川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

地雷撤去人、サン君。

  
   3月30日(日)

 先日、またも地雷原に行って参りました。 現在CSHDが手掛けている地雷原はシェムリアップから車で約3時間で行けちゃうのでこれ幸いにチャンスがあれば行っちゃいたい私。
というのも、前回ご一緒したシュン君&ミナ子ちゃんご夫婦から、
「暑い中、更に暑くて重いプロテクターを付けて、地雷原で頑張っているメンバーの為に、次に地雷原に行く時に冷たいジュースを差し入れしてあげてください。」
と、お金を預かっていたのです。途中でお店に寄り、冷たいコーラを購入!!…のつもりが、アイスボックスを開けると、
あ、あれ…ジュース、数本しか入っていない…    がび~ん。
ということで、仕方なく冷えていないコーラをダースで購入。
 でもたとえぬるくても、炭酸のシュワシュワは炎天下の中で作業をする彼らには心地良いらしく、
「は~、生き返った~」(と言ってるかどうかはわかりませんが)という笑顔で、嬉しそうに飲んでくれました。
ありがとう、シュン君、ミナ子ちゃん。
 本日も颯爽と地雷撤去作業に勤しむスタッフ達。さっきまで笑顔でコーラを飲みながら携帯をいじっていた若くてかわゆい女の子も、ヘルメットを被ってプロテクターを付け、金属探知機を扱い始めると、合掌したくなるくらい神々しく見えてしまうのです。洗練された動きに無駄な動作など無く、表情は真剣そのもの。凄い集中力なのでしょうね。
 
P1000882.jpg
 
さて、そうこうしているうちにアキラさんが私を呼んでいる。すぐ近くの村に住む人から電話が入ったらしく、不発弾を見つけたので処理して欲しい、とのこと。もちろん私も同行させてもらいました。
軽トラで10分ほど走った村に到着すると村人に案内された空き地の真ん中に不発弾が。
その不発弾を爆破処理するために場所を移動。拡声器で周囲に注意を呼びかけ、リモコン操作で爆破します。

P1000883.jpgP1000884.jpg

ドーン!!と大きな音がして、爆破処理は無事終了。爆破跡を見せてもらいに現場に向かうと…
うわっ、凄い穴。畑を耕そうとしてもしも間違えて不発弾を叩いちゃったら、こんな大きな爆発、想像するだけでゾッとします。

P1000885.jpg

この爆破処理の最中、最初から最後まで傍にいていろいろ説明してくれたサン君という若いスタッフ。
CSHDでディマイナー(地雷撤去人)を始めて、2年だそう。
「このお仕事は好きですか?」と聞いてみると笑顔満面で「YES!!」
「この仕事がしたかったんだ。1年間、オフィスで訓練を受けて、やっとディマイナーになれたんだよ。」
 でも、どうしてディマイナー?暑いし、きついし、地雷原で泊まり込みの作業だから家にもなかなか帰れないし、家族との絆を大切にするカンボジア人にとって、それはやはり寂しいでしょう? それに、何よりも怖くない??
 実はサン君、子供の頃、家が貧しくて学校に行けなかったのだそう。でも、勉強がしたくて、学校に行きたくて、
アキラさんのことを噂に聞いて、勇気を出して自分の住んでいた村から何時間もかけて歩いてシェムリアップのアキラさんを訪ね、アキラさんの所で生活させてくれるよう、お願いしたのだそう。
 それをアキラさんは快く承諾してくれ、アキラさんの自宅にアキラさんの家族と住ませ、学校に通わせてくれたのだとか。
「アキラさんは素晴らしい人。子供の頃からずっとアキラさんの手助けがしたかった。だから今、CSHDのディマイナーになれて、彼の助けになることができるのが凄く嬉しい。」
 アキラさん、引き取った子供たちに、素晴らしい愛情をかけて育てているのですね。アキラさんの話をしている時のサン君、ニコニコと本当に嬉しそう。アキラさんのことを心から誇りに思っているのね。
幼い子供が、たった一人でアキラさんを訪ね、ここに置いてくださいとお願いする。学校に行かせてくださいって。どんなに勇気がいったでしょうね。そんな子供を暖かく迎え入れるアキラさんの心の大きさ。優しさ。なかなかできることではないでしょう。
う、どうしよう、そんな話、実際に本人から聞いちゃったら感動し過ぎて泣きそうだよ、ワタシ。
 そんなこんなで不発弾処理も無事終了し、地雷原に戻ると、アキラさんがみんなを集めてミーティングが始まった。
地雷原ではキリリとしたオーラに包まれ、迫力のあるアキラさんの姿が、先程サン君から聞いた話と合わさり、なんだか本当に神様に見えてしまうのでした。
P1000887.jpgP1000888.jpg
  現在21歳のサン君。ニコニコ笑顔の好青年。                     アキラさんと、リーダーのサンボーさん。

P1000889.jpgP1000891.jpg
  CSHDのディマイナー、全員集合

また冷たい飲み物を差し入れに持って来るから、みんな頑張ってね。カンボジアの未来を担っている素晴らしい若者たち。本当に頭が下がります。
 
 今回地雷原に同行してくれた私の友人が、履いていた地下足袋をサン君にプレゼント。本当はディマイナーの一人であるポーイ君(彼も幼い時にアキラさんに引き取られ、育てられた子供の一人)が欲しがっていたのだけど、サイズが合わなくて泣く泣く断念。サン君、ラッキー。  みたいな。
  P1000892.jpg    P1000893.jpg
     白い地下足袋を履いて決めポーズ。                         大切な地下足袋をありがとう。砂漠植林のエキスパート、ませりん。



 あ、昨日はアキラ地雷博物館の受付嬢であるCHANDYの結婚式でした。
キレイにお化粧して、どこかの国の王妃様みたいになって出迎えてくれました。お幸せにね。

P1000906.jpg
                 新郎新婦とBILLさんJILLさんご夫婦。   

後継者募集中!
お問い合わせはメールにてお願い致します。(lazymihoko@gmail.com)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 18:13:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏真っ盛り!本日のお客様 | ホーム | 本日のお客様>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/154-cc5e82a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)