FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

カンボジア 生きるも死ぬもウン(チ)次第

クリスマス3


12月30日(日)
最近トシの所為か、物忘れが酷いです。
ここ数日、トイレに行くのもすっかり忘れていました。 (それは単なる便秘だろが)
・・・てな訳で、今回のテーマは年末に相応しく(何処がじゃ)、ウンチの話です。
さすがにこの話題はブログに書くのをためらっていましたが、こないだ私の知り合いのうら若き日本人女性が、
「わたしゃあ、こないだ野糞をしたばってん、おてもやん」(熊本の方ではありませんので念の為)
とのたまうので、この言葉に勇気を貰い書く事に決めました。
「カンボジアのトイレ事情」は、ネットで検索して頂くと色んな方がブログに書いていますので、詳しくはそちらを御覧下さい。
( 例えば・・・「カンボジアのトイレ事情・・公益財団法人CIESFシーセフ」 )

カンボジアでは、ここ最近洋式トイレも結構普及して来ていますが、和式タイプのしゃがみ込みスタイルもまだまだ多いです。
そして何れの場合も、基本的にトイレットペーパーは置かれていません。
洋式ではビデの様なシャワーノズルが付いていてそれで洗い流し、和式では脇に水桶が付いていて、そこに柄杓が有ってそれで水を掬い手で洗う様です。
ですからトイレの床は水浸しです。
そして極め付けは、田舎に行くとそのトイレが無いと言う事です。つまり野っ原でするしかない訳です。
前のブログ「モンドルキリ研修旅行」で書きましたが、何を隠そう私も野っ原で大をしました。いやいや奇麗事はもう言いますまい、野糞をしました。
(ギョエッ、のぐそ~っ、このクソったれ。)


カンボジアに来て以来、普段はどちらかと言うと大をいたす回数は極めて少なく、大抵部屋で済ませていると外出先でする事は殆ど有りません。
博物館のトイレで過去2回しただけでした。
しかしこの旅行の時は行く前からお腹の具合が悪く、トイレをどうするかと言うのが最大のテーマになっていました。
頭の中をとぐろを巻いた例の奴がぐるぐる駆け巡り、旅行期間中腹具合がスッキリする事は最後まで無く、ずっともがき続けました。
それでも初日は何とか部屋に入るまでガマン出来たのですが、2日目はもういけません。
フン闘努力の甲斐も無く、みんなが雄大華麗な滝を見学中に、物陰に隠れて脱プン。それでも良くならず、次は昼飯の弁当を食べた後みんながレーン・サイで遊んでいる最中に遠くの草陰でフン出。 (キャイ~ン、この野郎。)
まあ、こう言う時に備えて、普段からトイレットペーパーだけは常にバッグに忍ばせているので、事無きを得ましたが、ベンベン
旅行者の皆様も、くれぐれもトイレットペーパーかティッシュの携行をお忘れ無く。でないとここは仏教の国、クソっと怒っても後の祭りで、カミに見放されますよ・・・
3日目、4日目とも、もう野っ原でこそしなかったですが、食事をしたレストランとか休憩所のトイレとか何回大をやったことでしょう。60歳を前にして、カンボジアでは人生初の経験を色々やらせて貰えます。
でも「この国で生きて行こうちゅうたら、こん位の事何クソと思って当ったりめえに出来んかったらイカンぜよ、ああ、こりゃこりゃ」って、さっきのおてもやん女子も言っていました(一体何処の生まれや)。ごもっともです、クソったれェ。
確かに私以外の博物館の連中も、大きい方かどうかは知りませんが、男も女も子供も大人も、野っ原でやっていました。女性陣は大きな布を腰に巻いてやっていました。と言ってもそんなにジロジロ見た訳ではありませんので、誤解無き様にお願いしますが・・・。

年内最後のブログにしては、あんまりビシッとは決まりませんでした、クッソお。
でも、これで来年もきっとウンが付くでしょう。

最後に皆様への年末プレゼントの言葉を贈ります。若い女の子に是非言って下さい。
スレイ・スアーッ・ボンタエ・アッ・スオイ
大受けする事、間違い無しです。(或いはホッペタ張られますが)

今回は話題が話題だけに、写真くらい美しいものを掲載したいと思いますので、お楽しみ下さい。
では皆様、良いお年を。


クリスマス

女の子

黄色の花

ソピアの妹

蓮

ソテアレンの妹

ブーゲンビリア

ソテアレンの妹と友達

青い睡蓮

チェントリアン


カンボジア情報ブログランキング 本日の順位は?

ランキングに参加していますので、このバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村

スポンサーサイト



  1. 2012/12/30(日) 00:46:09|
  2. お笑いネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<本日のお客様 | ホーム | 本日のお客様>>

コメント

カズ :  ウン、ウン!うんとおもしろく、大笑いしてしまいました(^O^)(^O^)(~o~)(~o~)私にもきっとウンが付きますね。何を隠そう私にも「野ぐそ」の経験があるのです。私も60を前に、告白しようと思います^^; それは、私が埼玉の牧場で働いていたときの話です。愛するお豚さんたちの世話をしていたとき、急にウン意をもよおしました。「こりゃ、間に合わんv-12」と判断した私は豚舎の裏の林へ入り込み、ズボンを脱ぐやいなや排出してしまいました。ほっとしたのもつかの間、紙がないことに気づきました。でもそこは林の中(^_^)v いくらでも葉っぱが落ちています。適当な葉っぱを拾って、一ぬぐい・・・!!つい紙のときと同じように指先に力を入れてしまったために、見事葉っぱを突き抜けてしまいました(^^;) あとは、v-16ご想像にお任せいたしますね。 もう一つ、牧場のトイレは典型的なポットン便所でした。溜まってくると、跳ね返りがあるのです。だから大きいのをすると、そのたびにさっと立ち上がって跳ね返りを防いだり、新聞紙に穴を開けておしりに当て、その穴を通してしたりしていました。跳ね返りは、新聞紙が防いでくれるというわけです!(^^)! いやはや、くその話になるとつい力が入ってしまいます。それでは、ウンのよいいい年をお迎えください(^_^)/~
  1. 2012/12/30(日) 08:32:42 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

スライ スァート ポンタエ アッ スオイ

大爆笑です!トーマダー、テンオッ!野糞が、できずにカンボジアでは、生きていけんですよ!
  1. 2012/12/30(日) 12:03:14 |
  2. URL |
  3. おてもやん #d/CpiV46
  4. [ 編集 ]

返信

ゲッ、汚ったネェ~。でも正直な告白、有難うございます。大笑いしました。アヘ氏に教えたいです。
彼も学生時代、紙が無くてハンカチ使ったと確か言っていたと思います。
それにしても、日本だって水洗になったのはここ30~40年ですもんね。それまでは確かにポットン便所で色々苦労したし、トイレットペーパーなんて洒落たものも無かったですしね。時代は随分変化しました。
今から思うと昔は不便でしたが、それでも懐かしいですよねえ。
でも私は、日本で野糞をした経験は有りませんよ。小さい頃の事はハッキリ覚えていませんが。ガハハ
こう言う話になると、確かに力が入りますねえ。
  1. 2012/12/30(日) 12:04:56 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

返信

おてもやんさん、貴方のお陰で随分勇気づけられました。有難うございます。
でも、あんまりこんな所に登場しないように。正体がババれますよ。
ウン、そうかい。
  1. 2012/12/30(日) 12:34:44 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

野糞ふんじゃった(T ^ T)

昨日、トイレまで遠い、とある場所でみんなで、ビールのんで、宴会をしていました。たくさん、ビール飲んだので、女2人で草むらに行き、用を足そうとしたところ、うっかり先客の野糞を踏んでしまいました。かなり、臭かった(^^;; カンボジアでは大きな青空公衆便所があります。自らも致しますが、先客のブツにも、要注意!特に草むら。考えることは、皆同じだと改めて感じたしだいでござんす(; ̄O ̄)おて〜もや〜ん!
  1. 2013/01/02(水) 17:08:44 |
  2. URL |
  3. おてもやん #d/CpiV46
  4. [ 編集 ]

返信

ウヒョーッ! おてもやんさん、続けての大胆発言痛み入ります。  そっか、草むらは地雷やヘビだけでなく、ブツにも要注意ですねえ。でも貴方が暗闇の中でブツを踏んづけたところを想像すると、大笑いです。
キッタネェ!
  1. 2013/01/02(水) 17:31:21 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/36-574306bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)