FC2ブログ

川ちゃんの「カンボジア生活日記」

「アキラ地雷博物館」でのボランティア活動の中で出会った人々のことや、日々の可笑しくも楽しいカンボジア生活を綴っていきたいと思います。

カンボジアミラクル

カンボジア・ティータイム
「カンボジア・ティータイム」


7月15日(日)
シェムリアップのオールドマーケット(プサー・チャハ)にあるみやげ物店「カンボジア・ティータイム」はオーナーが日本人であり、カンボジア人従業員の殆どが日本語がとても上手いので、情報収集にもってこいの為カンボジアに来た当初から暇があれば出掛けて行って、従業員と話したり日本人客と話したりする私行き付けの店です。
これまでもここで知り合った日本人客と意気投合し、帰国後も交流を続けている人が何人かいますが、その店でつい先週、何と我が実家のご近所さんであるNさん夫妻と出会ってしまったのです。
私の実家は岡山県岡山市東区瀬戸町。平成の町村合併の為今でこそ岡山市ですが、つい数年前迄は赤磐郡瀬戸町と言う人口12000人の小さな町でした。
その小さな町の住人とここカンボジアで出会ったのです。
 私のプチ自慢の一つに前の鳥取県知事で、菅内閣の時の総務大臣を務めた片山善弘氏が、私の中学の2年先輩で顔見知りと言うのが有りますが、このカンボジアで出会ったNさんも私の中学の3年後輩に当たるのです。
3年離れていますから顔を合わせた事は一度も無い訳ですし、今回が全くの初対面だった訳ですが、そんな人とカンボジアのそれもオールドマーケットの中のみやげ物屋で偶然出会うとは、こんな奇跡があるなんて信じられますか。
大都会東京の場末のスナックで、昔の恋人に出会うよりももっと奇跡かも知れません。 (うーん、ちょっと連想しにくいか)
正にミラクルとしか言い様が有りません。

そしてそう思っていた矢先、何と更なる奇跡が昨日起こってしまいました。
今度は京都に住んでいる娘の仕事仲間と言う、イラストレーターのタケウマさん夫妻と、同じく「カンボジア・ティータイム」で、ほんの1時間位居た間に出会ったのです。
やはり顔を見知っていた訳では無く、話をしていてその事実が分かったのです。
もう頭がくらくらして来ました。一度ならずも二度までもこんな事が起こるなんて・・・。
これをカンボジアミラクルと言わずして何と言いましょう。
カンボジアでなら、宝くじを買えば当たるかも知れません、売ってませんが・・・。


カンボジアミラクルと言えば、8世紀から12世紀に掛けて栄えたアンコール王朝が思い浮かびます。アンコールワットやアンコールトムが作られた時代、ここカンボジアは大変な繁栄をしていました。しかし、その後の近隣諸国からの度重なる侵略により国土は奪われ現在の規模となり、また1970年以降の内戦により国土は疲弊し経済発展は大きく遅れ、世界の最貧国の一つとなってしまいました。
しかし今、海外からの援助や国民の努力で次第に国力が高まりつつあります。
世界の耳目が集まり、年率6~7パーセントの経済発展を遂げつつあります。
そう遠くない将来、今再びカンボジアミラクルが起こるかも知れません。
しかし、無秩序の経済発展が多くの大切な物を失う両刃の剣となる事は、日本の例を持ち出すまでも有りません。人間の幸福は、物欲さえ満たせば得られるものでは有りません。
人間同士の絆や親子の情愛、自然に対する畏敬の念や環境保全、道徳規範、生活弱者に対する思いやり、教育、医療の充実、幸福追求権、自己実現の場の保障、争いの無い平和な社会・・・・
そうしたものを残し培ってこそ真の幸福な社会となるのです。
カンボジアには日本やアメリカを反面教師として、しっかり調和の取れた経済発展をして貰いたいと願っています。
アキラさん、頼みますよ。


今回はあまりのカンボジアミラクルに驚嘆し身が引き締まった為、いささか内容がマジになってしまいました。
次回は又くだけて行きます。


アンコール焼酎の店
隣の「アンコール焼酎の店」


ソピアの店
逆隣の「ソピアの店」


タケウマさんと私
後日博物館を訪れて下さったタケウマさんと私


タケウマ夫妻と私
タケウマさんご夫妻と


スポンサーサイト



  1. 2012/07/15(日) 08:41:58|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カンボジア交通事情 | ホーム | カンボジアの花>>

コメント

正にミラクル!

 ミラクル、まさにミラクルです!!こういうことってあるんですよね。案外、声をかけずに通り過ぎてしまっているのかもしれません。川ちゃんの積極性が奇跡を生んだのですよ、きっと。
 メールの読者を増やすことより、ブログを充実させその読者を増やす方が格段に広がります。なにせ世界70億人が対象者ですからね。拍手をくれた読者のブログにアクセスし、さらにそこの読者にアクセスしていくとドンドン繋がっていきます。
 フルールの読者は、30人を超えました。がんばっています。つながりがつながりを生んで、意外なことが学べる毎日です。
  1. 2012/07/18(水) 05:38:25 |
  2. URL |
  3. カズ #-
  4. [ 編集 ]

コメント オークンチュラン

コメント有難うございます。
そうですか、フルールの読者はもうそんなに増えましたか。
私も読者を増やし、団員を増やす様色々頑張りたいと思っています。
またアドバイス下さい。
  1. 2012/07/18(水) 10:18:51 |
  2. URL |
  3. 川ちゃん又の名をジョリー #chUQYzFk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akiralandminefree.blog.fc2.com/tb.php/4-aa7dd2fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)