FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

「バンテアイチュマール遺跡」及び「高田晴行小学校」訪問記

2018年1月14日(日) 

正月を挟んだ10日間位は、博物館は日本人客でごった返します。
しかしそんな中、日頃から不摂生な私は喉をやられて声が出なくなり、一番お客様が多いと思われる31日から1月3日までを博物館を休むと言う大失態を演じてしまいました。
その間にお越し頂いたお客様には、本当に申し訳ない事を致しました。
ここに改めてお詫び申し上げます。
てな事を言いながらも、普段もしょっちゅうサボっていますので、お客様には迷惑のかけっ放しなのですが。
日頃からビールで喉を消毒しているのに、声が出なくなるなんて困ったもんです。
その後は、それまで以上にビール消毒に励んでいますが、デヘヘ。

まあ本当は、11月4日頃引いた風邪が中々治らず、30日に一日中喋り続けた為翌日から声が出なくなったのですが、その風邪も、2ヶ月と1週間を要して今月10日頃やっと治りました。
そこで早速その10日(水)の日に、日本から来ていた小林幹二さん、それに元日に誕生祝をしてくれた若者グループの内のソンポア及びダリスと一緒にバーンの運転する車で、旅行に出掛けました。
小林さんは、お会いするのはこの時が初めてでしたが、以前からフェイスブックで繋がっていた方です。
バーンは、アキラ氏の協力者です。

私はいつの頃からか、水、土、日は基本的に博物館を休むと言う週休3日制を採り入れています。
これは、アメリカ人ガイドのビルさんに習ったものです。
もっとも、予約が入ればこの限りでは有りませんが。
そんな訳で、10日(水)は博物館をサボったと言う訳ですが、もっとも日本人客も5日を過ぎてからはぐっと減っていますので、10日もお客様はゼロだっただろうと自分で自分に言い聞かせています。ヘヘヘ

行った先はバンテアイミンチェイ州に在るバンテアイチュマール遺跡。
シェムリアップから北西に車で2時間ちょっと走った先です。
朝9時前にオールドマーケットのタプロムホテル前を出発し、国道6号線をシソポンまで行き、そこから北に走ってちょうど11時に遺跡に到着しました。
バンテアイミンチェイの地雷原には、以前来た事があります
それこそ、このブログの初っ端である2012年7月1日付けの「地雷原訪問」がそれです。
しかし、バンテアイチュマール遺跡に来るのは初めてでした。
この遺跡については色んな人から是非一度見学する様勧められていたのですが、中々機会が有りませんでした。
ですから、本当にラッキーでした。
ダリスやソンポアから、1月10日に旅行しようと誘われて「ああ、いいよ」と気軽に応えていたのですが、行き先は知らなかったのです。

DSCN3464.jpg

DSCN3472.jpg

DSCN3485.jpg

DSCN3513.jpg


この遺跡は、12世紀末にあのアンコール・トムを造ったジャヤバルマン7世による建立だそうですが、かなり崩壊が進んでいて、有名な千手観音も現在修復中でした。
しかし、四面仏像は見る事が出来ましたし、また、精緻なレリーフが至る所に施されていて、確かに一見するに値する遺跡でした。


DSCN3514.jpg

DSCN3516.jpg

DSCN3489.jpg

DSCN3505.jpg

DSCN3548.jpg


2時間位を遺跡で過ごした後、道路向かいにある食堂で食事をしながら皆に、「折角ここまで来たのだから、この先にあるであろうアンピルという村の小学校に行こう」と提案しました。
前にNHKスペシャルで見たのですが、あの1993年の総選挙の時にUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)の文民警察官としてカンボジア入りし、ポルポト派と思われる武装集団に襲撃されて殺害された私と同郷の岡山(倉敷)出身の警察官・高田晴行さん(当時33歳)の殺害された場所がバンテアイミンチェイ州のアンピルと言う村であり、その地に高田さんの遺族が小学校を建てたと言っていたのを覚えていて、そこに是非とも行きたいと思った訳です。
提案は満場一致で採用され、一路アンピルを目指して出発する所となりました。
食堂で、アンピルまでは約30キロと聞いたので、30分位で到着するだろうと思いながら道の両脇に広がるキャッサバ芋畑を眺めながら未舗装の道路を砂埃を舞い上げながら走ったのですが、行けども行けどもそれらしい小学校には辿り着けません。
あちこちで地元の人に尋ね尋ね、1時間位走ってやっとその「高田小学校」に辿り着きました。
思ったよりはこじんまりした小学校でしたが、2014年4月に完成したばかりとあって、まだ大変新しい学校でした。
校舎の前には慰霊碑も建っていました。
授業は午前中だけだった様で、子供の姿はありませんでしたが、高田さんの名前の付いたこの小学校が存続する限り、この村の人達の間にカンボジアの為に尽くした高田晴行さんの名前は語り継がれる事でしょう。


DSCN3588.jpg

DSCN3579.jpg

DSCN3577.jpg


17時半頃シェムリアップに戻り、スープチュナンダイの店で夕食を摂った後、カラオケに繰り出しました。
1月1日には声が出なくてカラオケを断念したので、この日はその時の借りを取り返すべく、いつも以上に唄いまくりました。
お陰で、また11日から声が出ません。そんなアホな


DSCN3602.jpg

DSCN3611.jpg




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>



スポンサーサイト
  1. 2018/01/15(月) 11:35:11|
  2. 旅行、探検ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<リリーフセンターの子供達と「コッコン」への小旅行 | ホーム | 新年の御挨拶>>

コメント

以前地雷博物館でお世話になった者です。
その節は分かりやすい説明をいただきありがとうございました。

私は,殉職された文民警察官の高田さんの番組を見て関心を持っており,是非,訪ねてみたいと思ってます。
ご遺族が建てた,高田スクールの場所が分かるようでしたら,google mapで示して添付していただけたら幸いです。
お忙しい中,申し訳ありませんが,よろしくお願いいたします。

  1. 2018/01/15(月) 22:14:25 |
  2. URL |
  3. micho soga #-
  4. [ 編集 ]

返信

micho sogaさん、申し訳無いですが、私はそんなgoogle mapで示す様な高尚な技術は持っておりません。悪しからず、御了承ください。
  1. 2018/01/16(火) 01:03:13 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん、又の名をJOLLY #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

高田スクール場所分かりました。
現地の方に案内してもらいます。
ありがとうございました。
  1. 2018/01/20(土) 11:28:12 |
  2. URL |
  3. micho soga #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/261-aa65c239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)