川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

不幸の連続の日々を振り返る

4月30日(日)


今日でもう4月も終わります。時間が過ぎるのは本当に早いですねえ。
日本ではゴールデンウィーク真っ盛り。
カンボジアにも大勢の日本人観光客が押し寄せていると思いきや、意外とそうでも無い様です。友達のカンボジア人ガイドに聞くと、予約もそんなに入っていないとか。
テレビニュースでは、成田を大勢の人が出国している様子を映していましたが、みんな何処へ行っているのでしょうねえ。
本当は、寅さんじゃないけどゴールデンウィークの間中押入れに隠れて家を留守にしている風を装っているとか・・・・。
アベノミクスの破綻で、潤っているのは大企業ばかりで庶民の生活は一向に良くならないから、海外旅行なんて贅沢はとてもじゃないけど出来ないと、多くの人が考えているんじゃないかなあ。
そうは言いながらも、今日は日曜日ですから普段でしたら私は博物館を休んで部屋でのんびり過ごすか飲んだくれの生活を送るのですが、15名の団体予約が入ったのでいそいそと博物館に出掛けました。

まあ、それは兎も角、今日のブログの話題はいわゆる不幸ネタです。
ブログをサボっていたこの4ヶ月の間に、私の身に数々の不幸が押し寄せて参りました。
まあ、一番酷かったのは先週書きました「ホームページ崩壊事件」ですが、その他にも色々有って、幾日もの眠れない夜を過ごしました。
2番目は「USBメモリー紛失事件」でしょうか。
日本に忘れて来た事が分かった今となっては笑い話なのですが、分かるまでの16日間は絶望の淵に立たされていました。
このメモリーには私がカンボジアにやって来た2011年3月から今年1月まで6年間の日誌、会計記録、その他重要な記録、思い出が山の様に保存されています。
それを無くしたのに気付いたのは1月22日でした。
カンボジアに戻って来てトランクを開け、荷物を整理したらこの小ちゃなメモリーだけが見当たらない。
日本を発つ時、間違いなくこのトランクに入れた。その時の情景ははっきり覚えている。それなのに無い。一日中トランクをひっくり返したり、他の荷物に紛れ込んでいないか調べ尽くしましたが出て来ない。
一体どうなったんだろう。岡山の家を出たのが1月20日の昼で、その後大阪で1泊し、関空から飛行機に乗ってベトナム・ホーチミン経由でカンボジアに戻って来た21日夜までの間の自分の行動をつぶさに思い起こし、何処かで無くす可能性があったかどうか考えましたが思い当たりません。
家に忘れて来た可能性は殆どゼロ(と、思っていました)なので、それなら空港で荷物検査の時にでも誰かに抜かれたか。そう言えば、最近誰かに後をつけられているなと感じていた(ウソですが)。これは絶対CIAかKGBの仕業だ。俺を北朝鮮か何処かのスパイと思ってマークしていたに違いない(何でやねん)。だから大事なUSBメモリーを抜かれたんだ。
こんなアホな事も、18パーセント位は考えました。
後の81パーセントは神隠し説、神様か仏様が無信心な私に悪戯しているに違いない。
トイレに入ったらトイレットペーパーが無い。あちゃあ、かみに見放された。これです。
そして残り1パーセントが家に忘れて来たという事。
こんな事を考えながら、心がへとへとに疲れ、絶望の淵を行ったり来たりの数日間。
しかし1週間経って、いかんいかん、思い出の詰まった大事な記録は無くなったけど、命を取られた訳では無い、辛いし、不便な事はあるけどまあ何とかなる、気持ちを切り替えて前向きに生きて行こうと考え直し、絶望から何とか抜け出しました。
そんな中で、可能性としては1パーセントだけど、まあ、念の為と思って妹に「今度家に行った時、無いとは思うけどもし何処かにUSBメモリーが転がっていたら保管しといてくれ」と頼んでいた所、数日後その妹から「家に掃除に行ったらUSBメモリーを発見した」との連絡。
私が帰宅した日本の家は両親の家で、その両親は去年の8月からケアホームに入っていて現在家は空き家になっています。だから普段は誰も住んでいないのですが、近所に住んでいる妹が掃除に行って見つけてくれたと言う訳です。無くしてから16日目の2月6日の事でした。
最初は信じられませんでした。何で家にあるのか。そのUSBメモリーを他のパソコン周辺機材と一緒に小袋に詰めて、トランクに入れた光景は今でもはっきり覚えている。
なのに何故それだけが家に残っていたのか。
考えても考えても分かりません。でも、有った、見つかった、バンザーイ。
飛び跳ねたい気持ち、この喜びを表す言葉が見つかりません。
本当に嬉しかった。一度は完全に諦めていただけに、後から後から喜びが込み上げて来ます。何て俺は幸せ者なんだ。道で100万円拾った気分です(無くしたと思っていた時には、100万円落とした気分だったので)
という事で、これは不幸ではなく幸いに転じたのですが、この他にもまだまだ不幸ネタが後を絶ちません。

去年は2月だったのに、今年は私が日本に帰国している間の1月に毎年恒例のリリーフセンターの子供たちの4泊5日の研修旅行が挙行され、私だけ置いてけぼりを食らったとか、
ソテアレンの弟の婚約式に出席する為プレイベンへの小旅行に出ている間に、ゲストハウスの自分の部屋の水道が漏れて部屋が水浸しになり、段ボール箱やプリンターが水に浸かって大変だったので、この前応援団の呼び掛け人になって貰った「アナコット・カンボジア」代表の田中千草さんに通訳を頼んで、大家に家賃を負けてくれる様交渉して貰ったけど、大家が承諾しなかったとか、2月22日、23日とバッタンバンに旅行に行って、帰って来てから体調を崩し、結局それが腎臓の病によるものと分かって1ヶ月以上酒が飲めなかったとか、完全復調では無いものの何とかやっとその酒が飲める様になったと思ったら今度は4月16日にバイクで転倒し、胸を強打して又してもその痛みで酒が飲めなくなったとか。
あれから今日でちょうど2週間経ちましたが、まだ痛みは続いています。

「USBメモリー紛失事件」に時間を割いてしまって、他の件は端折ってしまいましたが、事程左様にこの4ヶ月間は不幸のオンパレードでした。
小さい事を挙げれば切りが無い位まだまだ他にも有りました。


でも、私はこれを読まれた皆様に不快な気分を味わって貰おうと思って書いた訳ではありません。
逆です。
皆様に、「いつも幸せ一杯なんて人は存在しない、人生に不幸は付き物、しかし、その不幸と思っている事も実は些細な事、越えられない不幸の壁など無い、人生は前向きに進んでこそ道が開ける」
そうした事を考えて頂きたいと思って、今回のブログを書いた次第です。
ちょっとこじ付け感も否めませんが、でも、半分は本心です。

明日から5月、日本では若葉萌える新緑の5月です。
どうかプラス思考で、前向きに人生に立ち向かって行って下さい。
頑張れば、政治だって変えられる。
そんな事を思う今日この頃です。




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>


スポンサーサイト
  1. 2017/04/30(日) 17:51:59|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ゴールデンウィーク期間中の博物館 | ホーム | ブログに穴を空けたお詫びと言い訳>>

コメント

根拠は?

ちょっと理屈っぽくてごめん。

ぜひ聞きたい。

>アベノミクスの破綻で、潤っているのは大企業ばかりで庶民の生活は一向に良くならないから、<

この根拠は?

>これは絶対CIAかKGBの仕業だ。俺を北朝鮮か何処かのスパイと思ってマークしていたに違いない(何でやねん)。だから大事なUSBメモリーを抜かれたんだ。
こんなアホな事も、18パーセント位は考えました。<

こう考えた根拠は?
  1. 2017/04/30(日) 18:17:36 |
  2. URL |
  3. pinponpan #-
  4. [ 編集 ]

返信

pinponpanさん、ブログをアップして早々に読んで下さってありがとうございます。ところで、pinponpanさんはどなた様でしょうか?
もし宜しければ、私のメールアドレスの方に連絡して頂けませんでしょうか。
宜しくお願い致します。
joyful57@hotmail.co.jp(川広)
ひょっとして、吉田さんですか?
それとも日高さんですか?
  1. 2017/04/30(日) 19:02:33 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をjolly #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/235-767f1435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)