FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「岩田亮子さんの御一行が博物館御来訪」の記

記念撮影
「HOC」の子供たちと「リリーフセンター」の子供たちとの合同記念撮影


12月1日(日)

今日から、もう師走ですねえ。
時の流れに抗っても、どんどん流されて行き、焦る日々です。
そんな中、日本では皆さん、寒さに震えていることでしょうが、こちらカンボジアは相変わらず暑い毎日です。
しかし、普通ならもうとっくに乾季に入っているこの時期ですが、まだ天気が愚図ついていて、雨季が明けたと言う発表が有りません・・多分。
日本でも最近は、猛暑、竜巻、ゲリラ豪雨など昔は無かった異常気象に苦しめられていますが、カンボジアでも同様です。
地球環境は一体どうなっているんでしょうか? 
気象だけでは有りません。
カンボジア政界は、7月の総選挙を巡るゴタゴタがまだ続いていますし、日本政界では特定秘密保護法の強行採決や原発推進など反動政策がどんどん進んで、異常な事態となりつつあります。
シリアの内戦の泥沼化、中国の南シナ海海洋進出、タイのインラック政権打倒の連日のデモなど世界的に政治の世界も異常現象が続いています。
この先、地球は一体どうなって行くのでしょうか?

師走に入って、ああ忙しい忙しいと言う話しをするつもりが、予定外の方向に進んでしまいました。
ここで話しを、師走初日の本日の出来事に戻します。

今日は、バッタンバンの岩田亮子さんが、「Hope Of Children(HOC)孤児院」の子供たち30名余りを引き連れて、博物館に遊びに来てくれました。
岩田さん御本人は前に1度来てくれた事がありますが、「HOC」の子供たちの訪問は初めてのことです。
8月にアキラ氏講演会を「HOC」で開催したお返しに、今度は孤児院の子供たちが博物館内の孤児院「リリーフセンター」の子供たちとの交流の為、やって来てくれたのです。
「HOC」の設立者である僧侶のムニー氏と、岩田さんの支援者である日本人の若者5名も一緒でした。
バンタイプの車3台に分乗してバッタンバンを金曜日に出発し、昨日はシェムリアップに在ります「カンボジア文化村」や「プノン・バケン遺跡」「バンテアイ・スレイ遺跡」などを訪問し、そして本日10時に博物館に来てくれました。

岩田亮子さんと言えば、10月から11月に掛けて日本に帰国されていて、11月4日の福岡での「アキラ氏平和学習講演会」にも参加して下さいましたが、ちょうどその10月11日に放映の民放のテレビ番組「世界の村で発見!こんなところに日本人~3時間スペシャル~」(カンボジアで撮影したもの)で彼女が取り上げられ大反響を呼び、私のブログに彼女の事を掲載していたものですから(「孤児院ボランティア・岩田亮子さんの巻」)、恐らくインターネット検索で岩田亮子さんを調べた人達が私のブログを見つけられたのでしょう、そのブログへのアクセス数が急激に増え、お陰で私が参加している「カンボジア情報-海外生活ブログ村」のランキング順位が一気に2位まで上がると言うおこぼれに預かりました。ラッキー、ハハハ
でも、そういう理由で今回2匹目のどじょうを狙って、また岩田さんの事を書いている訳では決してありませんので念の為・・・まあ、そうした下心も少しは有りますが、ハハハ。


マラソン    マラソン2
       「第18回アンコールワット国際ハーフマラソン」

今日はちょうどアンコールワットで、「第18回アンコールワット国際ハーフマラソン」が開催されましたので、私は朝そちらに少しだけ立ち寄ってそれから博物館に向かいましたが、大渋滞に巻き込まれて思う方向に走れず、誘導に従っていると同じ所をグルグル回され、また、元居た場所に戻るという大変な時間のロスを経ながらも、何とか10時に博物館に到着しました。
すると、ちょうど岩田さん達が到着して車を降りているところで、ギリギリセーフでした。

博物館のスタッフと子供たち、そしてアキラ氏が一行の到着を出迎えました。
アキラ氏は一昨日バンテアイスレイの地雷原から戻り、シェムリアップの事務所に居ましたが、今日は岩田さん一行が来ると言うので、久し振りに我が家に帰って来たと言う訳です。
子供たちは、リリーフセンターの庭で対面式と自己紹介を行った後、早速双方に分かれて綱引き、すいか割り、バレーボールなどのゲームに興じ、また部屋や教室の見学をしました。
初対面にも関わらず子供たちは直ぐに打ち解けて、積極的に交流を図っていました。
その間に支援者の日本人の若者達が、持参した材料でカレーライスを作り、出来上がると皆で美味しく頂きました。
大勢で食べるカレーは、本当に美味しかったです。
食事の後も、遊具で遊んだり博物館の見学をして、都合4時間を博物館で過ごした「HOC」の子供たちは、14時に名残を惜しむ「リリーフセンター」の子供たちに見送られて博物館を後にしました。
双方とも全員が、何らかのハンディを背負いながらも皆んな本当に明るく元気で、将来に向けて一生懸命勉学に励んでいる子供たちですから、今日の出会いはお互いに大変良い刺激となった事でしょう。



車
岩田さん達が乗って来た車です、ハイ。

対面式
対面式

対面式
対面式2

自己紹介
自己紹介

綱引き
綱引き

すいか割り
すいか割り

遊具で遊ぶ子供たち
遊具で遊ぶ子供たち

バレーボール
バレーボール

食事
食事会

部屋の見学
部屋の見学

別れの挨拶
別れの挨拶



後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(joyful57@hotmail.co.jp)



カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

スポンサーサイト



  1. 2013/12/02(月) 10:55:48|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日のお客様 | ホーム | 本日のお客様>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/133-1c7a83f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)