FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

遺跡訪問ツアー

記念撮影
プラサット・プラムの前での記念撮影

8月26日(日)
今回は、前回の「カンボジアのテレビ事情」の続きを書くつもりでしたが、20日(月)に博物館の子供たちとコーケー遺跡群他の「遺跡巡りツアー」に出掛けましたので、それについて書かせて頂きます。

この日は博物館の仕事を休んで、「リリーフセンター」の大半の子供たち、それに数人のスタッフと一緒に、休暇中の子供たちの思い出作りの旅に出ました。と言っても勿論車でですが。
「コーケー遺跡群」はシェムリアップの北東に位置し、博物館からは約160キロの距離。
2台の車に分乗して、総勢40人位で出掛けましたが、アキラ氏とアキラ氏の3人の子供達は地雷原に行っていて不参加です。
子供たちは、ピックアップトラックの荷台で音楽に合わせて歌ったり踊ったりと、それはそれは賑やかにはしゃぎ回ります。道行く人々が一々振り返り、それを見て更にはしゃぎます。大きい子も小さい子も、みんな元気一杯。
途中タイヤがパンクして立ち往生したものの、しかし手馴れたもので、子供達が手分けしてタイヤ交換し、事無きを得ました。
初め、私は行き先を勘違いしていて、タイ国境の「プレアヴィヒア遺跡」に行くものと思っていました。アメリカ人のビルさんに聞いた時、「ケッコー」に行くと言ったので、私はてっきりプレアヴィヒア近くにそう言う村が有るものと思っていました。
しかし本当は「コーケー」だったのです。確かにプレアヴィヒア州内ではあるのですが、「プレアヴィヒア遺跡」はそこからまだかなり遠くにあります。まあ、「プレアヴィヒア遺跡」も有名ですが、「コーケー遺跡群」もかなり有名で一度は行ってみたいと思っていましたので、勘違いしていたものの大満足でした。
6号線をプノンペン方向に進み、ノムダイクの村で左折し、どこまでも広がる田園風景とパームやしに心を奪われながら、またアンコール王朝発祥の地である「プノンクーレン」山を正面に、側面に見ながら未舗装の赤土道を進むこと数時間で最初の遺跡「プラサット・プラム」(五つの寺院)に到着。出発後4時間が経過していました。
その後「プラサット・ニエンクマウ」(黒い貴婦人)、「プラサット・チェン」を経て、一番有名な7段ピラミッド型寺院の「プラサット・トム」に辿り着きました。
立て看板には、英語とクメール語の説明書きが有り、拙い英語力で読んだところ、この地に928年から944年頃まで王都が有ったとありました。
また、この周辺には至る所に、地雷撤去済みを表す政府系地雷撤去団体・CMACの看板が立っていました。最近まで地雷原だった事が窺えます。
「プラサット・チェン」の見学を終え車に乗り込む前、別に珍しくもないのに牛が群れを為しているのに気を引かれ、写真を撮ろうとカメラを構えたところ、耳の下に激痛が走りました。イタタタタッ、思わず手で払いのけたところ今度は手に激痛が。
何とハチに刺されたのです。
敵もさる者、限りを尽くして刺し続け、結局1匹のハチに3、4箇所刺されました。
異変に気付いた子供たちが、日本語で「あぶない、あぶない」と叫びながら直ぐにハチの巣の有る木の下から私を連れ出してくれて、それ以上刺される事はありませんでしたし、大人が持っていた薬を直ぐに塗ってくれたお陰で、腫れあがったものの大事に至らずに済みました。
スズメバチだったら大変でしたが、小さいハチだった様で、みんなにそれ程迷惑を掛けずに済みやれやれです。しかし、それにしてもハチに刺されるとは、お寺に参ったのにしてはバチ当たり。 (このダジャレもイマイチやなあ)
帰りには、「天空のラピュタ」のモデルとも言われる「ベンメリア遺跡」に立ち寄り、多くの日本人観光客とも出会いながら見学する事1時間半。
暗闇迫る夕方6時頃、その地を後にし帰途に着きました。
帰りは行き以上に子供たちがはしゃぎ回り、暗闇の中大音量の音楽と子供たちの歓声で、道行く人々の視線を感じながらシェムリアップに無事帰り着きました。
雨季にも拘わらず天気にも恵まれ、心地良い疲れが後に残りました。しかし、それともう一つ残ったものが・・・。
後日子供たちが私の顔を見る度に、耳の下を手で払いのけるしぐさをしながら「あぶない、あぶない」と日本語で叫びます。完全にからかわれています。
おめえら、ええかげんにせえよ。

尚、デジカメのバッテリー切れの為、肝心な「プラサット・トム」(7段ピラミッド型寺院)及び「ベンメリア」の写真が有りませんことお詫び申し上げます。
どうでもいい牛なんかの写真を撮ろうとした為に、ハチに刺されるわ、バッテリーは切れるわで全くのアブハチ取らず。ついてな~い。


パンク修理
パンク修理


途中の買い物
途中の買い物


到着
途中休憩


CMACの看板
CMACの看板


食事タイム
食事タイム


プラサット・プラム
プラサット・プラム(5つの寺院)


プラサット・ニエンクマウ
プラサット・ニエンクマウ(黒い貴婦人)


プラサット・チェン
プラサット・チェン

スポンサーサイト



  1. 2012/08/26(日) 10:49:40|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<カンボジアのテレビ事情2 | ホーム | カンボジアのテレビ事情>>

コメント

いい写真だ~っ!!

遺跡の前で撮った集合写真、とってもステキです。カンボジアならではの写真ですよね!テレビでも見たことがある遺跡ですが、どんどん木に飲み込まれていっているのがなんともすごいですね。ほっておくといずれ、何事もなかったように森に戻っていくのでしょうね。まさに「強者どもが夢の跡」 byカズ
  1. 2012/08/28(火) 21:57:47 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

返信

カンボジアにはこんな遺跡が千以上あるそうです。全部はとっても廻り切れませんが、出来るだけ多くの遺跡を見てみたいです。悠久の歴史にロマンを感じながら、これからのカンボジアを想像するのもとても楽しいです。それにしても、ハチ(8)に刺されたのはごさん(5と3)だった。(あんまり上手くないかっ)
  1. 2012/08/29(水) 00:51:44 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

写真を拝借

こんばんは。今日のフルールのブログには、カンボジアの川ちゃん登場です。写真を拝借しました。アクセスがあるといいね。
  1. 2012/08/29(水) 21:31:47 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

返信

宣伝有難うございます。
心強い限りです。
  1. 2012/08/30(木) 02:24:07 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/09/10(月) 23:12:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/11-b4d25337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)