

カンボジア王国観光省日本地区代表・加藤氏とJHCガイドのお二人
カンボジア王国観光省日本地区代表・加藤氏とJHCガイドのお二人

日本カンボジア交流財団スタディツアー
アンコール大学・松岡教授と「日本アジア交流財団」スタディツアー参加の皆さん

愛知の梅木さんと岐阜の市橋さん
愛知の梅木さんと岐阜の市橋さん


本日御来館頂きました皆様には、心よりお礼申し上げます。今後とも何卒宜しくお願い致します。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/23(金) 06:38:37|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アキラ地雷博物館」関係者の結婚式と卒業パーティの模様

卒業パーティ
高校卒業パーティで挨拶するアキラ氏

8月18日(日)

今週は、非常に忙しく、せわしない一週間でした。
先ず12日(月)はCSHD隊員の結婚式、13日(火)は博物館に、半年前から予約の「日本赤十字社山形支部」の高校生スタディツアーの一行がやって来たのでその対応をし、14日(水)は「リリーフセンター」の子供たちの高校卒業パーティ、15日(木)は大変大勢の日本人客の対応に追われ、夜は「HUGS」志村氏並びに岡山からやって来ていた綱澤さん一家との会食を楽しみ、16日(金)も同様に日本人客の対応に追われ、17日(土)は友人である氏本さんの家の出産祝いに出席し、また夜はカンボジア人の友人とカラオケに興じ、そして本日18日(日)も、本来は休むところを、これも予約のユネスコ協会連盟の会員10名がやって来て「リリーフセンター」の子供たちと触れ合い、一緒に料理を作ったりゲームを楽しんだりすると言うので出勤し、一日中博物館で過ごしました。

てなわけでホントに目の回る忙しさでしたが、そんな中にあってもキッチリ酒を浴びる程飲み、カラオケに興じ狂っていまして、個人的快楽追求を忘れる事はありませんでしたが・・・デヘヘ。


本日の話題は、その中の12日に行われたCSHD隊員の結婚式と、14日の「リリーフセンター」の子供たちの高校卒業パーティの模様です。

結婚したのはポーイと言って、地雷で片目と片腕を失っている23歳の青年です。
半年程前からデマイナー(地雷撤去人)となり今現在は地雷撤去活動に携わっていますが、その前は「CSHD」の事務所で警備担当をしていまして、他の事務所スタッフ3人と一緒に私が約1年間日本語を教えていた時の教え子です。
そのポーイの実家が有るアンロンベンで結婚披露パーティが行われると言うので、アキラ氏やビルさん、ジルさん、他のスタッフと一緒に出席しました。
アンロンベンと言うとポルポト終焉の地であり、ポルポト政権が崩壊した後もポルポト派が実効支配していて、政府軍及びベトナム軍との間で激戦が繰り広げられた所です。
ポーイが生れたのは1989年ですから、ベトナム軍は引き上げますが政府軍との間で戦闘が続き、その中で数多くの地雷が埋設されました。
ポーイはそんな中で幼少期を過ごし、2002年12歳の時、その地雷によって右手と左目を失いました。
そしてその翌年にアキラ氏から博物館に来る様誘われて、両親の元を離れ博物館で育てられました。
そんな過酷な人生を生きていますが、性格は至って明るく常に前向きです。
半年前、結婚する為の資金作りがしたいと言うことで、アキラ氏に懇願して不自由な身体に拘わらずデマイナーになりましたが、こんなに早く結婚するとは思ってもいませんでした。
パーティ会場で見たポーイの嬉しそうな顔を思い出すと、私も胸が熱くなります。


s-P1040896.jpg

s-P1040880.jpg

s-P1040895.jpg


もう一つの話題は、高校卒業パーティです。
今年は「リリーフセンター」のグーン、ソナー、ソトゥン、チャーリアーの女の子ばかり4人と、「CSHD」事務所で警備担当をしているアラの合計5人が高校を卒業します。
今月の5日から7日まで3日間に渡って、シェムリアップの「アンコール高校」など3校で、シェムリアップ州内全域の高校3年生が卒業検定試験を受け、結果発表は今月末だそうですが、もう全員合格して卒業すると見越して14日(水)に、博物館内の「リリーフセンター」敷地内にテントを張り、盛大な卒業パーティを行いました。
アキラ氏も地雷原から戻って来て、子供たちにお祝いメッセージを伝え、プレゼントを贈呈しました。
卒業する子供たちは年齢はバラバラで、18歳から24歳までいますが、みんなお互い励ましあいながら勉強を続けて来て、この日を迎える事となりました。
この先の進路はまだ決まっていませんが、多くが10月に行われる大学の入学試験や専門学校の試験を受ける事になると思います。
去年も3人が卒業し、2人は大学に、1人は看護士専門学校に進学しました。
ここ「リリーフセンター」の子供たちは、生まれつき障害を持っていたり、孤児であったりとそれぞれが何らかのハンディを背負っている訳ですが、そんなハンディを物ともせず、みんな明るく素直ないい子たちばかりです。
今年卒業する5人が、みんな幸せな旅立ちをする様私も祈っています。


s-P1040942.jpg

s-P1040967.jpg

s-P1040983.jpg



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/20(火) 04:45:05|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

8月15日(木)

今日は日本の終戦記念日であり、お盆でもあります。
お盆休みを利用して海外に出掛けられた方も多い様で、カンボジアにも大変大勢のお客様がお出でになられた様です。
私は今日はビルさん、ジルさん、他のCSHDスタッフと一緒に、コンポントムの地雷原に行く予定でしたが、予約が入った為急遽予定を変更して、博物館に出る事にしました。が・・・正解でした。
博物館にも20組以上の団体、個人のお客様にお出で頂き、大変充実した一日となりました。
その中で、最初のお客様は
JEPSボランティアツアー
予約を頂いた「地球の歩き方」JEPS企画のボランティアツアー「CSHDカンボジアの村を支援する活動8日間」に参加の皆様でした。実は私も3年前、このツアーに参加して博物館を訪問したのが、今の活動のきっかけとなりました。

次にお出で頂いたのは
京都の渡邊夫妻
京都の渡邊夫妻です。

秋田、東京の伊東さん母娘
秋田、東京の伊東さん母娘

宮崎の山下夫妻
宮崎の山下夫妻

神奈川の佐藤夫妻
神奈川の佐藤夫妻

富山の小黒夫妻
富山の小黒夫妻

兵庫の浜辺夫妻
兵庫の浜辺夫妻

福岡の霜田夫妻
福岡の霜田夫妻

長野の田嶋さん一家
長野の田嶋さん一家

東京の酒井さん
東京の酒井さん

大阪の池内さん
大阪の池内さん

西遊ツアー
西遊ツアーに参加の皆様

綱澤さん
岡山の綱澤さん親子。8月3日に続いて2回目の御訪問でした。

その次が
岡山、広島、福岡
岡山の林さん、広島の森さん、福岡の有江さん

大分の武田さん
大分の武田さん

大阪の石田さん
大阪の石田さん

大阪の中田さんと阪口さん
大阪の中田さんと阪口さん

大阪の日下さん家族
大阪の日下さん家族

この他にも何組かのお客様がお出ででしたが、対応出来ませんでした。
本日お越し頂きました皆様、大変有難うございました。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/16(金) 19:30:26|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

8月13日(火)

今日は前々から予約の有った、日本赤十字社山形県支部の企画する高校生スタディツアーの御一行15名が、リリーフセンターの子供たちにリュックサックや文房具セットなど沢山のおみやげを持って訪問して下さいました。
5名の高校生の他に先生2名、報道関係3名、赤十字社3名、添乗員1名、それにカンボジア人ガイドが1名の総勢15名様でした。
昨年も同様に、この時期に訪問して下さいました。
子供たちにプレゼントを持参して下さった他にも、相互に歌を披露し合ったり、ダンスを踊ったりと楽しいひと時を博物館の子供たちにプレゼントしてくれました。

1

2

3

4

5

6

7

本日は、この日赤の皆様の他にも、個人、団体含めて10組以上の大勢の日本人のお客様に訪問頂きましたが、代表して日赤の皆様だけに、このブログに御登場頂きました。
他の皆様、悪しからず御了承下さいませ。
本日お出で頂きました皆様、大変有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。




後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/14(水) 02:51:36|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ホープ・オブ・チルドレン(HOC)」でのアキラ氏講演会

記念撮影
HOCでの記念撮影


8月11日(日)

バイクの後部座席に跨って、大きな荷物を抱える女性たち。荷物は固定していなくてユラユラ、グラグラ。
カンボジア人のこうした姿にいつも感心させられます。
一体恐くないんでしょうかねえ。子供でも飛び出して来て、運転手が急ブレーキでも踏もうものなら、絶対振り落とされますけどねえ。

荷物を抱える女性1   荷物を抱える女性2


さて今週の話題は、先週の日曜日に行いました、孤児院の子供たちに対するアキラ氏講演会の模様です。
その孤児院とは、バッタンバンの地にて僧侶のムニー氏が1992年に設立し、あの岩田亮子さんが2009年から手伝っている「ホープ・オブ・チルドレン(HOC)」です。

今年の5月、私が始めて岩田さんを孤児院にお訪ねした時、是非とも子供たちの為にアキラ氏講演会を開いて欲しいと強く要請されていました。
その後何とか要望に応えようと、私もアキラ氏に拝み倒していましたが、中々忙しい人ゆえ日程調整が付かず、どうしたものかと頭を悩ましていたところ、やっと時間が空いたとの福音に接し、この日の開催に漕ぎ着けたものです。
アドバイザーとして博物館の運営に携わっているアメリカ人のビルさん、ジルさん夫妻も同行してくれるという事になり、ビルさんの運転する車で4人で出掛けました。

孤児院に着くと、庭はすっかり田んぼになっていて、稲の苗が植えつけられていました。
5月に見た時には只の荒地だったところが・・・。
子供たちの食料自給の足しにする為、岩田さんとムニー氏、それに子供たちも手伝って田植えをした様です。農業経験の全く無いお二人が、トラクターで土を掘り返し、水を張って1本1本手で苗を植えていった様子を想像すると、本当に頭が下がります。

荒地
ただの荒地

田植え後
田植え後

昼前に到着して、子供たちと一緒にまず食事を振舞われましたが、子供たちは食事の前にお祈りを捧げます。ムニー氏が僧侶だけに、そこはしっかり躾けられています。

食事準備
食事準備

食事中
食事中

食事後12時半位からまずビル氏がプロジェクターを使って映像を流し、それからアキラ氏の講演が始まりました。
25人位の子供たちが、真剣なまなざしでアキラ氏の口元を見つめています。
クメール語なので、アキラ氏が何を話しているのか私にはサッパリ分かりませんでしたが、1時間位の間、時に笑いを誘いながら子供たちに自分の少年兵時代のこと、現在行っている地雷撤去活動などの話しをした様です。
子供たちの心に、今の平和が如何に尊いものなのかが、しっかり刻み込まれた事でしょう。
子供たち、及び岩田さんもこの講演会に満足してくれた様ですが、私にとっては、岩田さんによるミッションがクリア出来た事が何よりの喜びでした。
やっと肩の荷が下りました。満足、満足。
しかしこの後、岩田さんとアキラ氏、ビルさん、ジルさんによる雑談が行われましたが、英語ゆえ又しても私にはサッパリ分からず。
岩田さんは元スッチーだけあって英語はペラペラの為、みんなと普通に会話を楽しんでいますが、同じ日本人である私は蚊帳の外。
普段は英語が出来なくてもそれ程困らないのですが、こうした時には大変落ち込んでしまいます。
やはり海外で生活する以上、英語は必須とつくづく感じました。
喜んだり落ち込んだりの一日が、こうして幕を閉じました。ちゃんちゃん。


講演するアキラ氏
講演するアキラ氏

講演中
講演中

雑談
雑談中

子供たち
子供たち


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/11(日) 08:56:31|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のお客様

8月8日(木)

本日の最初のお客様は
群馬の天田さんと藍澤さん
群馬の天田さんと藍澤さんのお二人でした。
時間が余り無くて駆け足でのガイドになってしまい、申し訳有りませんでした。

次にお出でのお客様は
匿名さん
匿名さん

そして少し遅れて
愛知の三宅さん
愛知の三宅さんでした。

次に来られたお客様は
スケッチトラベル
スケッチトラベル・ツアーに参加の東京のゆうきさん、大阪の加藤さん、和歌山のはるかさん、東京の杉山さんでした。
ピンボケでごめんなさい。

その次が
リラリゾ
「リラックス・リゾート・ゲストハウス」にお泊りの徳島の吉田さん、高橋さん、福岡の相良さん、栃木の山本さん、北海道の中川さんでした。
2組別々に来られて、偶々こちらで一緒になりました。

最後にお出で下さったのが
東京の三浦さん一家
東京の三浦さん御一家でした。御主人もいらしたのですが、写真には登場されませんでした。

本日お越し頂きました皆様、有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い致します。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/09(金) 01:37:57|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後藤夫妻と共に行く「カンボジア・ミニ・ツアー」

後藤夫妻と浦田さん
一二三教室にて 後藤夫妻と浦田さん


8月4日(日)

レストランの看板   レストランの中今年の3月頃、博物館の直ぐ近所に日本人が支援している「ヴィセート・ガルナー・レストラン」がオープンしました。このレストランは、その売り上げでもって、村の貧しい人々をサポートしたり、子供たちに日本語を教えたりしている様です。

プロダックまた、博物館に向かう途中のプロダック村に、現在「カンボジアの恵まれない子供たちをサポートする会」の事務所?が建設中ですが、これにも日本人が関わっている様です。日本人も色んな場所で頑張っていますねえ。

さて今週の話題は、先週のブログ「元気を貰ったスロラニュ小学校運動会」にも御登場頂いた、日本からのお客様後藤さん御夫妻と一緒に行った思い出の場所あれこれです。
後藤さん御夫妻は三重県からお越しで、御夫婦共に「アキラ地雷博物館・日本人応援団」の応援団員にもなって頂いていて、私にとって大変VIPなお客様です。
7月12日から20日までカンボジアに滞在されて、その間お二人だけでバッタンバンの岩田亮子さんの孤児院「Hope Of Children」も訪問されましたが、私もシェムリアップ州内の何箇所かに同行させて頂きました。
まずは、カンボジアの子供たちの為に絵本をどっさりお持ち頂いたので、それを届ける為に訪問したのが、「一二三教室」「山本日本語学校」「ワットボー小学校」「IKTT伝統の森」etc。


一二三先生、峯村さんと
後藤さんと一二三先生、峯村さん 

山本学校
山本日本語学校にて

森本さんと
後藤夫妻と森本さんと何処かのおっさん

「一二三教室」では、一二三先生に本を届けると同時に、音楽バンド「MILO」を主宰している浦田彩さんによる音楽の授業も見学させて貰いました。浦田さんの授業は、子供たちの心をしっかり掴んだ大変素晴らしい授業でした。後藤さん夫妻も負けじ劣らじ、子供たちにフルートとギターの演奏を披露し、子供たちから万雷の拍手を受けていました。
「山本日本語学校」でも、荒井先生や他の先生の授業を見学させて貰いましたが、どの子も日本語を勉強する目的意識が高くて、とても熱心に勉強していました。
「ワットボー小学校」では、残念ながら田中千草さんがちょうど日本に帰国していて会えませんでしたが、校庭に響く子供たちの声を直接聞く事が出来ました。
「IKTT伝統の森」では峯村さんに本を渡すと同時に、森本さんから直に色々お話しをお聞かせ頂き、また牛神様の建設工事の現場も見せて頂きました。

他にも本を届ける為、或いはテレビやフェイスブック、ブログでお馴染みのカンボジアで活躍している色々な人々に面談する為あちこち訪問しました。
オールドマーケットに行って花田礼子さんに「ワット月下日本語教室」への本を託し、ソピアに「氏本教育センター」への本を渡し、テレビで知った淡水魚研究家の佐藤智之さんをナイトマーケットに訪ね、又カンボジア人・チャイ君からカンボジア農業の現状についての話しを聞かせて貰い、「HUGS」の志村晋平氏や養豚ガールこと山田史織さんにも会い・・・。

残念ながらお会い出来なかった人も・・・。
「JASA」の小出陽子さん、「アンコール小児病院」の赤尾和美さん、ぢゃがいも君は用事が有ったり不在で会う事が出来ませんでした。
また、「上智大学アンコール遺跡国際調査団」の三輪悟さんや「カンボジアCheers 」の西えり子さん、「ワットボー小学校」の田中千草さん、「スナーダイ・クマエ孤児院」のメアス博子さんらは偶々日本に帰国中でお会いする事が出来ませんでした。

「スロラニュ小学校」を訪問した時の様子は先週お伝えした通りですが、この時、代表の飯塚由美子氏に、お二人から理科の学習教材が贈呈されました。
他にも一之瀬泰造の墓へ行って手を合わせたり、西バライに行って以前写した写真を子供に届けたり、「バイヨン情報センター」を訪問して、アンコール遺跡の設立過程やカンボジアの歴史を勉強したり、或いは「ファー・サーカス」(バッタンバン・サーカス)を見学して熱い演技に魅了されたり・・・。


一之瀬泰造の墓の前
一之瀬泰造の墓の前で

サーカス
ファー・サーカス

本当に中身の濃い1週間でしたが、そんな中圧巻は「プノン・ボック」及び「バンテアイ・トム」と言う、どちらかと言えばマイナーな2つの遺跡訪問です。
お二人はもう何度もカンボジアに足を運ばれているので、私なんかより遥かに多くの遺跡を訪問されていらっしゃるのですが、この2つについては今回が初めての訪問でした。
「プノン・ボック」はノンバンチョで有名なプロダック村に有る「バンテアイサムレ遺跡」を更に東に進んだ先に有り、「プノン・クロム」「プノン・バケン」と並んでアンコール三聖山の一つですが、700段を越す階段を登った先に崩壊した寺院と一部のレリーフが残っているだけの状態の為、余り人が訪れません。
お二人は日頃マラソンや山歩きで鍛えている為平気でしたが、私なんか頂に辿り着くまでに何度も死に掛けました。
古川さんの先導でお二人に加え私、赤澤さん、ソピアップの5人で行ったのですが、古川さんは還暦の割には意外と元気でしたが、若いカンボジア人のソピアップは私と同様死んでいました。
65歳の赤澤さんは、最初から階段登りを断念しました。
そんな苦労の先にあった「プノン・ボック」でしたが、見下ろす景色は最高でした。
一方「バンテアイ・トム」ですが、こちらは「アンコール・トム」を北に進んだアンコールクラウ村に有り、道なき道を3台のバイクに分乗して6人で向かいました。
お二人と私、古川さん、それにカンボジア人のソテアレン、ソピアップの6人です。
ここも場所が大変辺鄙である為、観光客はまず訪れません。
崩壊が進んでおり、また盗掘にあって、アプサラやテバダーの顔の多くが削り取られているのが残念ですが、しかし、我々の他には警備の人が居るだけで、観光客が全く居ない為、目を瞑ると静けさの中で、悠久の歴史に思いを馳せる事が出来ます。


プノンボック
プノンボック

プノンボック山頂
プノンボック山頂にて 後藤夫妻と古川さん、ソピアップ

プノンボック山頂の火砲
プノンボック山頂に展示の火砲

バンテアイトム
バンテアイトムにて 後藤夫妻と古川さん、ソテアレン、ソピアップ

削り取られたデバター
削り取られたデバター

そんなこんなの1週間でしたが、お二人のお陰で、私も数々の貴重な体験をさせて頂く事が出来ました。本当に有難うございました。
またカンボジアでお会い致しましょう。



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

  1. 2013/08/04(日) 08:29:08|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本日のお客様

8月3日(土)

土曜日と日曜日は、普段は私は休んでいますが、今日は予約が入っていたため出掛けました。
最初が予約の入っていた
JEPSスタディツアー
「日本エコプランニング」企画のボランティアツアーに参加の皆様でした。
3年前に私もこのツアーに参加して、初めてカンボジアを訪問しました。
添乗員が、「アキラ地雷博物館・日本人応援団」の呼び掛け人にもなって貰っているホッシーです。

その次も予約の
綱沢さん家族
私と同じ岡山出身の、綱澤さん家族でした。
今回ご家族で永住を決めて、カンボジアに来られました。

綱沢さん家族に少し遅れて来られたのが
APEXツアー
APEXツアーに参加の福岡の浦川さん、服部夫妻、荒木さん親子の6名でした。
綱沢さん達と一緒にガイドさせて頂きました。

その次にお出で頂いたのが
東京の坂井さん親子3人
東京の坂井さん親子でした。子供たちも退屈だったろうに、しっかり話を聞いてくれました。

そして、その次が
HISスタディツアー
HIS企画の「だるま愛育園」スタディツアーに参加の皆様でした。
時間が余り無かったので、ちょっと不十分なガイドになってしまい、申し訳有りません。

最後にお出で頂いたのが
埼玉の中村さん姉妹
埼玉の中村さん姉妹でした。
ガイドの途中でスコールに見舞われましたが、最後まで熱心に聞いて頂きました。


本日お越し頂きました皆様、有難うございました。又のお越しをお待ちしております。


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村


  1. 2013/08/03(土) 19:40:40|
  2. 本日のお客様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0