川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「アンコール共生病院」が遂に開院

6月4日(日) 

今日はカンボジアの地方選挙投票日です。
選挙運動最終日の一昨日は、部屋にいても、選挙カーが引っ切り無しに走り回っている様子が、手に取る様に分かりました。
友達のソテアレンの話によると、地方選挙と言うのはどうやらそれぞれの地区の首長を選ぶ選挙の様で、それも個人を選ぶと言うより政党名に投票する様です。
そして、これも総選挙(国民議会議員選挙)と同じく5年ごとに行われます。
参加している政党は10党近く有るらしいですが、私が目にしたのは人民党(CPP)、救国党(CNRP)、民主主義のための同盟党(LFDP)の3つでしょうか。
与党・人民党と野党・救国党の議席獲得数が、来年行われる総選挙の帰趨を占うと思われるので、この地方選挙の結果は大変興味深いです。
因みに、地方選挙では無いですが、2013年に行われた総選挙の結果は、与党・人民党が68議席に対して野党の救国党が55議席でした。

カンボジアでは、選挙の投票日前の3日間は、飲酒によるトラブル回避の為、酒場の営業や店での酒類の販売が禁止されます。
と言っても全ての店が従っている訳では無いので、私は今まで気にした事は無かったのですが、今回は素直に政府勧告に従って飲酒を自粛致します。
ナンチャッテ。
ウソです。ホントは、飲みに行きたくても骨折しているので出掛けられないだけです。


今回の地方選挙の結果は、結果が出次第このブログで発表しますね。
4年前の総選挙の時のブログが有りますので御覧下さい。
「カンボジアの選挙」



さて本日は、先日シェムリアップにオープンした日本人経営の「アンコール共生病院」を話題にしたいと思います。
「社会福祉法人元気村グループ」と言う日本の団体が、カンボジア・シェムリアップに設立したのが「アンコール共生病院」です。
この団体は、3年程前にシェムリアップに「元気家」という日本食レストランをオープンさせていて私も時々仲間と一緒に利用していますが(例の日本酒を出す店です)、その後訓練学校を建て、そしてこの度病院を開業しました。

これまでも何度かこのブログに登場した事があり、私と同じゲストハウスに住んでいる田島さんという私の友人のテニス仲間に有吉さんと言う歯医者さんが居て、この有吉さんは病院の歯科部門を担う為に雇われて、1年程前から単身でカンボジアに来ていますが、田島さんの紹介で私も飲み友達となり、しょっちゅう「元気家」を始めあちこちで一緒に飲み食いしています。
その有吉さんから、最初、病院の開業は昨年8月頃と聞いていたのですが、何故か行政の認可が下りるのが延び延びになり、8月が10月になり12月になり2月になり、そして最終的に5月29日となって、今回も又延びるのかなと思っていたら本当に開業したと言う訳で、3度目の正直ならぬ5度目の正直となった訳です。


シェムリアップには歯科クリニックは一杯有るのですが、みんなカンボジア人医師がやっていて、噂によると何でもかんでも直ぐに歯を抜く(まさか、良い歯まで抜く事はないでしょうが)と言うので、あまり掛かりたくありませんでした。
ですから、多くの在住日本人にとっては、日本人歯科医の開業は本当に待ちに待ったものでした。
しかも、この病院は総合病院ですから、歯科医だけでなく、内科、外科、産婦人科、ER(救急)が有り、そして近い内に眼科も開業するそうです。
私も、内科や外科は馴染みのカンボジア人クリニックが有りましたが、言葉の壁が有りましたので、仲間のカンボジア人に通訳を頼まなければなりませんでした。
でも、「アンコール共生病院」でしたらお医者さんが日本人で無い場合でも、ちゃんと日本語通訳が付いて居ますので、安心して掛かれます。

何か病院の回し者の様で、病院から幾らか貰っているんじゃないかと疑われそうですが、そんな事は有りませんので念の為。


DSCN2295.jpg
病院の玄関にて


実は私、歯だけは生まれつき良くて、虫歯も殆ど有りませんので歯医者に行くのは歯石除去の時くらいでした。
しかし、最近奥歯に冷水が染みて、固い物を噛むと痛いという現象に悩まされる様になっていたので、病院の開業を本当に心待ちにしていました。
また、3月に患って1ヶ月間ローカルクリニックで治療を続けた腎臓のその後の状態も気になっていたので、再検査を受けたいと思っていました。
ですから、開院した29日の翌日の30日に、早速トゥクトゥクを飛ばして行って参りました。
有吉さんに診て貰った訳ですが、心配していた虫歯では無いとの事で安心しました。しかし、やはりトシの所為か歯が磨耗していると言う事で少し埋めて貰いました。
又、腎臓の方は、カンボジア人医師が血液検査と尿検査をしてくれて、日本語通訳を介して異常無しと言ってくれました。
ああ、良かった。歯も腎臓も本当に安心しました。
これだけの治療を受けて、料金も至って良心的で、ローカルの病院と殆ど変わりません。
これなら、これからも安心して掛かれます。



DSCN2299.jpg
歯科医の有吉先生

DSCN2296.jpg
血液採取


ああ、また宣伝してしまった。事務長さん、袖の下待ってま~す。



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>




スポンサーサイト
  1. 2017/06/04(日) 11:45:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「アンコール共生病院が遂に開院」パート2 | ホーム | 「アキラ氏日本講演会」予告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/240-91fe2666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)