川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

船便荷物の到着で気分晴れ晴れ

3月6日(日)

私がカンボジアに再上陸しましたのが1月27日ですから、既に1ヶ月以上が経過しました。
2年間のブランクが有るとは言え3年間住んでいましたので、大抵の事は分かっているつもりでしたが、それでも見るもの聞くもの全て新鮮で、この1ヶ月間飽きる事が有りませんでした。
カンボジアは常に躍動しています。
胸躍る楽しい日々が再び始まり、喜びで一杯です。
一番嬉しいのは、日本と違って、昼間から酒を浴びる程飲めることかな?ガハハ

そんな中、唯一心配事が有りました。
日本を発つ前の1月22日に、船便で送ったダンボール4箱の荷物の事でした。

荷物を送る際いくつかのルールが有り、カンボジアへは送付出来ない物品が有ります。
例えばヤクとブツ。
ヤクったって単なる風邪薬などであり、ブツったってデジカメとかですがね。
私はこのヤクとブツをこっそり他の荷物の中に紛れ込ませました。

それから、内用品の詳細な内訳を英語かフランス語で記載する事になっているのですが、そんなもん、事細かに書き出していたら、用紙が何枚いるか分かりませんし、辞書で何時間も調べなければなりません。
そこで私は、1箱に本当は50品目位有るのを4品目位にまとめて書いて、お茶を濁しました。
その荷物を郵便局に持ち込んで発送手続きをした時に、私がガムテープで箱のあちこちをグルグル巻きにしているのを見た局長が、「どうせ税関で箱を開けて中身をチェックしますがねえ」とのたまったのです。

そんなアホな。

そんな事をされたら、中のヤクとブツが発見され、また、添付の明細書が出鱈目な事がバレてしまうではありませんか。
それからと言うもの、荷物が無事届くまで気が気ではありませんでした。
もしバレたら逮捕されるんではないかとか、罰として私の大事な部分をハサミでチョン切られるんではないかとか・・・(シェムリアップの私の住んでいる近所で、ついこの間、男女の色恋の縺れから女性が首を切り落とされると言う事件が起こったばかりで、その事が頭にこびり付いていて、ついこんな発想が生まれました、ハハハ)。

前にこんな事も有りました。
弟に頼んで、日本から「デジカメ」と「正露丸」を送って貰った事があったのですが、弟は私以上に大胆で、明細書には英語で「辞書と食料品」と書いて送って来たのです。
あの時は本当に、荷物が届くまで生きた心地がしませんでした。
弟はもう50歳を超えていて、勤務先の銀行ではそれなりのポストに就いているのですが、
荷物を開封されて中身が違法物品と認定された場合、外為法か何かに触れて、私の所為で弟が犯罪者になり、その後の人生を棒に振ってしまう事にでもなったら一体私はどうやって責任を取ればいいんだろうかと本気で心配しました。

まあそれは余談ですが、そもそも、荷物が無事届くのかも心配でした。
或いは、無事届いたとしても、中身を抜かれているのではないかとの不安も。
私はこれまで3、4回、日本からカンボジアへ、またカンボジアから日本へ荷物を送っていますが、いつも無事届いていました。
(まあ、手紙類は届かなかった事も有りましたが。)
しかし、つい先日、シェムリアップ在住の日本人の友人が、「郵便局から荷物が届いたとの連絡が入ったので取りに行った所、担当者がそんな物は届いていないと言うので今揉めている」と言うのです。結局、後日無事手許に届いた様ですが、一時は誰かに持ち去られたのではないかと本気で心配しました。
カンボジアの郵便事情は、まだまだお寒いものがありますので、こうした心配は尽きません。


P1080210.jpg
シェムリアップの郵便局

P1080212.jpg
郵便局の中

カンボジアでは、郵便物の宅配制度はまだ無い(と思っていました)ので、郵便局に荷物が届けば、受取人宛て郵便局から電話かメールが入り、それを受けて受取人が郵便局へ郵便物を取りに行くというシステムでした。
ですから、荷物なり郵便物には必ず受取人の電話番号を記載しておかなければなりません。
今回私が日本から荷物を送った際は、まだ住所も電話番号も決まっていませんでしたので、
今、同じアパート(正しくはゲストハウス)に住んでいます、友人のTさんに頼んで住所と電話番号を教えて貰い、Tさん宛てに荷物を送っていました。


P1080206.jpg
Tさんと私の住んでいるアパート(ゲストハウス)

P1080168.jpg
アパート近くの国道6号線

その荷物が一昨日、無事に届いたのです。

P1080208.jpg
無事届いたダンボール4箱の船便荷物

P1080217.jpg
ヤクとブツ


しかも、郵便局からTさんのアパート、つまり私の今の住まいに宅配してくれたのです。
この宅配制度については、友達のカンボジア人や日本人の仲間に聞いても誰も知りませんので、まだ始まったばかりのシステムかも知れませんが。
何れにしても万々歳で、頭に掛かっていた靄が一遍に晴れて気分爽快です。

気分がいいので、今晩飲みに行こうっと。

尚、今回のブログを読まれた方は、この内容が決して犯罪を助長する意図で書かれたものでは無い事をご理解頂き、一切他言無用でお願い致します。ハハーッ




本文とは関係有りませんが、賑やかしに先日見掛けた象と豚の写真を掲載致します。

P1080163.jpg
博物館からの帰りに出くわした、象さんと私のバイク

P1080177.jpg
博物館に立ち寄った、豚さん



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで


スポンサーサイト
  1. 2016/03/07(月) 00:14:39|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<本日のお客様 | ホーム | 本日のお客様>>

コメント

ご無事でなにより!

川ちゃん!!

荷物の件~~~!!!
よかったですね^^!!

実は私も、川ちゃんの荷物の件、果たしてどうなったものかと・・・・ずっと気になってました。

へっ~~! 無事届いたようで、しかも、宅配してもらったなんて!!びっくりひょっこりですう。

無事に、ヤクもブツも存在してたようでホッとです。
そりゃ、あれら要りますよ。必需品ですわ。でも、原則入れたらだめだなんて知りませんでした。

そうそう、住所と電話番号、どうしたのだろうとおもってたのですが、そうだったのですね。
私の時は、川ちゃんあてに送りますのでその時はよろしくね。

とにもかくもよかったです。ところで、箱の梱包ガムテープは開けられてなかったですか?

  1. 2016/03/07(月) 18:01:47 |
  2. URL |
  3. Akemi G. #-
  4. [ 編集 ]

返事

そうなんです、Akemiさん。無事届いて安心し、本当に気分爽快です。    梱包も、開けられた形跡はありませんでした。
全部の荷物を開けるなんてことしてたら、係員が何人居ても足りませんので、そんな事は無いとは思っていましたが、でも、幾つかピックアップして開けるのではないかと思うので、それに該当しなくて本当に良かったです。バンザ~イ。 
  1. 2016/03/08(火) 00:48:05 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

川広さん、弟さん、大胆ですね。
前回の滞在ではデジカメを壊しまくってらっしゃいましたので、今度のは長持ちして、たくさんの写真達を映してくれることを祈っています。
  1. 2016/03/12(土) 17:30:50 |
  2. URL |
  3. 楓 #-
  4. [ 編集 ]

返信

楓さん、ありがとう。デジカメに砂が入ってよく壊れました。ですから今回も、予備を1台持って来たという訳です。写真を撮りまくりますよ。
  1. 2016/03/13(日) 19:57:03 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/197-bbca3045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)