FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

9月の講演会準備で怒涛の日々

2018年7月15日(日) 


平成30年度e38080ひとしずくプロジェクトe38080講演会用ポスター



日本に帰っていましたのは6月21日から30日までだけだったのですが、その後もこのブログをお休みしてしまいました。
いつもながら、横着者の自分に呆れています。ホントにごめんなさい。

私が日本を離れた後の7月5日から8日に掛けて、停滞した梅雨前線の影響で西日本を中心に大豪雨に見舞われ、河川が氾濫し家が流され大勢の死者が出るという大惨事が起こりました。今尚、行方不明者の捜索が続いています。
私の地元岡山でも、大勢の方が亡くなっています。
岡山は、これまで風水害や地震とは殆ど無縁な土地柄でしたので、ホントに驚きました。
被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げますと共に、一刻も早い復旧を願っています。

カンボジアも今、総選挙真っ只中(投票日は29日)ですが、与党人民党による出来レースとなっていて、およそ民主政治とはかけ離れた状況です。
日本でも今、本当に民主主義の国なのかと疑わしい政治状況が続いていますが、それに加えて地震が頻発し、更にこうした自然災害が追い討ちを掛け、数々の国難を抱えています。
北朝鮮問題も気になる所です。

でも、そんな中、私にとっての最大のテーマは、9月に実施致しますアキラ氏による日本全国講演です。
詳しい日程は、「アキラ地雷博物館・日本人応援団」の「ニュース」の欄に掲載していますので、ご覧になって下さい。
1年以上前から準備を始めましたが、それがいよいよ再来月に迫って来ました。
今は、怒涛の日々が続いていて、考えなければならない事が山と有り、私のキャパシティを超え、耳の穴から脳味噌が漏れ出しています(そんなアホな)。

一番大変なのが、資金集めです。
5年前の講演会(3人)と違って、今回は8人の大所帯で日本に乗り込みます。
アキラ氏とアキラ氏の家族4人(奥さんと子供3人)と、ポーイ(子供の時地雷被害に会い片腕と片目を失い、リリーフセンターで育ち、今、アキラ氏の下で地雷撤去活動を行っている28歳の青年)と通訳のカンボジア人、そして私の8人です。
アキラ氏の家族を連れて行きますのは、アキラ氏に平穏な気持ちで講演をして貰いたいとの思いからです。
アキラ氏は、少年兵時代の生死の狭間の過酷な生活からPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患い、今でも時々体調を崩します。
5年前の講演会の時にも精神的及び肉体的に度々不調に陥り、気を紛らわせる為に毎日家族の元に電話を掛けていました。
ですから、今回は家族が一緒に居る事で、アキラ氏に穏やかな気持ちで講演会に臨んで貰いたいと考えた訳です。
何せほぼ1ヶ月に渡る長丁場ですし、アキラ氏の体調が一番心配ですので。

そんな訳で、今回の講演会に掛かる費用は莫大なものとなります。総額700万円近く掛かります。
全てを講演会の引き受け団体に負担して貰う訳には行きませんので、一部をクラウドファンディング(募金)に頼る事に致しました。
目標額は300万円です。
一人当たり1000円の寄付金で、3000人の方々の御協力を仰ごうと考えています。
私が昔勤めていた会社の社訓に「一人は万人の為、万人は一人の為」と言うのが有りました。(もっとも、このフレーズは、色んな所で使われていますが。)
貴方お一人の御協力が、講演会を成功させて大勢の人の役に立ちますし、それは翻って国際貢献の一助を担ったんだと言う貴方御自身の自信と誉れとなり、貴方の役に立つ事になります。
この300万円が集まらなかったからと言って、勿論講演会を中止にする事はありませんが、
後に私が自腹を切らなければならなくなり、やがてカンボジアの地で野垂れ死にすると言う悲惨な結末が待っていてそれは何としても避けなければなりません。考えただけで、ゾッとします
ですから、どうぞ、貴方のお力を貸して下さい。
1000円で結構なのです。
貴方が貴方のお友達5人に声を掛けて下さり、6人で6000円の寄付をお願いしたいのです。その5人の方に次にはそれぞれ2人の方に声を掛けて頂こうと思っています。
そうすれば、貴方と貴方の周りで計16人の協力を得られます。
そうした方法で3000人を目指します。
そのクラウドファンディング(募金)に付きましても、「アキラ地雷博物館・日本人応援団」の表紙ページに「支援特設ページ」と言うのを設けていますので、そこをクリックして頂くと詳細が分かります。
それは、郵便貯金口座への募金振込みとしていますが、もし郵便局や銀行に出向くのが面倒だと言われる方には、18日からネットでのクラウドファンディングも始めます。
「キャンプファイヤー」と言う業者を使っての募金集めですが、こちらだと郵便局や銀行に出向かなくてもお手持ちのクレジットカードからの自動引き落としとなります。
但し、「キャンプファイヤー」の規定で、最低募金金額は3000円となりますが。

今回のこの講演会の目的は、カンボジアの内戦の中で生き抜き、今や平和を希求するカンボジアの英雄・アキラ氏の事を知って頂くと同時に、日本の皆様に、戦争の悲惨さ、平和の尊さを今一度真剣に考えて頂く場とし、平和は与えられるものでは無くて、自らの強い意志で守るべきものなのだと言う事を、理解し実践して頂きたい、その為の一助になればと思っています。
この講演会を、何としても成功させて、日本に住む皆様とそう言う思いを共有したい、それが私の願いです。

来週には、アキラ氏始め7人のカンボジア人達とプノンペンの日本大使館にビザの申請に行きます。
準備は着々と整っていますので、後は300万円が無事集まるかどうかに掛かっています。
どうか、御協力をお願い致します。


繧「繧ュ繝ゥ豌上メ繝ゥ繧キ陦ィ



後継者募集中
お問い合わせは joyful57@hotmail.co.jp(川広)まで
>






スポンサーサイト



  1. 2018/07/16(月) 11:53:10|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<とんでも事件勃発 | ホーム | アキラ氏との2人3脚日本旅行>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/270-76b870e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)