FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

大成功を収めた「アキラ氏日本講演会」

講演会で話しをするアキラ氏
講演会で話しをするアキラ氏


11月10日(日)

先月22日からの「アキラ氏日本講演会」全日程を無事終了し、今月5日の夜カンボジアに戻って参りました。
この間ブログの更新が出来ずに、読むのを楽しみにお待ち頂いていた方には大変御迷惑をお掛け致しました 
(って、そんな人は居るわけ無いか?)

さて、件の「アキラ氏講演会」はお陰様で何処の会場も大盛況で、大満足の成果を上げる事が出来、私としても嬉しい限りです。
準備をして頂いた方々、当日講演会に参加して下さった方々、そしてこのブログやホームページ、フェイスブックで見守って下さった方々には心よりお礼申し上げます。
本当に有難うございました。

会場には、初めてお会いする方も大勢来て下さいました。
引き受け団体の呼び掛けで来られた方も居れば、口コミ、新聞、ネットで今回の講演会の事を知って来られた方々など様々ですが、これまでカンボジアや地雷といった事に特に関心は無かったが、ましてやアキラ氏の事も知らなかったが、アキラ氏やアラの話を直接聞いて感動したとの感想がツイッターやフェイスブックに一杯書かれていると、引受け団体の学生から聞いた時には、この講演会を実施して本当に良かったと実感致しました。
また、初めてのお客様に混じって、以前博物館にお出で下さった方々も大勢来て下さいました。
博物館ではアキラ氏やアラに会えなかったけど、今回初めて本人に会えて感激したとの感想も大勢の方からメールで頂き、感慨一入です。
2週間の日本滞在期間の内に、京都から始まって大阪、岡山、東京、福岡と移動し、短期間でこんなに長距離移動したのは我が60年の人生の中で初めての経験なので、正直体力的にはかなりきつかったですが、講演会が成功した分、精神的には大変充実した2週間でした。
今回の講演会が成功したのは、5つの引き受け団体を始めとする大勢の方々の協力が有った賜物と、心より感謝しています。
カンボジアも大好きですが、日本の学生達の奮闘を見ていると、日本もまだまだ捨てたもんじゃないと実感し、改めて日本も好きになりました。

アキラ氏の体調不良やら天候の事やら或いは飛行機が落ちないかと言う幾つかの不安材料も有りオチオチ眠れない日も続きましたが、幸い大事には至らず、アキラ氏も天候も落ちつきを取り戻し、飛行機も落ちる事無く、最後の最後にその飛行機のシェムリアップ到着が2時間遅れて夜中の12時になると言う落ちが付いた位で、2週間を無事乗り切る事が出来ました。
皆様、本当に有難うございました。

さて、ここまではいい事づくめなのですが、この後話しが一転します。

カンボジアに戻って来て今日で5日目、まだ甘い余韻に浸っていますが、そんな中ある恐怖がジワジワと胸に迫りつつあります。
その恐怖とは・・・この後やって来る電話代の請求です。

カンボジアに渡る2年9ヶ月前、世界の何処でも使えると言うので通販でイギリスの携帯電話を買いましたが、これは固定費は掛からないのですが、通話が一々イギリスを経由する為国内での通話も全て国際電話扱いとなり、通話料が滅茶苦茶高いので、1、2回使ったきりでもう捨てるつもりで引き出しの奥にしまいこんでいました。
今回日本で使う携帯電話が無い為、引き出しの奥からこの携帯電話を引っ張り出し使いました。
最初は緊急の場合にのみ使うつもりでいましたが、その内当たり前の様に使ってしまい、おまけにアキラ氏が毎日カンボジアに長時間電話を掛けるものですから、恐らくトンデモナイ金額になっているでしょう。
アキラ氏に余り掛けない様に言おうかとも思いましたが、異国の地で張り詰めた気分の中で唯一の息抜きが奥さんや子供たちとの電話による会話かと思うと、もういいや、自由に使って貰おうと言う気になり、使うに任せていました。私自身ももう何十回となく使いましたので、金額は想像も付きません。
これが、目下一番の心配事です。

世の中、いい事もあれば悪い事もある。
船が難破して流された絶海の孤島で、絶世の美女に出会う事もあれば、そのまま流され続けて猿しか居ない島に辿り着く事もある。
これが、60歳を目前に控えた、我が人生哲学です。ナンチャッテ(どんな例えや)


京都外大
京都外国語大学での講演

京都外大2
京都外国語大学での聴衆

関西大学
講演会場の関西大学ミューズキャンパスにて

関西大学2
関西大学での講演


関西大学懇親会
講演会終了後の懇親会にて

岡山
岡山会場 開始前の歌声披露

岡山懇親会
岡山会場 懇親会後の記念撮影

東京3
摩天楼の東京にて

東京2
東京会場での講演

東京
東京会場での聴衆

福岡
福岡での講演会前の夕食会 CMCカンボジア地雷撤去キャンペーン・大谷代表と

福岡レセプション
福岡会場 講演会後のレセプションの模様




後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

スポンサーサイト



  1. 2013/11/10(日) 19:10:54|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<講演会余談 | ホーム | どひゃ~っ、遂に4日後に迫りし「アキラ氏日本講演会」の御案内>>

コメント

お疲れ様でした(^_^)v

お疲れが出ていませんか?日本の大都市を2週間で巡りながらの講演は,本当に大変だったと思います。アキラ氏の体調も心配だったことでしょう。でも,各地で大勢の聴衆が集まってくれ,大成功裏のうちに終わったことがとてもよかったです。昔からの友人や知人,各団体,地雷博物館を訪れた方々・・・川ちゃんの人脈に感心と共に感銘を覚えました。本当にお疲れ様でした。日本は急に冷え込み,北の方ではかなりの積雪になったいます。風邪は万病の元,くれぐれもご自愛くださいね。
  1. 2013/11/14(木) 04:31:27 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

返信

岡山では、大変お世話になりました。今回の講演会が成功裏のうちに終わったのは、貴方を始めとする大勢の方の協力が有ったお陰と、大変感謝しています。今は日本も随分寒くなった様ですが、我々が日本に居る間はそれ程寒くも無く、アキラ氏やアラも過ごし易かった様です。
私がカンボジアに居られるのももう少しですが、精一杯頑張って悔いの残らぬ様したいと思っています。共に頑張りましょう。
  1. 2013/11/15(金) 00:03:48 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/128-22df3ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)