FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「カンボジア・アナコット」の紹介

千草さんと4人の子供達
「カンボジア・アナコット」代表・田中千草さんと、彼女が育てている4人の子供たち


11月11日(日)
今回の記事はカンボジア一番のマンモス校・シェムリアップの「ワットボー小学校」(児童数約5200人)で、校長補佐として仕事をしている北海道出身の田中千草さん及びその人が設立した「カンボジア・アナコット」の紹介です。

「アナコット」とはクメール語で「未来」の意味。
千草さんは私の娘と同じ位の年齢の人ですが、カンボジアの子供達の「未来」の為に、全身全霊で取り組んでいる凄い女性です。
最初はJICA(青年海外協力隊)の一員として、2007年1月にワットボー小学校に赴任し、2年間の任期を終えて帰国した後、3ヵ月後に今度は単独で同じワットボー小学校に戻り、元々は英語の教師ながら音楽教育を中心とした支援活動を行っています。
カンボジアではまだまだ音楽、体育、美術と言った情操教育は遅れていますので、千草さんはまず教員に音楽を教え、指導者を育成した上で子供達に教え、毎年1回乃至2回、「芸術音楽発表会」を開催し、地域の人や生徒の親達に子供達が習得した楽器演奏、歌、お芝居などの技術を発表する場を設けています。

私が「カンボジア・アナコット」の事を最初に知ったのは、去年私がカンボジアに来たばかりの4月頃、街に掲げられた「芸術音楽発表会」の告知ポスターを見て興味を持ち、見学に行ったのがそもそもの出会いでした。
子供達を指導している人に日本人が居たので帰ってネットで調べ、その人が千草さんである事が分りました。
その後そのホームページで、千草さんが学校での教員、生徒の指導だけでなく、里親会を組織して、貧しくて就学困難な子供達に対する日本の里親を募集し、就学支援を行っている事、また家庭環境により更に就学困難な子供数人を自ら引き取り、面倒を看ている事などを知りました。
私もささやかながら何か手伝いがしたいと思い、里親(確か昨年は92人)の1人にならせてもらったのが去年の今頃でした。
千草さんはその里子を選定するに当たって、400軒からの家庭訪問を実施し、より就学困難な子供を絞り込みます。そしてその後も家庭訪問を続け、親に対する適切なアドバイスも行っています。また、小学校の学区外にある貧しい村に米を配る活動までしています。
学校で授業、家に帰れば子供達、そして地域訪問とこの人は一体いつ寝ているんでしょう。
日本でも学校の先生が多忙なのは知っていますが、この人は自分の持ち時間全てを、こうした支援活動に捧げていると言っても過言では有りません。正にスーパーウーマンです。
私なんかは好きな時に動いているだけで、とてもボランティアなんて呼べるものでは有りませんが、この人は正真正銘ボランティアの鑑です。若いながら尊敬すら覚えます。
実はまだお会いした事は有りませんが、カンボジアにはもう1人、「アンコール小児病院」に勤める赤尾和美さんと言う凄い女性が居る様です。
私にとって、アキラ氏とこの日本人女性2人が大いなるリスペクトの対象です。

これを読んで頂いた貴方も是非、今年度の里親に登録して下さい。
年間18000円のカンパで1人の子の里親になれます。
現在あと13名の里親を募集している様です。
詳しくは 「カンボジア・アナコット」のホームページ(http://anacott.web.fc2.com/)を御覧下さい。
私のホームページ『アキラ地雷博物館・日本人応援団』 (http://akira-landminefree.org)にもリンクを貼らせて貰っています。

今回はマジなガチネタになりました。
次回はまた砕けたいと思いますので、引き続きご愛読の程よろしくお願い致します。


食事の時
千草さんが育てていると4人の子供たちとオッサン1人。ホントに可愛い子供たちです。


ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村





スポンサーサイト



  1. 2012/11/11(日) 09:24:31|
  2. 人物紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ああ驚愕の千本リンガ | ホーム | ピンクネタでなくアリネタです>>

コメント

すてきです(*^_^*)

写真の中の皆さん、とってもいい笑顔ですね(*_*)
見ているこちらまで幸せになります。もちろん、おっさんもいい笑顔です(^_-)
こちらは急激に気温が下がり、明日朝は10℃を下回るようです。昼間も13℃くらいまでしか
上がらないと予想されています。
季節感がなくなってきたとはいっても、日本では季節ごとに食べるものが違ってきます。
そちらでも、「旬の物」というような季節感はあるのでしょうか?
私は、早々とインフルエンザの予防接種を受けましたよ。
川ちゃんはよく風邪を引くので、くれぐれも用心してくださいね。(^^)/~~~
  1. 2012/11/13(火) 20:02:06 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

返信

日本の様な旬の食材と言ったものは殆ど無いと思いますが、しかし果物などには旬が有ります。私の大好きなマンゴーなどは4月~6月が旬です・・・と、思ってました。ところが最近また見掛けますので、正直よく分りません。でも季節感はそれ程無くても、年中美味しい物が味合えますよ。
この写真に写っている子供達は、千草さんに引き取られて幸せな生活を送っていますが、生活苦に喘いでいる子がこの国にはまだ一杯居ます。勿論日本にもまだまだそうした支援を必要としている子が一杯居ますが、その子達への支援に加えて、他国の子供達への支援を同時に行う事で、日本人の素晴しさを世界に示す事が出来ると思います。応援よろしくお願い致します。
  1. 2012/11/13(火) 21:02:38 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/22-c100109d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)