FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

1000年の歴史「スピアン・コンポンクディ」

案内板
「スピアン・コンポンクディ」案内板

10月28日(日)
24日の水曜日、仲間と3人で「スピアン・コンポンクディ」を見学して参りました。
スピアンとはクメール語で橋の意味。
そうです、「スピアン・コンポンクディ」とは、コンポンクディにあるので「コンポンクディ橋」と言う何のひねりも無い名前ですが、これはそんじょそこらの橋ではありません。
何と1000年の歴史を誇る、アンコール王朝時代に作られた石の橋です。
「アンコール・ワット」なんかよりももっと古く、日本で言えば平安時代。あの牛若丸が弁慶と戦った京都・五条大橋と同じ頃に作られた橋です・・・きっと。 (いい加減ですので、人には言わないで下さい。ヘッヘッヘッ)
長さ80メートル、幅12メートル位あり、非常に頑丈で立派な橋です。
今でこそ大型バスやトラックは通行出来ませんが、つい先頃までプノンペン行きのバスは、この橋を渡っていたそうです。ホントにオッ・チャー(凄い!)ですよね。

前々から話しに聞いていて、是非一度この目で見てみたいと思っていたところ、「アキラ地雷博物館」のお客さんとして知り合った古川辰己さんに「カンボジアの田舎を見学に行こう」と誘われて、その古川さんの知人のカンボジア人・ソックミン君の実家があるシェムリアップ州コンポンクディのコクト・ロック・ルー村に泊り込みで行ったのが、この橋を見るそもそものキッカケでした。
コンポンクディはシェムリアップの街から国道6号線を東に約60キロの距離にあり、ソックミン君の実家はそこから更に北に10キロ入った所に有ります。
博物館の仕事を終えた23日の夜、日本人のオッサン2人とカンボジア人の若者1人が100ccのホンダバイクに3ケツして一路コンポンクディを目指しました。
最初は大人しく走っていたものの、同じ3人乗りのバイクに追い抜かれたところで根っからの走り屋の本能に火が点き、あとはアラカン暴走族の本領発揮です。
そうです、前のブログ「カンボジア交通事情」で登場した「赤い稲妻」の彼とは、読んだ人全員がお気付きの通り、何を隠そうこの私の事です、ヘッヘッヘッ
夜の国道6号線を目一杯ブッ飛ばし、顔に大小様々な虫がバチバチと張り付いてくるのを物ともせず、走るわ走るわ。  
日本でだったら間違い無く、警察に御用になっていたでしょう。
後ろの二人も、生きた心地がしなかったと思います。ホンマに我ながらアホです。
6号線から北に入った道は未舗装で、かなりの悪路。今年は雨が少ないからいいものの、去年だったらバイクでは相当苦労したであろうその道を、何とか誰一人バイクから落っこちる事無くソックミン君の実家に無事に辿り着きました。19時半頃の事です。バイクで2時間の長旅でした。
この後見ず知らずの私如きを大歓待してくれ、改めてカンボジア人の懐の深さ、心の優しさに触れてその夜は心地良く就寝。子供の時以来久し振りに蚊帳で寝ました。
夜中に大雨が降ったにも拘わらず、日頃の行いが良いせいで(どこがじゃ)、朝には快晴。
その中を朝食の後、近所のお寺、貯水池の水門、日本人の支援で建ったと言う学校などの見学に出掛けました。
そして午後になって待ちに待った「スピアン・コンポンクディ」を見学しに行ったと言う訳です。

この橋は1000年の間、カンボジア人の暮らしをつぶさに見て来た訳で、壮大なロマンを感じます。
多くの人や牛や豚やカエルやヘビやトカゲやネズミやアヒルやワニ(人以外はこの国の人の食材です)がこの橋を往来し、内戦の歴史も見ています。この国の栄枯盛衰を全て知っている訳です。
そんな橋が1000年の風雪に耐え、今でも普通に使用されている訳ですから、当時のカンボジア人の技術力の高さ、高度の文明に脱帽せざるを得ません。
今のカンボジアは、30年近くに渡る内戦でインフラが破壊され、文明も輝きを失っていますが、当時は世界でも有数の文明国だった訳です。
昔いくら栄えていても、愚かな戦争によって国は発展を止め、後退してしまうと言う顕著な例です。
日本も決して他人事ではありません。いつまでも愚かな政争に明け暮れていると、かつては幾ら世界のトップランナーを自負していても、世界にどんどん遅れを取って行きます。
政権を取る事にばかりうつつを抜かし、国民生活を顧みないと国の進むべき方向を見誤りますぞ。
話しが横道にそれましたが、帰途は横道にそれる事無く、真っ直ぐシェムリアップに戻って来ました。帰りはまだ明るかったので、行き以上にブッ飛ばした事は言うまでも有りません。おかげで楽しい時を過ごす事が出来ましたが、3人乗りはしんどかった~。
窮屈な姿勢で長時間走ったので、未だに内股が痛くて堪りません。
3人乗りでもこんなにしんどいのに、4人乗り、5人乗りをやっているカンボジアの人達はホントに凄いです。
この力がこれからのカンボジアの原動力となって、かつての失われた文明を復活させるのではないかと期待します(かなり強引なこじ付けですが)

日本の皆様もゆめゆめ油断召さるな。
こんな混迷の時代だからと言って安易に強いリーダーを求めていると、いつポル・ポトの様な独裁者を頂に仰ぐ事になるか分りませんので、くれぐれも御用心を。
何とか維新だの裕次郎の兄貴だのに踊らされている場合ではありませんぞ。
あ~あ、「スピアン・コンポンクディ」の魔力に触発されて、ついつい要らん事書いてしまった、ヤバイ、ヤバイ。

3人乗りでも誰一人落ちなかったですが、お陰で文章も落ちの無い、ピンクネタでも無いつまらないものになってしまい、申し訳有りませんです。
次回は是非ともピンクネタを。アアっ、これを書くとまたプレッシャーが・・・。


スピアン・コンポンクディ2
人が行き交う「スピアン・コンポンクディ」

スピアン・コンポンクディ
「スピアン・コンポンクディ」の橋脚

ナーガの前で
橋の守護神「ナーガ」の前に立つ古川さんとソックミン君

お寺に集う人々
朝のお祈りの為、お寺に集う人々

お寺からの帰り2
お寺からの帰り

お寺からの帰り
お寺からの帰り2

田んぼに出勤
田んぼに出勤の図

貯水池の水門
貯水池の水門

貯水池の水門2
貯水池の水門2

貯水池の水門3
貯水池の水門3

貯水池の水門4
貯水池の水門4

日本人が建てた学校2
日本人が建てた小学校

日本人が建てた学校
学校の看板


ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 

スポンサーサイト



  1. 2012/10/28(日) 07:51:01|
  2. 旅行、探検ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ピンクネタでなくアリネタです | ホーム | シハヌーク前国王の死とその周辺>>

コメント

パソコンがぶっ壊れていました

3週間ほど前にパソコンがいきなりブルー画面になり、英語の文字が羅列されてぶっ壊れました。回復を試みましたが結局ハードディスクの物理的損傷ということでアウトでした。
先週、某量販店のノートパソコンの10台限定の安売りに並び、応募者が多ければ抽選のところ、結局並んだのは自分だけという拍子抜けで新しいパソコンを手に入れました。ウィンドウズ8の発売直前で、ウィンドウズ7のパソコンには飛び付く人がいなかったのかな~。
そういう訳で久々にブログを拝見しています。バイク3人乗りで2時間運転とは、相変わらず無茶をしていますなぁ、タフというか無謀というか(失礼)。でもそういう行動力があるから多くの人との出会いがあるのでしょう。
風邪をひいていたとのこと(治ったのかな?)お気をつけ下さい。ひいてしまった風邪は市販の薬では治りません。早めにお医者さんにかかりましょう。
日本の政治は本当迷宮に入り込みそうです。総選挙があったらどんな構図が出来上がるのやら、ちょっと怖い気がします。
  1. 2012/10/28(日) 16:19:08 |
  2. URL |
  3. 坂の下の石 #aLXS0lNA
  4. [ 編集 ]

返信

3人乗りでこんなに長距離を走ったのは初めてで(1人でも初めて)、最初はゆっくり走るつもりだったのですが、ついつい気が付いたらエンジン全開。一体何なんでしょうね、いい年こいて。
こちらに来る前にも高速道路を車でブッ飛ばし、息子に呆れられましたが、全然成長していません。
60歳になるまでには、何とか大人にならなければと本気で考えています。一種の病気でしょうね。
病気と言えば風邪は、何とか1日2日前に治りました。かれこれ2週間患っていました。こちらではホントによく風邪を引きます。若いつもりでいても、身体は確実に老いていっている様です。
  1. 2012/10/28(日) 17:46:35 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

丈夫なおしり(^_^)v

おはようございます。こちらは急に冷え込んできて、朝や夜は暖房がほしくなります。ラジオでもさかんに冬型の気圧配置と言っています。まあ、身体はぴりっと引き締まりますね。
今回のブログを見て、みなさん丈夫なおしりだなあと感心しました。2時間近くも3人掛けのバイクで走るなんて信じられません(^^;)写真で見る限り、舗装されていない道路ですよねえ。とにかくすごいなあと感心した次第です。こちらでは風邪が少々はやって来ました。お互い、風邪にはくれぐれも気をつけて過ごしましょう(^_^)/
  1. 2012/11/02(金) 06:21:33 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

返信

大半は舗装道路だったのですが、10キロ程は赤土の凸凹道でした。仰る通り尻と内股が痛くて、腰を浮かしながら乗っていました。もう2度としたくありません。
日本はさぞかし寒くなってきた事でしょう。こちらはまだ雨季が明けてませんが、近い内に乾季に入り1年中でもっとも過ごし易い時期になると思われます。
  1. 2012/11/02(金) 21:12:03 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/20-7a08c9f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)