FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

後藤一幸さん・朱実さん夫妻のこと

12月11日(日)  

今年も、もう残り20日を切ってしまいました。
月日の経つのは本当に早いですねえ。
こちらカンボジアは、暑くて大変・・・と言っても、朝晩は時に涼しく感じる時もありますが、日本の皆さんは毎日寒くて大変でしょう。お察し申し上げます。

 さて、今回のブログは我らが同士・後藤夫妻のことに付いて書こうと思います。
先月27日から今日まで、応援団員の後藤一幸・朱実夫妻がシェムリアップに滞在されていました。
今回で、カンボジア渡航がちょうど10回目だそうです。
ほぼ、年2回のペースで来られていて、御夫妻共に、私と同様にカンボジア大好き人間です。
奥さんの朱実さんは、去年の10月、11月の2ヶ月間、博物館で私の替わりにボランティアガイドも引き受けて下さった方で、このブログの2015年10月5日付けの「初めまして。よろしくお願いいたします」から2015年11月19日付けの「ありがとう~、感謝を込めて、そしてまた会えるときまで・・・・」を担当して戴いています。
また、2013年8月5日付けブログ「後藤夫妻と共に行くカンボジア・ミニ・ツアー」にも登場して頂いていますので、皆さんもよく御存知だと思います。

後藤夫妻と私はほぼ同年齢ですが、お二人は私なんかより遥かにエネルギッシュで、これまで地域での様々な活動を始め、大地震のあったネパール支援の為、現地を訪問しただけでなく、帰国後に写真展を開いて被災地の現状を多くの人に知らせ、支援金を募ってそれでまた被災地支援を行ったり、カンボジアに対しても、仲間に呼び掛けて文房具や本、おもちゃ、衣服を集めて孤児院や学校、貧しい村に寄付したりと、それはそれは精力的に活動されています。
又、趣味の分野でも、酒と歌位しか興味の無い私と違って、お二人とも楽器演奏(ギター、フルート)、マラソン、写真etcと実に多彩です。
私も日本に帰っていた2年間で2回、三重県の御自宅を訪問し、泊めて頂いた上で色々な話を伺わせて頂きました。

思えば後藤夫妻とは、長い付き合いになりました。
中日新聞に載った私の紹介記事(犯罪者として載ったのではありませんので念の為)を見たと言って2012年10月に連絡を頂き、その後メールでのやり取りが続き、2013年1月には御夫婦揃って応援団員登録をして下さり、そしてその年の2月6日に博物館を訪問して頂きお会いしたのが最初の出会いでした。
その前にも博物館にはお越し頂いていたのですが、私が不在でお会い出来ていませんでした。
カンボジアにお越し頂く度に、色んな所に御一緒させて頂いていますが、今回も何箇所か同行させて頂き、何人かの人にお会いしました。
その中で、特に印象に残ったのが次の2人の人物です。
その一人は大房明良君と言って旅行会社「チョルモイツアーズ」を経営しながら、語学学校や保育園を作ってスラム街や農村部の貧困に喘ぐ子供達の支援を行っている26歳の若者。



DSCN1258.jpg
左から後藤朱実さん、一幸さん、そして大房明良君

DSCN1261.jpg
大房君の運営している語学学校


そしてもう一人は、山勢拓弥君と言って、一般社団法人「クマエ」を立ち上げ、バナナリーフペーパーという、バナナの木の幹から繊維を取り出して、それで紙を作ってポストカードとか名刺などの製品にし販売する事でゴミ山で暮らす人々に雇用の場を提供し、生活支援している23歳の若者。


DSCN1278.jpg
山勢拓弥君

DSCN1281.jpg
バナナリーフペーパーの工房

DSCN1286.jpg
山勢君が支援しているフリースクール


この2人の若者とは、後藤夫妻も私も、前々からの知り合いでしたが、今回改めて話しを聞かせて貰い、3人で深く感銘を受けた次第です。
2人ともまだ大変若いのに、実にしっかりした人物でした。
2人の人物紹介については、また日を改めてやりたいと思いますが、この2人から多くの事を学ばせて貰いました。


DSCN1271.jpg  DSCN1272.jpg
DSCN1275.jpg  DSCN1273.jpg
DSCN1274.jpg 紙すきの工程



後藤夫妻とは、滞在された15日間で他にも色々な所に同行させて貰い、私も随分刺激を受けました。
今からもう、来年の御来訪が楽しみです。
もっとも私は、半分は飲んだくれていたので、本来は倍の刺激を受けられたのに大きく損をしてはいますが・・・。




DSCN1182.jpg
我々の仲間のチャイに連れて行って貰った村で、子供達に文房具やお菓子、ぬいぐるみを配る後藤一幸さん

DSCN1176.jpg
村で食事を御馳走になる後藤夫妻




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで











スポンサーサイト
  1. 2016/12/12(月) 17:46:12|
  2. 人物紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨今のお客様事情

12月4日(日)    

10月23日のブログ「カリマンタンの青い空・田辺美穂子さんのこと」で紹介しましたミホさんから、今日、「入籍した」との報告が飛び込んで参りました。
そんな話しは全然聞いて無かったので大変驚きましたが、でも、本当にオメデタイ事なので心より祝福したいと思います。皆さんも一緒に祝ってあげて下さいませ。
夕べもアキラさんの身内の結婚式が有りましたし、今週土曜日にはソテアレンの弟の婚約式も有りまして、オメデタ続きです。
このどさくさに紛れて、私もオメデタイ事になったりして・・・それは無いか。

さて、今日は12月の第一日曜日ですので、「アンコールワット国際ハーフマラソン」が開催され、有森裕子さんや猫ちゃん(猫ひろし)が来て、遺跡の中のコースを走った事でしょう。
この大会は、1996年から開催されていて、今年が第21回目だそうです。
今年は見学には行きませんでしたが、恐らく大勢の日本人が、この日目当てにカンボジア・シェムリアップに来られたと思います。

「アキラ地雷博物館」もお陰様で、連日日本人客で大賑わい・・・と申し上げたいのですが、残念ながら日本人客は、この1年少なかった様に思います。
外国人のお客様は昔と変わらず、コンスタントに来て下さっているのですが、色んなカンボジア人の日本語ガイドに聞いても、やはり皆が「今年は日本人のお客様、少ないね」と言います。
何故なんでしょう。
世界中でテロが頻発しているので、その影響も有るのかも知れませんし、カンボジアはまだまだ地雷が多く眠っていると言うので敬遠されているのかも知れません。
しかし、皆さん、カンボジアでもシェムリアップは全然危険な所ではありませんよ。
プノンペンになると多少治安が悪いですが、シェムリアップは安全そのものです。
それが証拠に、私なんぞ毎晩の様に飲んだくれて夜の街をほっつき歩いていますが、ホーレこの通り、ピンピンしていますでしょ?
まあ、時にバイクでぶつかられたり水に落ちたりはしますが(誰のこっちゃ)、何処の国でも多少の危険は当然有りますので、シェムリアップはその範囲内です。
地雷も、観光客が普通に訪問する様な場所には埋まってはいません。山奥にでも入らない限り心配無用です。
ですから、皆さん、どしどしカンボジア・シェムリアップを御訪問下さい。
心よりお待ちしています。

博物館ではこの1年、日本人客が少なかったと申し上げましたが、それでも5月のゴールデンウィークや夏休み、お盆の時は、大変多くの日本人客で賑わいました。
「地球の歩き方」などのガイドブックにも掲載されていますし、インターネットで見たと言って来て下さるお客様も大勢います。
大学生のスタディツアーや高校生の修学旅行、それに最近では「HIS」や「タビックス・ジャパン」と言った大手旅行会社が、遺跡観光に加えて「アキラ地雷博物館」を見学コースに組み込んでくれていて、これまでとは違った年配層のお客様も来て下さる様になりました。
しかし、更に更に多くの日本人の方に来て頂き、「戦争の悲惨さ、平和の尊さ」についてじっくり考えて頂けたらと願っています。

今回のブログでは、先月にお越し頂いた「タビックス・ジャパン」のツアーのお客様を紹介させて頂きます。
11月8日(火)35名
11月27日(日)30名
の方にお越し頂きました。
恥ずかしがられて全員は写っていませんが、皆さん熱心に私の話に耳を傾けて下さいました。


名前

8
11月8日(火)のお客様

27jpg (1)
11月27日(日)のお客様



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで







  1. 2016/12/05(月) 03:57:47|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0