川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

初めまして。よろしくお願いいたします。


2015年10月5日(月)

この度、Akira 地雷博物館の日本人ボランティア・ガイドをさせていただくことになりました、三重県出身の後藤朱実と申します。

約2か月弱と言う短い期間ではありますが、博物館館内の説明、Akiraさんの思いを少しでもお伝えできればと思っています。
新米ホヤホヤ、つたない案内人ゆえ、何かと行き届かないことだらけと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
何かお気づきのことなどありましたら、じゃんじゃん教えて下されば嬉しいです。

また、このブログの更新が大変遅くなりましたことお詫びいたします。

  先月の9月26日(土)にシェム・リアップに到着いたしまして、翌週の28日に、まずは博物館での実地練習をと意気込みました。

そして29日の火曜日、お昼前頃に、どことなく日本人らしきお若い女性が来館されたのですが、まだまだ超新米故、日本人じゃなさそうと思い込み、お声掛けできず、果て、もうお帰りになられる直前に、日本からの方と分かり慌てました。
「ご説明を」と控えめな申し出に、「いえ、もう帰るところです。でも、一つお聞きしたいのですが、何故このような地雷の博物館があるのですか?」と聞いて下さいまして、簡単に説明させていただくことが出来、ほっと胸をなでおろした次第です。

午後からは、H.I.S. のツアー客が一組で、ガイドの方が熱心に説明されていたので、超見習いの私としては、内心ホッと(?!)。
やれやれです。
そのツアーのお客様がビデオの鑑賞中に、ちゃっかりとガイドの方に、「はじめまして」と、ご挨拶をする運びとなり、まあスタートから、なんと図々しいガイドの幕開けとなりこの日は終了。

今の時期、特に今年は、日本人のお客様が激減してるようで、この分だと私が案内人として何とかちょっとだけかっこよく出来るのはいつ頃だろう?そんな時が来るのかしら??と、一抹の不安と期待でいっぱいのカンボジア生活が始まりました。

シェム・リアップにお越しの日本のお客様、どうかAkira 地雷博物館にいらしてくださいね。

DSCF5018.jpg

IMG_20150928_130706.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/10/05(月) 21:56:44|
  2. 博物館関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<本日のお客様  見習いガイドが始まりました | ホーム | さようなら。ありがとう。>>

コメント

お疲れ様でした。

日本人かどうか、区別が付きにくい方が結構います。どう見ても日本人だと思ったらマレーシア人だったり、絶対違うと思った人が日本人だったり・・・。でも、そうした事も楽しみの一つです。肩の力を抜いて、ボチボチ頑張って下さい。
  1. 2015/10/09(金) 22:40:21 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした。

早速のコメントをありがとうございます。
まあ、ボチボチですね。ほんと、アジアの方だから・・・・と思ってお声掛けしてるのですが、中国や台湾からの方たちが多いですね。来月はきたいしています。
  1. 2015/10/16(金) 00:03:40 |
  2. URL |
  3. joyjoy1954 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/168-14a97ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)