FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

カンボジアの花

火炎樹
火炎樹


7月10日(火)
カンボジアで生活してみて、その暮らし易さに大変満足しています。
食べ物は美味いし、物価は安いし、周りはいい人間ばかりだし。
でも、いくつかの点で日本の方がいいなあと思う事が有ります。
外に出て、改めて気付く日本の良さと言ったところでしょうか。
その一つが月並みでは有りますが、日本の四季は美しく、季節季節で色んな花木や草花が咲き誇っていたなあと言う事です。
4月には桃や桜や沈丁花、つつじ、白蓮が、5月にはフジやアヤメやカキツバタ、さつきや薔薇が、そして梅雨の今頃は紫陽花やクチナシや花菖蒲、ユリが美しく咲いている事でしょう。しかしここカンボジアでは、常夏の国ゆえかそれ程花を見掛けない気がします。たまにハイビスカスやブーゲンビリアが街路や家の軒先にひっそり咲いているのを見るくらいです。
常夏の国と言っても、カンボジアにもそれなりに季節の移ろいは有ります。
一年中で一番暑いのが4、5月。この頃は日中40度近くになります。そしてその後が雨季となりほぼ毎日の様にスコールが降り、10月迄続きます。その次にやって来るのが乾季。
乾季には殆ど雨が降らず、洗濯物がよく乾きます。
でもやはりそんな乏しい季節変化の為か、この国の花木や草花の種類は決して多くありません。
もっとも日本の様に経済的に豊かで無い為、庭や街路に花を植えてそれを愛でる余裕が無いと言う事も有るでしょうが。何れにしても、美しい花に囲まれた日本人はそれだけで幸せだなあと改めて思います。

日本の良さでは無いのですが、外に出て改めて気付いた事がもう一つ有ります。
それは、私の頭のてっぺんが禿げ散らかして来ていると言う事です。
日本に居た時にも勿論気付いてはいましたが、洗面所が薄暗かった為、これ程までとは思っていませんでした。ところが、今住んでいるホテルの洗面所は明るく鏡も大きい為、頭の状態が物凄くよく見えるのです。
ゲッ、何じゃ、コリャア(またまた松田優作風に)   思わずのけぞってしまいました。
まさかここまで進んでいるとは。少なからずショックを受けています(半分マジ)。
やっぱりここカンボジアは熱心な仏教国ゆえ、カミに見放されたか。(ちゃん、ちゃん)
お後が宜しい様で。


ブーゲンビリア
ブーゲンビリア


ブーゲンビリア2
ブーゲンビリア2


プリメイラ
プリメイラ


蓮の花
蓮の花(プカー・チュー)


ハイビスカス
ハイビスカス


名前知らず3
コンプルーン?


名前知らず2
名前知らず


名前知らず
名前知らず

スポンサーサイト



  1. 2012/07/10(火) 09:42:28|
  2. カンボジアの生活、文化、自然、果物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カンボジアミラクル | ホーム | 「デング熱」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/3-07aaa639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)