FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「日本ユネスコ協会連盟」の皆様が来館

全員の記念撮影
ユネスコ協会の皆様と子供たちとの記念撮影


8月25日(日)

先週の日曜日に、「厚木ユネスコ協会連盟」と「杉並ユネスコ協会連盟」の合同チーム10名の皆様が博物館に来て下さり、「リリーフセンター」の子供たちと一緒に料理を作ったりゲームをしたりして、子供たちにとっても楽しいひと時をプレゼントしてくれました。
今日のブログは、その時の様子を記そうと思います。

「日本ユネスコ協会連盟」は、UNESCO憲章の理念に共鳴し二度と戦争を起さないために、戦争をしない人間を作る教育、お互いを理解するための文化を守る活動を行っています。
なお、日本ユネスコ協会連盟はUNESCOや日本ユネスコ国内委員会(文部科学省内)と連携・協力して活動も行っていますが、これらの下部組織ではなく、財政を含めて独立した民間の組織(NGO)で、歴代会長は全て民間人です。
現在は全国約270のユネスコ協会の連合体として活動を展開しています。
主な活動は、途上国での教育支援「世界寺子屋運動」、国内外の身近な文化・自然を守り伝える「世界遺産・地域遺産活動」、日本の文化を未来につなぐ「未来遺産運動」、青少年に対する国際理解教育を推進する「青少年活動」です。

以上は、「公益社団法人・日本ユネスコ協会連盟」のホームページからの引用です。
当団体には今年の3月にも、JTBが主催する大学生のスタディツアーに協力する形で大勢の大学生を博物館に連れて来て頂きましたが、今回は協会会員の皆様御本人達の訪問でした。

当日の9時半に来館され、まず持って来た材料を使って「リリーフセンター」の子供たちと一緒にカレー作りに励まれました。
お出で頂いた10名の皆様は大半が大学生でしたが、包丁捌きも手際良くジャガイモの皮を剥いたり、玉葱を刻んだり。子供たちもお姉さん達の指導を受けながら手伝います。
そして、料理が出来上がるのを待つ間、杉並ユネスコ協会副会長の板倉さんが、得意のウクレレ伴奏で子供たちに日本の歌を教えます。「ふるさと」や「涙そうそう」などなど。お姉さんが、フラダンスも披露してくれました。
そしてやがて料理が出来上がり、みんなで楽しい食事会。
カンボジアでは、みんな揃ってさあ食事開始・・と言う事はまず有りませんが、今日は全員の料理がテーブルに揃うのを待ってから、一斉に「いただきます」。そして終わりは「ごちそうさま」。
子供たちも、今日でこの2つの言葉をしっかり覚えました。
食事の後は、広場に移動してゲームを楽しみました。
「人間知恵の輪」「じゃんけんゲーム」「集団新聞紙乗り」など。
チームに分かれて勝敗を競うので、どのチームも負けてなるものかと必死です。勝ったチームは大喜びですが、負けたチームは見る影も有りません。子供たちよりもむしろお兄さん、お姉さんが落ち込んでいました。
そんなこんなで子供たちとの楽しい触れ合いの時を過ごして頂いた後、博物館内を見学して頂き、結局全て終了したのは15時頃。ほぼ一日中博物館で過ごして頂きました。
本当に楽しい時間を有難うございました。
子供たちに成り代わって、厚くお礼申し上げます。


カレー準備
料理作り

準備中
調理指導

ウクレレ演奏
食事前の歌唱指導

食事開始
いざ食事開始

記念撮影
着ぐるみお兄さんとの記念撮影

人間知恵の輪
ゲーム「人間知恵の輪」

じゃんけんゲーム
「じゃんけんゲーム」

新聞紙乗り
「集団新聞紙乗りゲーム」

歌の披露
歌の披露


後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

スポンサーサイト



  1. 2013/08/25(日) 11:20:46|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<本日のお客様 | ホーム | 本日のお客様>>

コメント

本日お話をいただいた大学生です。
細かな歴史背景までお話いただいてとてもわかりやすく、なぜポル・ポトが支持を集めたのか川ちゃんさんのおはなしで初めて理解できました。
一週間後には東京に戻りますが、これを機にカンボジアの歴史について映画、書籍などで勉強したいと考えてます。なにかおすすめがあれば教えてください。

本日は本当にありがとうございました。
  1. 2013/08/28(水) 19:12:42 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

返信

こちらこそ、有難うございました。
カンボジアの歴史に興味を持って頂いて、大変嬉しいです。
お勧めの本としては、三省堂から出ています『アキラの地雷博物館とこどもたち』、それにカンボジアとは直接関係は有りませんが、講談社文庫・百田尚樹著『永遠のゼロ』を挙げたいと思います。『永遠のゼロ』は今年映画化される様です。それから映画では、『THE KILING FIELDS』と言うのも、お勧めです。

  1. 2013/08/28(水) 21:13:50 |
  2. URL |
  3. joyjoy1954 #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/114-aeefa510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)