川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

やっぱり、話題に事欠かないカンボジア・・・

10月15日(木)久しぶりのブログ更新となります

ご報告いろいろ・・・・・

10月8日(木)   本日のお客様

私が来る前から、ぐっと日本人の訪問が少なくっていたとお聞きはしていましたが、
今日はどうだろう・・・・とぐっと期待をもって博物館へ・・・・・・

朝一番のお客様は、福岡からお越しのフジタ様。
バンテアイ・スレイへ行かれる前にお立ち寄り頂きました。
30分位でとのことでしたが、40分間、つたない説明にとても熱く耳を傾けて下さり、
とてもさわやかな笑顔で「東洋のモナリザ」へと向かわれました。
ありがとうございました。
DSCF5091.jpg


10月9日から12日まで、カンボジアのバッタンバン、パイリンに行って来ました。
そして、そこで、またまた今までにはない話題続出ですが、それは後程のお楽しみ、お楽しみ・・・・・

12日の夜にバッタンバンから戻った翌日、早速の10月13日(火) 本日のお客様は、

関西方面からお越しの3名の女性仲良しさん。お写真はなしでしたが、
約60分間、うなずきながら、またたくさんのご質問もしてくださいまして、戦争のもたらす悲劇に強い感心を感じさせてもらいました。
また、お一人の方は、ずいぶんお若い時にシェム・リアップを訪問されたことがあるらしく、
そのときに、確か、遺跡の近くから、地雷への危険表示をみたような気がします、とおっしゃってみえました。
10年ほど前だったら、まだまだこの近くでもそういう危険個所の立て看板が目についたかもしれませんね。
明日、日本にお帰りとのこと。帰国直前のお忙しい中お越しいただきとても嬉しかったです。



そして、10月13日の午後からは  在住中のプノンペンからおいでいただきました
看護師の、OKAZAKI  Akiko 様  先にお越しのお二人の方と一緒にご案内させていただきました。  
今プノンペンに滞在し、カンボジアの医療向上のためのNGO”Japan Heart"で、活動中とのこと。 先日、ようやくウドンに病院建設への起工式を行ったとのこと。そこを拠点にして、更に貧困地帯への医療を充実させる計画があるとのこと。この国の医療向上のためにこれからのご活躍をお祈りさせていただきます。

後お二人のお客様と3人でご一緒に仲良くハイチーズ!・・・・・・・ 途中、土砂降りの雨となり、室内で撮らせてもらいました。
なんと嬉し!三重県からお越しの中川一郎さまと千葉の田中美江様
(三重もミエ・・・わが街コモノの同郷じゃ~~~~!!!)

そして、な・な・なんと・・・この二人と、昨日までバッタンバン、パイリン方面に重要(?)なお役目のお伴させてもらってたのです。
この国のことや、地雷のことなど、この日も少ないお客様でしたが、とても充実の時でした。

そして、先日からお盆のため、地雷博物館のリリーフセンターの子どもたちやスタッフの人たちが故郷に帰ってる中、
残った子どもたちがガンバってスタッフとして活躍してる姿に心打たれました。

久しぶりに、ビルさんにもお会い出来て、とってもハッピーな一日でした。

IMG_20150928_130657.jpg
DSCF5272.jpg
DSCF5274.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/10/15(木) 23:46:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お盆休み最後の土曜のひととき | ホーム | 復帰の日はお一人だけでした>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/172-af5fae52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)