FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「サンボー・プレイ・クック遺跡」探訪記

10月30日(日)


短時間ではありますが、ほぼ毎日雨が降っています。
一昨日は日中にパラつき、昨日は夕方に2時間位降って、夜中にも更に降った様ですが、今は快晴です。
雨季が明けるのはもう少し先でしょうか。

 明日31日がハロウィンとかで、ここシェムリアップでも一昨日からパブストリート辺りは大変な賑わいとか。仮装した若者たちで通りが埋め尽くされているとのことです。

さて、今日のブログも随分過去ネタですが、やはりミホさんがカンボジアに来ていた7月23日(土)に、そのミホさん、それから6月に結婚式を挙げたばかりの新婚夫婦であるソテアレン、チャントリアと一緒に車をチャーターして、「サンボー・プレイ・クック遺跡」に行った時の話しを書きます。



DSCN0468.jpg



「サンボー・プレイ・クック遺跡」と言うのは、シェムリアップの街から南東に約170km、コンポントム州に在る古い遺跡です。
何れは、アンコール遺跡群、プレアヴィヒア遺跡に続いて、カンボジアで3番目に世界遺産登録されるであろうと言われている遺跡でして、私も前々から是非一度訪ねたいと思っていました。
ミホさんが来ると言うので、何処に連れて行こうかと色々考えた結果、先の「サマキ・トロピアン・クロサーン小学校」に加えてここを選びました。




DSCN0465.jpg

DSCN0466.jpg



当日は、雨季であるにも関わらず朝から快晴。
8時にシェムリアップを出発し、途中ソテアレンとチャントリアを新婚夫婦の住む家の前で拾い、現地到着が10時半。
この時がミホさんとの2年ぶりの再会であるチャントリアは、ミホさんからたっぷりの結婚祝いを貰い、終始ニコニコ顔。

現地では、あの吉川舞さんと現地ガイドのボティア氏が待ってくれていました。
吉川舞さんは、日本のテレビにも取り上げられた事のある有名人で、2008年からカンボジアに住み着き、初めJASA(日本国政府アンコール遺跡救済チーム)とNGOであるJST(アンコール遺跡の保全と周辺地域の持続的発展の為の人材養成支援機構)の両方で広報並びにスタディツアーの企画運営に携わり、2013年に独立して「ナプラワークス」と言う会社を立ち上げ、「サンボー・プレイ・クック遺跡」の観光案内とそれによる収益でもって遺跡の修復、周辺地域の発展に寄与している人物です。

彼女とは、私も日本人会での集まりなどでこれまで何度か会った事があり、6月にミホさんの指示で猫ひろしの写真を撮りに「リラックス・リゾート・ゲストハウス」に行った時、偶然、その後結婚する男性と2人で食事に来ていて、2年ぶりに会いました。
しかも、何とその後に御主人となる男性が、実は前に地雷原見学に案内した事のある人でした。

その吉川舞さんと現地ガイドのボティア氏から、途中食事休憩を挟みながらたっぷり5時間、しっかりガイドして貰いました。
この遺跡は、7世紀初頭、前アンコールの真臘時代の首都として、イシャナバルマン1世によって建造されたヒンドゥ教の寺院群で、辺りは森に囲まれ、大まかに分けて4つのグループ、130以上ものレンガ造りの遺跡から成り立っているとの事でした。
ミホさんは森の中を歩くので大喜びだし、ソテアレンは自分のガイドの仕事に活かそうと、舞さんの説明を一言一句聞き逃すまいと、それはそれは熱心にメモを取っていました。
そんな中で私とチャントリアだけは、説明を聞くのはそこそこに、撮影ポイントを求めてあちこち歩き回り、自撮りに夢中になっていましたが。
八角形の祠堂や巨木が絡みつく祠堂など、へとへとになりながらもしっかり見学し、16時に遺跡を後にしました。


DSCN0463.jpg

DSCN0460.jpg

DSCN0477.jpg



帰りに、来る時に見つけた「アツ小学校・中学校」で記念撮影。


DSCN0479.jpg

DSCN0481.jpg


この「アツ小学校・中学校」と言うのは、「サンボー・プレイ・クック遺跡」から目と鼻の先にあり、あの1993年の総選挙の時、UNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)の選挙監視団の一員として参加し、ポルポト派の襲撃によって命を絶たれた国連ボランティアの中田厚仁さん(25歳)の両親が、息子の生きた証として彼を顕彰する為に建てた学校です。
その学校がカンボジアの何処かにあるとは知っていましたが、まさかこんな所にあるとは露知らず、来る途中に偶然「アツ」と言う日本語表記の学校を見つけて、もしかしてと思い舞さんに確認したら、やはりそうでした。
私は、博物館でのガイドの時、いつもこの中田厚仁さんと、同じくポルポト派によって殺害された岡山出身の文民警察官だった高田晴行さん(33歳)の話しをしているので、ああ、この地が中田さん終焉の地かと感慨一入でした。
いつかは、高田さんの終焉の地であるバンテアイミンチェイ州アンビル村も訪ねたいと思った次第です。そこにもやはり、高田さんの両親によって建てられた小学校があるそうです。

こんな余禄の付いた「サンボー・プレイ・クック遺跡」探訪ドライブは、何事もなく無事終了致しました。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで



スポンサーサイト



  1. 2016/10/30(日) 11:23:13|
  2. 旅行、探検ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<鳥獣保護区「プレックトアール」訪問記 | ホーム | カリマンタンの青い空・田辺美穂子さんのこと>>

コメント

その節は大変お世話になりました。楽しい1日でしたね。カンボジアを愛する人達の思いの強さには毎度のことながら感動致します。
  1. 2016/10/30(日) 20:20:52 |
  2. URL |
  3. み #-
  4. [ 編集 ]

返信

貴女が次にカンボジアに来る時に備えて、これからコツコツ、訪問場所を開拓しておきますね。飲む所は、既に一杯知っていますが。
  1. 2016/10/31(月) 00:24:06 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
カンボジアの事は何も知識がないと思っていましたが、今週の川ちゃんさんのブログを読んで、総選挙でボランティアした人が書いた本を何冊か図書館で借りて読んだ記憶がよみがえりました。
読んだ当時は、色々と考えさせられたんだけど、年月が経つうちに読んだ事も内容もすっかり忘れていました。駄目ですね。世界中で次々と悲惨な出来事が起こり、古い出来事の記憶が薄れてしまう・・・と言うのは言い訳ですね。歴史を風化させないよう、改めて心に刻みたいと思います。11月の旅でキリングフィールドとトゥールスレン博物館を見学する方向で予定を組んでいます。札幌は初雪も降り、夜暖房をつけるようになりました。雨季明けのカンボジア、楽しみです。
  1. 2016/10/31(月) 16:40:54 |
  2. URL |
  3. horie nao #-
  4. [ 編集 ]

返信

horieさん、11月は雨季も明け、観光にはもってこいの季節です。カンボジア旅行を満喫してください。キリングフィールドとトゥルスレン博物館も是非お訪ねください。
  1. 2016/10/31(月) 19:24:42 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/226-1c902cc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)