FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「プノン・バケン」での地雷撤去活動

アキラ氏
遺跡の前に立つアキラ氏

9月30日(日)
24日の月曜日、アキラ氏に連れられて「プノン・バケン」での地雷撤去活動を見学して来ました。
「プノン・バケン」は夕日の鑑賞ポイントとして有名で、「アンコール・トム」の南大門手前の小高い丘陵地です。
麓から山頂までゾウに乗って登る事でも有名です。
そうなんです、あんまり大きい声では言えませんが、まだこんな所にも地雷が残っているのです。
もっとも一般の観光ルートからは外れていますが、隊員が地雷撤去をやっている直ぐ先の遺跡の上には、日本人観光客の姿がちらほら見えました。
観光客が大勢訪れる有名な遺跡ですので、政府からはなるべく目立たぬ様に撤去活動を進める様にとのお達しが有り、爆破処理も場所を変えて行う様です。
 (オイオイ、それなのにブログに書いていいのかよ)

ここで少し、カンボジアの内戦の歴史に触れたいと思います。
 ポル・ポト率いるクメール・ルージュが、1975年4月にアメリカの傀儡であるロン・ノル政権を倒して、中国の毛沢東に強い影響を受けた共産主義政権を樹立します。
国名もそれまでの「カンプチア人民共和国」から「民主カンプチア」に改め、都市住民を田舎に強制移住させ、過酷な重労働を強いるのです。インテリ層にはことごとく反革命分子のレッテルを貼って、大虐殺の対象とします。この時殺された人、重労働で倒れた人の数は170万人以上、一説には300万人とも言われています。当時の人口は800万人から900万人ですので、背筋の凍りつく様な大虐殺が同じカンボジア人によって行われた訳です。
更にはあらゆる文化、文明を否定し、社会基盤を破壊し尽します。宗教も禁止、教育も廃止、流通している紙幣も廃止と言う訳です。
その上ベトナムとの国境紛争を起こして、ベトナム軍の侵攻に合います。ベトナム軍だけでなく、ポル・ポト派から袂を分ったヘン・サムリン率いる「カンプチア救国民族統一戦線」の部隊が1978年12月に共に攻め込んで来て、僅か半月足らずでプノンペンを解放し、ポル・ポト派は政権を手放して主力部隊はタイ国境へ、またその他の部隊はそれぞれの地のジャングルへと逃げ込み、その後も内戦を続けます。
ベトナム軍がシェムリアップに入ったのは1983年ですが、それからベトナム軍が撤退する1989年迄の間、遺跡周辺での戦いが繰り広げれられたのです。
ですから周辺は地雷だらけであり、遺跡も相当破壊されました。
この「プノン・バケン」の地雷も、そうした中で埋められたものです。

アキラ氏と言う人は、この内戦に翻弄され続けた人物です。
生まれて直ぐに両親と引き離され、ポル・ポト派の子供グループの中で育てられ、10歳の時には一端の少年兵として戦場に駆り出されます。13歳の時にシェムリアップのジャングルの中でベトナム軍と戦っている時にベトナム軍に捕まり、その後はベトナム兵となって昨日まで仲間だったポル・ポト派と戦う事になります。ベトナム軍が引き上げた後は、今度はカンボジア政府軍の兵士となってポル・ポト派と戦います。
20歳になった時やっとこの国を平和にする為に、国連の「カンボジア暫定統治機構」所謂「アンタック」が平和維持活動をしに入り、アキラ氏はその手伝いとして初めて地雷撤去活動をしたのです。その時に「自分は今まで多くの地雷を埋めて大勢の人を苦しめて来た。これからはこの地雷撤去活動を一生の仕事とし、これまでの償いをしよう」と決心したのです。そしてそれ以降地雷を掘り続け、現在に至っています。

長くなりましたので今回はこれ位で終わり、アキラ氏の人となりについてはまた改めて紹介したいと思います。
今回はいささかマジな内容になりましてスイマセン。
次回はまたピンク路線で攻めたいと思いますので、是非とも見放さずに読んで下さいネ。


地雷撤去エリア地図
地雷撤去エリア地図

地雷撤去作業中
地雷撤去作業中

発見された地雷や不発弾
発見された地雷や不発弾

遺跡の頂上に見えた日本人客
遺跡の頂上に佇む日本人客

隊員達との記念撮影
しばしの記念撮影(私の隣はオーストラリア人)


ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 2012/09/30(日) 05:46:10|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「スロラニュ・プロジェクト」の紹介 | ホーム | 「めくるめくピンパラの夜」・・・みたいな>>

コメント

いやー!実際に地雷除去している写真は、緊張感がありますねえ。こんな情報は、現地で地雷除去に関わっている人しか発信できませんね。これぞ川ちゃんのブログの威力(^_^)v ピンク路線も川ちゃんらしくて、それなりに楽しいのですがね(^_-)
こちらは、急に秋めいてきました。日が陰ると寒いくらいです。あの猛暑を少し冷凍でもしてとっておきたかったです。冬の寒さや夏の暑さを貯蔵できるようになるとすばらしいなあと思っています。 byカズ
  1. 2012/10/01(月) 16:10:01 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

プノンバケン
見学してましたわ(^^;
まさか、近くに地雷が残ってるとは・・・。
ビックリです(^_^;)

私事ですが、9月29日無事娘の結婚式終わりました。で、30日に関西国際空港へ送っていったのですが、あの空港の空気と雰囲気を体で感じたら、思わず見送りどころじゃなくなり、そのままシェムリアップまでいってしまいそうな行動に、家内から アホ! の一言で現実に戻された次第です(>_<)

あーっっっ、早くいきたいですわ。

  1. 2012/10/01(月) 23:02:21 |
  2. URL |
  3. 高橋 #-
  4. [ 編集 ]

返信

カズさん
自然が思う様に操れたらいいのにと私も思います。こちらは毎日雨ばかり。ですから今月はアキラさんも、近場で地雷撤去活動を行う予定です。4日からはバンテアイスレイ遺跡から数十分の所での活動です。
私もまた、在住日本人数人を連れて見学に行く予定です。

高橋さん
娘さんの御結婚、おめでとうございます。
奥さんからの「アホ!」発言は最高ですネ。上手く奥さんを説得し、早くこちらに来て下さい。
直接話したい事が一杯有りますので。持って来て貰いたい物も有りますし~。
  1. 2012/10/01(月) 23:46:18 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/16-fd2ffe9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)