FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「サマキ・トロピアン・クロサーン小学校」訪問の記

10月16日(日)



DSCN0422.jpg
左からソテアレン、田辺美穂子さん、生徒、校長先生、何処ぞのオッサン



発表が遅れてしまいましたが、3ヶ月前の7月20日に田辺美穂子さん、ソテアレンと一緒にアンロンベン近くの、とある小学校を訪問しました。
田辺美穂子さんのことについては先週のブログで書き、次回のブログでより詳しく紹介しようと思っていますが、2年前に私が日本に帰国した後の5ヶ月間、「アキラ地雷博物館」でボランティアガイドをしてくれた広島出身の女性です。
このブログにも、2014年2月から6月までの5ヶ月間、記事を書いてくれていますので、皆さんもご存じと思います。
その美穂さんが、7月18日から10日間、2年ぶりにシェムリアップにやって来たので、彼女の要望に応えて、その小学校を訪問致しました。
 その小学校とは、今は芸能界を去ったお笑いタレントの島田紳助が、テレビ番組『行列の出来る法律相談所』の中の一企画「100枚の絵でつなぐ!カンボジア学校建設プロジェクト」で有名人の書いた絵をオークションに掛けて資金を集め、その金で2009年にカンボジアに幾つかの学校を建てた内の一つです。


シェムリアップ州ロビアン・クロサーン村にある「サマキ・トロピアン・クロサーン小学校」と言うのが、その学校の名前です。
私は、その番組を見ていなかったので詳しくは知りませんでしたが、噂では色々聞いていました。
凄い金を集めて立派な学校を建てたはいいが、後のフォローを全くしなかったので今は廃校になっていると言うのがもっぱらの噂であり、ネットでもそうした書き込みが幾つか有りました。
そのネットで分かったのが、幾つかの学校の内、シェムリアップ州に「サマキ・トロピアン・クロサーン小学校」と言うのがあるという情報でした。
他の学校は場所が遠そうだったので、とりあえずシェムリアップ州内の学校に行こうと思いましたが、ネットの情報に有ったシェムリアップ州ロビアン・クロサーン村と言うのが一体どの辺りの村なのか見当も付きません。地図を調べたりネットで調べたりしても出て来ません。
思いあぐねている時にカンボジア情報通の或る人の存在を思い出し、尋ねたところ「それはアンロンベンの手前にある小学校だ」と教えてくれました。

美穂さんという人は、長年環境保護活動とりわけ最近では、インドネシアのカリマンタン島でのオランウータンの保護活動をしている凄い人なのですが、そう言う凄い事をしている反面、自他共に認めるミーハーでして、以前のブログで取り上げました猫ひろし氏の写真も彼女の指示で撮影に赴いたのですが、今回は「紳助さんが建てた学校が見たい」との鶴の一声ならぬ美穂の一声で、訪問の段取りを進める運びと相成りました。

当日の9時に、チャーターした車で私の住んでいるゲストハウスを出発し、アンロンベンに向かって1時間半程走ったところで「ロビアン・クロサーン」と言う村に到着しました。



DSCN0428.jpg  DSCN0429.jpg


何箇所かで人に尋ね、教えて貰った小学校に行きましたが、そこはカンボジアにある至って普通の小学校であり、校名も日本語表記は無くてクメール語の表記のみ。


DSCN0426.jpg
学校の入り口

DSCN0424.jpg

DSCN0385.jpg

DSCN0411.jpg

DSCN0386.jpg

DSCN0414.jpg

DSCN0406.jpg



紳助の建てた学校は、金の力に物を言わせたもっと派手で立派な学校だろうから、ここは絶対違うだろうと思ったのですが、中に入って校長先生にお会いしたところ、間違い無くここがその日本人の建てた学校だとの事でした。それでも半信半疑で図書館に入ったところ、そこの壁に小さい絵のパネルが数多くはめ込められていて、見ると手塚治虫やちばてつやなど有名な漫画家やAKB48、長渕剛などの芸能人、その他著名人の描いたものでした。
ああ、これが例のオークションに掛けて学校の建設資金を集めた絵のレプリカなんだなと分かり、ここが紛れも無くその学校なんだと理解しました。



DSCN0390.jpg

DSCN0393.jpg  DSCN0402.jpg
松本零士の「銀河鉄道999」                        手塚治虫

DSCN0400.jpg  DSCN0399.jpg
やなせたかしの「アンパンマン」                      AKB48

DSCN0398.jpg  DSCN0396.jpg
うめずかずお                                 やくみつる

DSCN0394.jpg  DSCN0395.jpg 
藤子不二雄A

DSCN0397.jpg  DSCN0392.jpg

DSCN0391.jpg



今は日本人の手を離れて、完全にカンボジアの公立小学校になっている為、校名も変更されたとの事でした。
それでも今尚、日本人の観光客の訪問が途切れる事無く、備え付けのノートを見ると、全国各地の日本人の名がびっしり書き込まれていて、中には毎年訪問している人もいました。
あの、今、乳がんを患い闘病中の小林麻央ちゃんも来た事がある様で、子供たちと記念撮影した時の写真をわざわざ校長先生が、奥から持って来て見せてくれました。
ミーハー美穂さんは大喜び。



DSCN0404.jpg
小林麻央ちゃんが子供たちにハーモニカをプレゼントしたらしいです。


紳助の建てた学校は、その後のフォローがされていないので、全部廃校になっているものと思っていましたが、ここはカンボジア人に引き継がれて立派に存続していました。
関係各位にお詫び申し上げます。決め付けていてスミマセンでした。

私は、ハッキリ言って紳助の建てた学校などどうでも良かったのですが(ハッハッハ)、まあ、美穂さんも喜んでくれた事だし、一生懸命勉強している子供たちの姿を見て、また日本人に感謝してくれている校長先生や他の先生に会えて、結果オーライのドライブでした。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで





スポンサーサイト
  1. 2016/10/16(日) 12:02:27|
  2. 旅行、探検ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<本日のお客様 | ホーム | ブログ復活第一弾「言い訳」>>

コメント

川ちゃん、トロッピアン・クロッサー村に学校建設に通っていた時に、もう少しいったところにそういうのがあるって聞いてます。ちゃんと機能してるよ、とのことでした。もしかしてその学校かも?

バイクで通うのはさすがに大変でしたが、建設をお手伝いした学校、どうなってるかな。今度行ってみよう。
  1. 2016/10/16(日) 22:10:35 |
  2. URL |
  3. Akemi G. #-
  4. [ 編集 ]

ジェジェジェ、そんな所での学校建設にも関わっていたんですか。凄いですねえ。
今度来られた時には、又訪ねてみましょう。
  1. 2016/10/16(日) 23:38:51 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

先週は川広さんのお名前間違えてしまいまして失礼しました。これからは「川ちゃんさん」と呼ばせていただいて良いでしょうか?
春にカンボジア自転車旅行しましたが、シェムリアップ滞在中はツアーを利用しました。なので博物館も車でした。本当にちょっと遠いですよね、夜とか怖そうです・・・。
11月はプノンペンで1日あるので、どこに行こうかと考え中です。今回は主人と73歳の友人(♂)との3人旅です。主人は以前にキリングフィールドやトゥールスレン博物館は行った事があり、もう一度行っても良いと言うのだけど(むしろ何故行こうとしないのか?と言う感じ)、とても恐ろしい気がして躊躇しています。目を背けてはいけないのだろうけど。川ちゃんさんのプノンペン滞在記等を参考にもう少し考えてみます。川ちゃんさんや、川ちゃんさんのお友達の国際貢献などに比べたら私の活動なんて・・・まだ始めたばかりなので、その内お話しさせていただきますね。ではまたブログ楽しみにしています。
  1. 2016/10/19(水) 19:06:58 |
  2. URL |
  3. horie nao #-
  4. [ 編集 ]

返信

horieさん、先週に続いてのコメントありがとうございます。私の呼び名は川ちゃんで結構ですよ。プノンペンにお出でになるのでしたら、是非ともキリングフィールドとトゥールスレン博物館に行って頂きたく思います。恐ろしいと思われるお気持ちも分かりますが、御主人やお仲間もいらっしゃる事ですし、勇気を出してお出掛け下さい。広島の原爆資料館や知覧の特攻平和会館と同様に、戦争の悲惨さ、平和の尊さを実感して頂けると思います。horieさんが地域でなさっているボランティア活動について、内容は存じませんが、自分の為で無く他人の為になさっている活動でしたら、どんな活動でも素晴らしいと思います。そうした人が1人でも増える事を強く望んでいます。
  1. 2016/10/19(水) 22:15:47 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

この前の行列で10年ぶりの続報をやっていました。
学校建設、運営を境に村が大きく発展していたようで感動を覚えましたね。
きっかけが完全な善意でないとしてもきっかけを作るという行為は非常に尊いと思います。
マザー・テレサが宝くじを発売して寄付金を集めたように
不純であろうとも行動を起こしたこと自体が重要なのでしょう。
  1. 2018/05/26(土) 09:59:33 |
  2. URL |
  3. shin #5RWdpE0w
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/223-f0a5b4fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)