FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

骨折未だ完治せず

6月18日(日) 

日本では、今の時期空梅雨で農作物の被害が心配されている様ですが、こちらカンボジアでもここの所雨が少なくて、今日も朝からいい天気です。
雨季に入ったのは例年より早く、4月から再々降り出して、5月の初めにはもう雨季に入ったと思われますが、6月には降る日と降らない日が半々位です。

さて、先週も相変わらず引き篭もり状態でしたので、ろくなブログネタが有りません。
よって、又もや面白くも何とも無いですが、足の骨折のその後の様子でも記すことに致します。
チェッ、つまんない、そんな話など読みたくも無いと仰るそこのアナタ、では、これから書く話とは全く関係無いですが、面白ネタを一つ紹介致します。
私のお笑いネタ自信作の「デング熱」です。これは絶対笑って頂けると思いますので是非お読み下さい。

話を元に戻しますが、これから書く文章を読んでやろうと仰る奇特な方の中には初めての方もいらっしゃるかも知れませんので、発端から書きますと、バイク事故により足を骨折しましたのが先月の10日でした。
最初行ったクリニックでは、骨折にも関わらずギブスを嵌めるでも無く、ただ薬を塗って包帯を巻き、後は毎日自分でこの作業をする様にとの事。
「治るのに3ヶ月、いやアンタは年寄りだから半年位掛かるかな」とのたまいました。
「ゲエッ、何でたかが骨折位で半年も掛かるんだよ、冗談じゃ無い」と憤りを感じ、別のクリニックを受診しグラスファイバーのギブスを嵌めて貰ったのが先月の16日でした。
ギブスを嵌めた当初は痛くて堪らず、足を床に着ける事も儘ならなかったのですが、その後少しずつ痛みも和らぎ、やがて、松葉杖を使っての外出も出来る様になりました。
ですから、殆ど引き篭もっては居たのですが、何日かは予約が入ったりして博物館にも出掛けましたし、アキラ氏に会いに行ったりもしました。勿論バイクには乗れないので、トゥクトゥクを頼んだりソテアレンにバイクに乗せて貰ったりして。
そして、事故から1ヶ月経った今月10日頃には痛みも殆ど感じなくなりましたので、この分ならもうギブスも外せるぞと思い、15日を外す日と決めました。
しかし、その15日にガイドの予約が入りましたので、急遽14日にソテアレンにクリニックに連れて行って貰い、ギブスを外しました。
まず、ギブスの上からレントゲンを撮り、骨が繋がっているのを確認した上で、大きなハサミでギブスを切って行きました。
ギブスの上からレントゲンが撮れるという事にまず驚きましたが、ハサミの先が身に当たり結構痛い事に驚き、身を切られるのではないかとビクビクしましたが、何とか完全に外れた時には緊張で固くなっていた全身の力が抜けて本当にホッとしました。

やれやれ、これで自由に動けるぞ・・・と思ったのですが、実はそうではありませんでした。
15日には早速バイクで博物館に出掛け、ガイドを1組こなしたのですが、まだ足がパンパンに腫れていて、1時間の立ちっ放しに足が悲鳴を上げました。
骨折の痛みはもう無いのですが、1ヶ月間ずっとギブスで固めていたので、その圧迫痛だと思われる足の痛みと腫れが残っています。
ですから、この日は1組だけで切り上げて帰宅し、16日から又休んでいます。
まあ、歩けはするのでちょこちょこ外出していますが、腫れだけで無く痛みも有り完治には程遠いのが現状です。
でもまあ、もう10日もすれば腫れも痛みも無くなって、完全復活出来るのではないかと期待している今日この頃です。


骨を折ったのは自業自得だったのですが、この動けない間、私の為に骨を折ってくれた人達が何人か居ます。その筆頭は何と言ってもソテアレンです。
ほぼ毎日、食事に出られない私の為に、嫁のチャントリアが作った料理を届けてくれました。
感謝、感謝です。
それから、何人かの人がお見舞いに果物を届けてくれました。
ドリアンやマンゴー、マンゴスチン、ランブータン、ロンガン、ドラゴンフルーツなど。
重なってしまい一人で食べるには余りに多く、お裾分けをしても尚多く、腐らせては勿体無いので一生懸命食べました。食べ切るのに本当に骨が折れました。

まあ、そんなこんなで、骨を折った後も骨を折って貰ったり、骨が折れる毎日でした。
ええい、何のこっちゃ。


DSCN2307.jpg DSCN2311.jpg 
                レントゲン撮影

DSCN2312.jpg DSCN2313.jpg 

DSCN2316.jpg DSCN2317.jpg DSCN2319.jpg




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>


スポンサーサイト



  1. 2017/06/18(日) 11:42:04|
  2. 病気ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アキラ地雷博物館への支援を求めて | ホーム | 「アンコール共生病院が遂に開院」パート2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/242-72d4e9d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)