川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

後藤一幸さん・朱実さん夫妻のこと

12月11日(日)  

今年も、もう残り20日を切ってしまいました。
月日の経つのは本当に早いですねえ。
こちらカンボジアは、暑くて大変・・・と言っても、朝晩は時に涼しく感じる時もありますが、日本の皆さんは毎日寒くて大変でしょう。お察し申し上げます。

 さて、今回のブログは我らが同士・後藤夫妻のことに付いて書こうと思います。
先月27日から今日まで、応援団員の後藤一幸・朱実夫妻がシェムリアップに滞在されていました。
今回で、カンボジア渡航がちょうど10回目だそうです。
ほぼ、年2回のペースで来られていて、御夫妻共に、私と同様にカンボジア大好き人間です。
奥さんの朱実さんは、去年の10月、11月の2ヶ月間、博物館で私の替わりにボランティアガイドも引き受けて下さった方で、このブログの2015年10月5日付けの「初めまして。よろしくお願いいたします」から2015年11月19日付けの「ありがとう~、感謝を込めて、そしてまた会えるときまで・・・・」を担当して戴いています。
また、2013年8月5日付けブログ「後藤夫妻と共に行くカンボジア・ミニ・ツアー」にも登場して頂いていますので、皆さんもよく御存知だと思います。

後藤夫妻と私はほぼ同年齢ですが、お二人は私なんかより遥かにエネルギッシュで、これまで地域での様々な活動を始め、大地震のあったネパール支援の為、現地を訪問しただけでなく、帰国後に写真展を開いて被災地の現状を多くの人に知らせ、支援金を募ってそれでまた被災地支援を行ったり、カンボジアに対しても、仲間に呼び掛けて文房具や本、おもちゃ、衣服を集めて孤児院や学校、貧しい村に寄付したりと、それはそれは精力的に活動されています。
又、趣味の分野でも、酒と歌位しか興味の無い私と違って、お二人とも楽器演奏(ギター、フルート)、マラソン、写真etcと実に多彩です。
私も日本に帰っていた2年間で2回、三重県の御自宅を訪問し、泊めて頂いた上で色々な話を伺わせて頂きました。

思えば後藤夫妻とは、長い付き合いになりました。
中日新聞に載った私の紹介記事(犯罪者として載ったのではありませんので念の為)を見たと言って2012年10月に連絡を頂き、その後メールでのやり取りが続き、2013年1月には御夫婦揃って応援団員登録をして下さり、そしてその年の2月6日に博物館を訪問して頂きお会いしたのが最初の出会いでした。
その前にも博物館にはお越し頂いていたのですが、私が不在でお会い出来ていませんでした。
カンボジアにお越し頂く度に、色んな所に御一緒させて頂いていますが、今回も何箇所か同行させて頂き、何人かの人にお会いしました。
その中で、特に印象に残ったのが次の2人の人物です。
その一人は大房明良君と言って旅行会社「チョルモイツアーズ」を経営しながら、語学学校や保育園を作ってスラム街や農村部の貧困に喘ぐ子供達の支援を行っている26歳の若者。



DSCN1258.jpg
左から後藤朱実さん、一幸さん、そして大房明良君

DSCN1261.jpg
大房君の運営している語学学校


そしてもう一人は、山勢拓弥君と言って、一般社団法人「クマエ」を立ち上げ、バナナリーフペーパーという、バナナの木の幹から繊維を取り出して、それで紙を作ってポストカードとか名刺などの製品にし販売する事でゴミ山で暮らす人々に雇用の場を提供し、生活支援している23歳の若者。


DSCN1278.jpg
山勢拓弥君

DSCN1281.jpg
バナナリーフペーパーの工房

DSCN1286.jpg
山勢君が支援しているフリースクール


この2人の若者とは、後藤夫妻も私も、前々からの知り合いでしたが、今回改めて話しを聞かせて貰い、3人で深く感銘を受けた次第です。
2人ともまだ大変若いのに、実にしっかりした人物でした。
2人の人物紹介については、また日を改めてやりたいと思いますが、この2人から多くの事を学ばせて貰いました。


DSCN1271.jpg  DSCN1272.jpg
DSCN1275.jpg  DSCN1273.jpg
DSCN1274.jpg 紙すきの工程



後藤夫妻とは、滞在された15日間で他にも色々な所に同行させて貰い、私も随分刺激を受けました。
今からもう、来年の御来訪が楽しみです。
もっとも私は、半分は飲んだくれていたので、本来は倍の刺激を受けられたのに大きく損をしてはいますが・・・。




DSCN1182.jpg
我々の仲間のチャイに連れて行って貰った村で、子供達に文房具やお菓子、ぬいぐるみを配る後藤一幸さん

DSCN1176.jpg
村で食事を御馳走になる後藤夫妻




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで











スポンサーサイト
  1. 2016/12/12(月) 17:46:12|
  2. 人物紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2017年元旦の御挨拶 | ホーム | 昨今のお客様事情>>

コメント

川ちゃんさん、お久しぶりです。
11月21日から12月5日までカンボジア、ラオス、タイへと主人の友人と3人で自転車旅行に行っていました。カンボジアには1週間居ました。川ちゃんさんと同じ大地の下で、このブログにコメントしたかったのですが、ほとんど毎日移動の日々で、ブログを読む事も「水祭り前編」しか出来ませんでした。
キリングフィールド、トゥールスレン博物館、行きました。ガイドブック、そして様々な人が書いたブログ等の記事や写真で見たものばかりでしたが、やはり実際その場に立つと、キリングフィールドの慰霊塔の前では涙があふれ・・・博物館で収容された人たちの写真や拷問器具などを見ると何ともやりきれない思いになりました・・・。
クラチェからストゥートレンに行く間だったと思うんですが、(ストゥートレンより)、赤い地雷マークの看板見ました。2、300メートルくらいの間に3個くらい立っていました。背丈くらいの草原でした。近くにポツポツと民家もありました。
日本から折り紙で動物を作り、途中出会った子供たちに配ったりしました。主人はキャンディーやボールペンなど。でも喜んでくれたかどうか・・・?本当は学校や施設などを訪問したりもしたかったのですが、他の2人に言い出せず、時間も見つけられず。印象的だったのはラオスの滝を見に行った時に、子供(10歳くらいの女の子)がポストカードを売っていて、いらないと言っているのに何度も無表情で押し付けて来ました。それでパンダの形の折り紙を渡したんだけど、そしたらその子がパッと笑顔になってくれて・・・。その子がどんな事情でカード売りをしているのか分からないけど、本当はカードを買ってあげた方が良かったのかもしれないけど、でもその日一日でも折り紙をみて、気分を上げてくれたらなと思いました。
川ちゃんさんのブログに登場する方々は、皆さん凄くて、私も見習わなきゃ、何かしなきゃと思いだけはあるのですが、中々行動に移せていません。
ボランティアをしている英会話教室の子供達にお土産のお菓子を配るより、現地の子供たちの為にもっと何かすべきだった・・・と思っています。
道端でスイカを買ってその場で食べて、お金を払おうと思ったら、要らないとごちそうしてくれたり、フェリー(渡し舟?)を待っている時に見慣れないフルーツを袋いっぱい持った女性に、一つ売って欲しいと言ったら、お金を受け取ってくれず、一つ頂いたり、船に自転車を積み込むのに手伝ってくれたチェコのバックパッカー、ドルをエクスチェンジしてくれた韓国人・・・。今回も色々な方にお世話になりました。旅っていいな。
帰って来て、街を歩いていたらタイからの観光客に英語で道を聞かれました。英語が自信がなかったので、近くだったし、一緒に歩いてお連れしました。主人は昨日、最寄りのJR駅でマレーシアの家族に声をかけたら、同じ名前のJRと地下鉄の駅を間違えて、迷っていたので、車で送って行きました。どちらも全然大した事した訳じゃないけど、日本の事が好きになってくれたらなと思います。
いつかカンボジアからの観光客と出会えて、「スオスダイ!」って話しかけられる日が来るといいな。
長々とすみませんでした。ではまたブログ楽しみにしています。
  1. 2016/12/14(水) 11:56:08 |
  2. URL |
  3. horie nao #-
  4. [ 編集 ]

返信

horie naoさん、御丁寧なお便り、ありがとうございました。3人での自転車旅行、すばらしい旅になった様で本当に良かったです。11/21~12/5と言いましたら、暑い時もあれば雨の日もあったでしょうが、御無事で何よりです。旅って、本当にいいですよね。直接見たり触れたりする事で、本や又聞きでは得られない感動が得られますよね。それも、御夫婦揃っての体験ですから、羨ましい限りです。日本でも、今は随分外国人も増えて、出会う機会も多いでしょう。horieさん御夫婦の様な方が増えて、日本人が排他的で無く、何処の国の人とも仲良く接する様になればいいなあとつくづく思います。ヘイトスピーチをする様な連中が、居づらくなる様な国になればいいなあと。
  1. 2016/12/14(水) 14:51:50 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/232-055d00c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)