川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「今、大変気懸かりな事」の続き

5月22日(日)


P1090013.jpg
マンゴーの王様スヴァーイクティッヒ   これでたったの1.5ドル


17日の火曜日に「カフェ・モイモイ」から遂に電話が掛かって来ました。
そうです、あのマンゴーの王様スヴァーイ・クティッヒが入荷したと言うのです。
前にもブログ「とろけるような甘~いカンボジア生活」で書きましたが、「カフェ・モイモイ」はこのスヴァーイ・クティッヒの食べれる唯一のレストラン(と勝手に思っています)であり、例年4月半ばになるとこれ目当ての客が殺到します(と想像しています)。
私はこのスヴァーイ・クティッヒが大好きで、今年1月末にカンボジアに再上陸して以来ずっと4月を楽しみに待ち続け、4月半ばになって満を持して店に飛び込みました。
すると、やはり異常気象の所為か今年は例年よりかなり生育が遅れているとの事。
入荷したら電話をくれるよう約束して、その日を待ち続けていたと言う訳です。
そして17日にやっと電話が入り、翌日の18日に食べて来ました。
ああ、とろける甘さ。極楽、極楽。これでたったの1.5ドル。
カンボジアバンザ~イ。
それにしても、今年は時期が1ヶ月も遅れています。
日本の政治も異常が続いていますが、カンボジアの気候も異常続きです。

さて、その日本の政治について、先週に続き書きたいと思います。
もういいよ、なんて仰らずに是非読んで頂けたら嬉しいです。

今年の夏には天下分け目の参議院選挙が有ります。
今回の選挙は、今後の日本の針路を大きく左右する、これまでのどの選挙よりも大きな意味を持つ選挙だと思っています。
これで現政権が仮に勝つ様な事になるなら、昨年の安保法制を始めとする数々の悪政が国民の信任を得たとして、これまで以上に嵩に懸かって国民泣かせの政治を推し進める事になるでしょう。
そして、更には自公とその補完勢力で非改選議席と併せて議席総数の3分の2を超える数を得る様な事にでもなれば、間違い無く安倍首相念願の憲法改悪に踏み切るでしょう。
そんな事になったら、もう日本はお先真っ暗ですよ、皆さん。

安倍政権がこれまで何をやって来たのか、何をやろうとしているのかを考えてみましょう。
安倍政権と言うか、自民党と言う政党そのものが、財界を後ろ盾とした大企業べったり、一部特権階級、お金持ちを味方につけた政党です。
ですから、目指す方向は財界が望む方向と完全に一致しています。
それが証拠に、財界は自民党に対して企業献金と言うワイロを送っているでしょ。
企業と言うのは、儲けて何ぼの世界です。その企業が、何の見返りも無しに企業献金な
んかする訳無いでしょ。こんな事は子供でも分かります。
しかし、自民党は飽くまで白を切ります。金を貰ったからと言って、それで政治を左右する事など一切無いと。
ですけど、やっている事はどうでしょう。
労働環境をフレキシブルにして、それぞれが希望する働き方を選べる様にするとの名目で労働者派遣法の改悪をどんどん進め、非正規労働者を増やし、企業の賃金コストの削減に力を貸します。今や非正規労働者が4割を超え、将来の生活不安の為結婚出来ない若者が増加の一途です。そして今後も、ホワイトカラーエグゼンプション(一定年収以上の人の残業代をゼロにする)とか解雇の金銭的解決制度とか経団連の要望に沿った形での労働法の改悪を次々と画策しています。
こんな事が実現したなら、今話題のブラック企業を合法化する様なものです。
雇用が不安定化すると、将来に対する不安が増大し、社会秩序も乱れるでしょう。
年金もまともに掛けられない人が益々増えるでしょうから、制度そのものがこの先持続するのかどうかも危うい限りです。
子供の貧困問題も益々大きくなり、貧富の差が拡大し、活力の無い、夢の持てない社会になってしまうでしょう。
自民党もまさかそんな社会を望んでいる訳では無いでしょうが、このまま進めて行くと結果的にはそうなってしまいます。
でも、そんな事を進めている同じ人物が、口では「1億総活力社会の実現」などと言っています。全く訳が分かりません。
こんな自民党に、いつまでもやりたい放題させている訳には行きません。
皆さん、大きく「ノー」の旗を掲げて、是非立ち上がりましょう。

ここまで書いて来て、もう相当の長さになってしまいました。
まだまだ言いたい事は一杯有りますので、今後もシリーズで何度か書きますので、皆様是非お付き合い下さい。宜しくお願い致します。





後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで


スポンサーサイト
  1. 2016/05/22(日) 18:58:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「今、大変気懸かりな事」の続きの続き | ホーム | 今、大変気懸かりな事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/216-91630271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)