FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

リリーフセンターの子供達と「コッコン」への小旅行

2018年1月21日(日)

毎年のこの時期には、リリーフセンターの子供達の研修旅行(field trip)があり、私も極力同行しています。
これまでもブログで紹介していますが、いつも子供達から元気を貰っています。
     2012年12月16日「モンドルキリ研修旅行」
     2016年2月21日「リリーフセンター研修旅行」
去年はたまたま日本に帰っていた時期だったので参加出来ませんでしたが、一昨年はベトナム、ラオス国境近くのラタナキリ、モンドルキリ方面に行きました。
そして今回は、1月17日から20日までの3泊4日の日程で、タイ国境近くの「コッコン」へ行きました。(実際は、私は19日には皆と別れてシェムリアップに帰るのですが)
「コッコン」と言う地名は一応知ってはいましたが、私にとって行くのは初めて。
そして、この「コッコン」には、何と海がありました。
カンボジアは日本の半分位の面積の国で、周辺をベトナム、ラオス、タイに囲まれています。ですから、海(南シナ海)に面しているのは南西部の極僅かな地だけです。
「シアヌークビル(コンポンソム)」と言う地が海に面していて、リゾート地として有名なのは知っていましたが、この「コッコン」が海に面しているとは全く知りませんでした。


DSCN3686.jpg

26907878_1574904995912259_4562245771574174993_n (2)


17日、朝5時にワゴン車3台に分乗して、シェムリアップの別々の場所から同時に出発しました。
2台は30人近くの子供達と子供達の先生のローウィンとチーの男女2名を乗せて博物館から出発。
もう1台はシェムリアップのビルさん、ジルさん夫妻の家から出発。
ビルさんは博物館で英語でガイドをし、ジルさんはリリーフセンターの子供達に英語を教えている人で、又、ネット上に「ランドマイン・リリーフファンド」を作ってアキラ氏の活動資金の大半を捻出しているアメリカ人夫妻であり、この2人無くしてはアキラ氏の活動も立ち行かない位の大きな存在です。
私は4時15分にシェムリアップのビルさんの家に集合と伝えられていたので、4時に住まいのゲストハウスを出てトゥクトゥクでビルさんの家に行きました。
そこには既に、ウェイ、スレイトーイ、スレインの3人の子供達が来ていました。
この子達は、一昨年高校を卒業と同時にリリーフセンターを離れて、今はシェムリアップの大学に通っています。
今回の旅行には、この3人と、後で合流するプノンペンの大学に通っているサーイの4人がOB,OGとして参加しました。
やがてビルさん、ジルさんが起きて来て、その後博物館のスタッフのソクンティア夫妻が幼子2人を連れて到着し計10人が1台のワゴン車に乗り込んでビルさんの家を出発。
途中ソクンティアの奥さんの両親を拾ったので計12名となり、荷物も一杯なのでかなりのギュウギュウ詰め状態。
でもこんなのはカンボジアでは当たり前、と言うよりまだ良い方かも。
しかし、この状態で2時間以上走ったので、車を降りた時には腰や首が曲がったままで正にエビさん状態(どんなんや)・・・暫く元に戻りませんでした。ハハハ
7時半に、コンポントム辺りの河畔で他の2台と合流し、そこで持参の弁当で朝食タイム。
8時に、3台揃って国道6号線を一路プノンペン方面へ向けて出発進行。
ここからは、ウェイ、スレイトーイ、スレインの3人が他の車に乗り移ったので、グッと楽になり、エビさん状態からやっと解放されました。ヨカッター
でも、これよりずっと後に、またエビさん状態を強いられる事になるのですが、それは後程に・・・。

シェムリアップからプノンペンまでの距離が約300キロ。
そのプノンペンの街に入る少し手前を右折して、コッコンに向かいます。
ここからは私にとって全く未知の道
何処をどう走っているのかさっぱり分からないまま、昼食タイムに。
立ち寄った食堂で、ウェイらの同級生でプノンペンの大学に通っているサーイが合流しました。
この子はとっても明るく元気な女の子で、せっせとみんなの給仕をやっていました。

食堂を出た後何箇所か立ち寄り、やがてコッコン州に入り、綺麗な浜辺に到着。
恐らくここまでの距離が、シェムリアップからおよそ600キロ位ではないかと思います。
時間は夕方の5時半。
その浜辺に車を止めて暫く遊び、やがて5台のモーターボートに乗り込んで向かいの島に渡りました。
島の名は、ウェイが言うには「キングアイランド」との事でしたが、後でネットで調べても出て来ませんので、真偽の程は分かりません。
その島の民宿に泊まる事になるのですが、ノーテンキな私はその事を全く知らなくて、私は車から降りた時に写真に夢中になっていた為皆が荷物を持ち出した事に全く気付かず、手ぶらのままモーターボートに乗り込んでしまいました。
15分位で島に到着し、モーターボートから上陸した所が民宿(まあ、船宿ですねえ)で、皆が大きな荷物を持っているではありませんか。その時になって初めてここに泊まるんだと気付いたのですが、後の祭り。
私は、旅の初日は着替えも洗面道具も一切無いまま過ごす事になりました。
ホントにドジな私です。
でもまあ、これ位のドジは私にとっては日常茶飯事なので、まあ良しと致しましょう。

DSCN3699.jpg

DSCN3711.jpg
26804608_1574904572578968_2429900027853932605_n (2)


その島で一泊し、翌18日にはその島から別の島へ渡って海底探検。
ここいらの海は本当に綺麗で、肉眼でも海の底が見えるのではないかと思う位ですが、子供達は救命胴衣を付けて海に飛び込み、水中眼鏡で海の中を観察します。
子供達だけでなく、チー先生など大人も大はしゃぎで、何度も海に飛び込み私に写真を写せとせがみます。
私はデジカメに塩水が掛かっては大変と拒むのですが、あまりのしつこさに根負けし、いつの間にやらバシャバシャと写真を撮っていました。


DSCN3823.jpg

DSCN3807.jpg

DSCN3816.jpg


10時過ぎに泊まった島に戻り、シャワーを浴びてから車を止めている浜辺に上陸し、そこからコッコン州の他の場所の見学に向かいます。
夕方、「マングローブ・サンクチュアリイ・リゾート」へ。
そこは広大なマングローブの林で、これぞ熱帯とも言うべき場所でしたが、ここでアキラ氏が合流。
アキラ氏は地雷原に行っていたのですが、子供達の為に飛行機でこの地にやって来て、このマングローブ林に颯爽と登場したと言う訳です。
これまで、研修旅行にアキラ氏が参加した事は私が知る限り無いのですが、今回は特別と言う訳でした。
しかし、折角無理をしてやって来たアキラ氏ですが、たった一泊しただけで、私と一緒に翌19日にはシェムリアップに帰る事になるのですが、その話も後程に・・・・。


26904816_1574904782578947_8379420229284557227_n (2)

26733538_328775384302468_2326690852593223813_n (2)

DSCN3894.jpg


その日の夜は、全員で浜辺で22時頃迄楽しく過ごしました。
子供達は日が暮れてもサッカーをする子、集団でゲームをする子、水と戯れる子、カラオケに興じる子、ダンスをする子、それぞれに楽しみ、大人達は缶ビールで大宴会。
アキラ氏もカラオケで何曲か歌っていました。
しかし私はと言うと、ビール片手に皆とワイワイ騒ぎながらも、頭の片隅である事に気を揉んでいました。


26992328_1574904822578943_4218762958391334208_n (2)

DSCN3775.jpg

DSCN3914.jpg

DSCN3904.jpg

DSCN3925.jpg


それは、翌日の段取りでした。
実は10日程前に、シェムリアップ在住で日本のテレビ局のコーディネーターをやっている方から「アキラ氏のテレビ取材をさせて欲しい」との依頼を受け、それが旅行中の19日であった事から最初は断ろうと思ったのですが、アキラ氏にインタビューをしにやって来る人が日本のビックネーム2人だった事から、これはアキラ氏の日本でのPRにもって来いだと思い直し、アキラ氏を説得してこの取材を受ける事にしたのです。
そして、19日にアキラ氏とビルさん、私の3人が、シアヌークビルから飛行機でシェムリアップに戻り、午後3時半から博物館においてテレビ取材を受ける段取りだったのですが、何と航空チケットを予約してくれていたスタッフのソーパーリからお昼頃電話が入り、明日の飛行機の出発が3時間遅れると言うのです。
さあ、どうしたものか。
この後、先方のテレビコーディネーターの方やらシェムリアップの空港に迎えに来て貰うドライバーのバーンとの電話対応に追い捲られ、又、翌日になったらなったで次々と困難な状況に追い立てられるのですが、この続きは次回のブログに回します。
日本の超大物2人の名前も次回明かしますので乞う御期待。チャンチャン



DSCN3773.jpg

DSCN3779.jpg

26815498_1574904652578960_2597392202013859291_n (2)

26804927_1574904895912269_9144582361406867901_n (2)




後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>



スポンサーサイト



  1. 2018/01/22(月) 11:33:31|
  2. 旅行、探検ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アキラ氏、日本のテレビ取材を受けるの巻 | ホーム | 「バンテアイチュマール遺跡」及び「高田晴行小学校」訪問記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/262-e86709af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)