川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

結婚式のその後の不安な状況

6月26日(日)


DSCN0166.jpg
   ソテアレンとチャントリア


私のカンボジアの息子・娘であり、親友であるソテアレンとチャントリアの結婚式が、今月9日、10日とチャントリアの故郷のタケオで行われ、18日にはソテアレンの故郷のシェムリアップでも行われまして、私は両家の両親と共に式の最初から最後まで参加した為、書く時間が無くて先週と先々週のブログは休ませて頂きました。
申し訳ありませんです。
でも、2人からとっても幸せな気分を分けて貰い、私も幸福感に包まれ満足した次第です。
しかし、現実世界に戻ってみると、一編にメランコリーな気分に陥ってしまいました。



DSCN0325 (2)
   ソテアレンとチャントリアとどこぞのオッサン


日本で先週の22日に参院選の公示が行われ、いよいよ来月10日の投票日に向けて本格的な選挙戦に突入しましたが、各種世論調査の結果は、自公が非改選議席も併せて議席総数の3分の2を超える勢いとか。
安倍政権に対する支持率も、相変わらず非支持を上回ったまま。

「何でそうなるの?」と言わざるを得ません。

自公とその補完勢力が参議院で3分の2の議席を押さえると、衆議院では既に3分の2の議席を押さえていますから、間違いなく自民党結党以来の悲願である憲法改悪を発議してくるでしょう。
自民党の改憲草案を皆さん、ご存知ですか?
これはもう大変な代物でして、戦前回帰のアナクロニズム満載です。
9条の改悪が最も危険である事は言うまでもありませんが、それだけでは無いのです。
自民党は、現行憲法の三大原則である国民主権、基本的人権の尊重、平和主義は維持するのだと口では言っていますが、大嘘です。
天皇を国家元首と位置づけ、可能な国事行為の範囲を広げていますし、基本的人権の尊重では、公益及び公の秩序に反しない限りという制限条項を設けて大幅に規制しようとしています。
平和主義においては既に解釈改憲で集団的自衛権の限定的行使容認を果たしましたが、自衛隊を国防軍とし、2項を外して限定的行使容認の完全容認化を図り、海外で戦争の出来る国を目指しています。
更に緊急事態条項を新たに設けて総理の権限を大幅に拡大し、総理の専横を許すものとなっています。

先日、ネットで古館キャスターが最後に出演した「報道ステーション」のドイツからのリポートVTRを見ましたが、ヒトラーの制定した「国家緊急権」と「緊急事態条項」の類似性に言及していました。
ヒトラーが経済政策と民族の団結を全面に打ち出した事、「強いドイツを取り戻す」という言葉で民衆から支持を得て行った事、そしてヒトラーは巧妙に言葉を言い換え、独裁を「決断できる政治」に、戦争の準備を「平和と安全の確保」と表現していた事を紹介していました。
正に安倍首相が、「積極的平和主義」とか「集団的自衛権の行使は戦争をする為では無く、抑止力を持つことで戦争を防止する為だ」などと言っているのとそっくり同じです。
憲法は本来国の暴走を防ぐ法律であり、国を縛るものですが、自民党の憲法草案は逆に国民を縛るものとなっています。
国家を国民の上に置く国家主権に貫かれています。

最近本も出て、巷で話題になっている自民党の有力な支援者集団である「日本会議」には、露骨に明治憲法回帰を訴えるメンバーも居る程で、この憲法草案が更に先鋭化する可能性もあります。
自民党が目指しているのは、国民一人ひとりが幸せを感じる事の出来る国作りでは無く、強い国作りなのです。
強い国を作るためには、国民一人ひとりの生活は二の次なのです。
公の為には民は少々犠牲になっても構わないとの考えなのです。

そんな国になっていいのですか、皆さん?
今、この暴走を止めないと、私達は子孫に顔向けが出来ない事になってしまいますよ。
今度の選挙は、そうした支配者階級、特権階級の目指す独裁国家とも言うべき専横政治体制を許すのか、それともそれにノーを突き付けるのかの歴史的分岐点の大事な選挙です。
是非ともそれぞれの皆さんが貴重な1票の権利を行使して、戦後最悪最低の安倍政権に引導を渡しましょう。
そうでないと、本当に死んでも死に切れません。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで






スポンサーサイト
  1. 2016/06/26(日) 23:18:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「最後のお願い」 | ホーム | 人間の猫ちゃん?、リオ・オリンピック出場決定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/219-41a1b8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)